GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProの画質が悪いと感じる理由と確認したい設定

GoProは基本的にはキレイな映像を撮影することができるカメラですが、撮影した動画を見た時に「なんか画質があんまり良くない・あんまり見やすくない感じがする」というようなことを思ったことはないでしょうか?

私自身、GoProで初めて撮影した時やカメラ自体にあまり詳しくなかった時にはGoProの映像がイマイチに感じたことがあります。

本記事では、GoProの画質が悪い?と感じる理由と少しでも良くする設定について記載していきます。

スポンサーリンク

GoProの画質が悪いと感じる理由

GoPro自体は晴れた環境であればキレイな映像を撮影することができます。

ですが、なんか映像がキレイに感じないことがあるかと思います。それは以下の点が挙げられるかと思います。

  • 暗所での撮影
  • シャープネス
  • シャッタースピード
  • 視聴環境

暗所での撮影

GoProはセンサーサイズが小さくて暗所で撮影された映像はノイズがのりやすいです。

また設定で最大ISOの設定がMAX6400になってる場合で暗所で撮影するとノイズは強く出ます。

また、GoProでは室内での撮影をした時にもあまりいい映像を撮影するのは難しいかと思います。

シャープネス

GoPro HERO9やHERO10ではシャープネスの設定ができます。

このシャープネスの設定で高に設定していると精細な映像でこのシャープネスが高の時には映像がデジタル感のある印象にみえます。

この辺りは人の好みもあるかと思いますが、GoProではシャープネスは中にしておくと自然な印象になるかと思います。

シャッタースピード

GoProでは初期の設定ではシャッタースピードは自動に設定されてます。

この設定で撮影するとパラパラ漫画のようなコマが流れるような映像になり自然なブレがない映像になります。

このシャッタースピードは動画撮影ではフレームレートの倍数に設定することで自然なブレのある映像を撮影することができます。

シャッタースピードを設定する場合はNDフィルターを取り付けて適切な設定をする必要があります。

視聴環境

動画の視聴環境によっても画質が悪く感じることがあります。

最近の動画視聴環境としては主にYouTubeがあるかと思います。

YouTubeの場合、動画を再生した時に低い画質で再生されることがありそのまま再生すると低い解像度での再生がされます。

YouTubeの動画再生画面の歯車マークから解像度の変更ができます。

スポンサーリンク

GoProで確認したい設定

GoProの画質で確認したい設定の部分は以下の通りになります。

  • ビットレート
  • シャッタースピード
  • 最大ISO
  • シャープネス

ビットレート

GoProではビットレートを高に設定。

最適な画質を得るため最大100Mbps(2.7K以上の解像度のみ)のこうビットレートを使用しますとの記載があります。

ファイルサイズは大きくなりますが画質を考えると高に設定しておくといいかと思います。

シャッタースピード

動画撮影ではシャッタースピードは重要な要素で動画のシャッタースピードをコントロールする場合はNDフィルターが必要になります。

NDフィルターなしでシャッタースピードを設定すると真っ白になってしまったり、NDフィルターをつけてもGoProでは手ぶれ補正が効かないことがあったり設定が少し難しいことがあります。

ただ、NDフィルターを用意したり設定等の必要があり少し大変な感じです。

最悪シャッタスピードに関しては初期設定の自動に設定のままでもいいかと思います。

こだわるならNDフィルターの用意をしてGoProの設定すると映像がより見やすい感じになるかと思います。

スポンサーリンク

最大ISO

GoProでは最大ISOを設定しておくとISOが上がりすぎずにノイズが強くなるのを防ぐことができます。

人によっては最大1600までや800がいいという意見があります。

個人的には400か800にしてます。

シャープネス

シャープネスに関して、こちらも好みかと思います。

高いままでも見やすい映像に感じる方もいるかと思います。

私はシャープネスが高いとデジタル感のあるような印象に感じるのでシャープネスは中に設定してます。

以上の設定をして撮影した映像が以下の映像になります、シャッタースピードの検証の際に撮影した映像です。

細かい部分の違いではありますが、NDフィルター8をつけてシャッタースピード自動の映像は自然なブレ感もあって画質も悪い感じも少ないかと思います。

スポンサーリンク

GoProの画質が悪い理由と確認したい設定 まとめ

GoProでの設定や晴れた日の撮影をするなどの撮影環境、また視聴環境を設定することで画質が悪いということが少し変わってくるかと思います。

また編集ソフトの圧縮や投稿するサイト独自の圧縮によって画質が悪くなってしまうこともあるかと思います。

GoPro自体の撮影でより見やすい映像を撮影するなら設定の見直しやシャッタースピードをコントロールするためのアクセサリーが必要です。

GoPro自体はキレイなイメージを撮影することができるのでそれを活かした設定をみつけたいところです。

まだまだ私も検証中ではありましが現状GoProの画質を少しでも良くする設定になります。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

設定
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント