GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProにNDフィルターで最適なシャッタースピードの設定はコレだ!

GoProにNDフィルターをつけて映像に自然なモーションブラー出るようにしたいと思い、NDフィルターを購入してシャッタースピード設定して撮影。

NDフィルターを取り付けてシャッタースピードをフレームレートの2倍に設定して撮影してみたところ手ブレがひどくて見れた映像にはなりませんでした。

前回検証した続きで今回はGoProの設定やシャッタースピードを変更して撮影してみました。

GoProにNDフィルター、シャッタースピードの設定の検証になります。

スポンサーリンク

GoProの設定、NDフィルターとシャッタースピード

GoPro HERO10とNDフィルター

今回、GoProの設定を4K30にして、NDフィルターは8を使用、シャッタースピードは1/240に設定と自動で設定して撮影をしてみました。

  • GoPro:4K30
  • ND8
  • シャッタースピード:1/240、自動

撮影は自転車のハンドルにポールマウントアクセサリーでGoProを取り付けて走行して撮影してます。

環境は曇りです。

撮影した映像

撮影した映像は以下の通りです。

スポンサーリンク

今回の検証の映像からわかったこと

映像ではGoProにNDフィルター8を付けてシャッタースピードを1/240に設定したものと自動を比べてます。

どちらの映像も見てないレベルの手ブレはなく段差などで多少揺れる感じの映像になってます。

映像のキャプチャーしたものを見てみるとわかりやすいかと思いますが、シャッタースピードを自動にした映像の方ではモーションブラーを確認することができます。

GoProを4K30 1/240に設定してND8を付けて撮影した映像とGoProを4K30 自動に設定してND8を付けて撮影した映像の比較

画面端の地面の草の感じを見るとわかるかと思いますが、シャッタースピードを自動にしてる方はブラーの感じがあります。

また、NDフィルターなしでシャッタースピード自動の映像とND8をつけてシャッタースピードを自動に設定した映像です。

GoProを4K30 自動に設定して撮影した映像とGoProを4K30 自動に設定してND8を付けて撮影した映像の比較

こちらでははっきりとブラーの有無がわかるかと思います。

今回はGoProを自転車のハンドルに取り付けて撮影しましたが、どの映像も手ぶれ補正が効いてる印象です。

また、シャッタースピードを自動にすることでモーションブラーが出ました。

今回の検証の結論

今回の検証では以下の通りのことが言えるかと思います。

GoProを4K30に設定してND8を取り付けてシャッタースピードを自動にすれば、手ぶれ補正が効いたモーションブラーのある映像が撮影できる

シャッタースピードを自動にしてるので撮影環境が変われば変わってくるかもしれませんが、この設定でGoProでモーションブラーのある安定した映像が撮影できてます。

スポンサーリンク

GoProにNDフィルターとシャッタースピードの設定・検証まとめ

今回試してみた設定では、安定したモーションブラーのある映像を撮影することができてます。

GoProのパラパラしたような映像の印象が苦手という方やも少し自然なブラー感が欲しい方にはいい設定かと思います。

映像の見やすさも変わってくるので是非試してみてください。

まだまだ最適な設定がありそうなので試していこうかとおもいます。

また、GoProでのNDフィルターとシャッタースピードのより良い設定をご存じの方はコメントで教えていただけると幸いです。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

生活雑貨
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント