GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

GoPro HERO10で暗所撮影!やっぱり暗い場所は苦手な模様

今回はHERO10ではISOを変えて暗所で撮影してみたらどんなイメージになるか試してみました。動画のキャプチャー画像でイメージを見比べてみます。

以前、GoPro HERO9でISOを変更して夜間撮影をしたイメージはこちらのページで記載してます。

GoPro HERO10で暗所撮影

GoPro HERO10で暗所撮影をした時の設定や撮影環境は以下の通りになります。

  • 4K30fps
  • レンズ:リニア+HL
  • HyperSmooth:ブースト
  • Protune
  • ビットレート:高
  • シャッター自動
  • EV値:0
  • ホワイトバランス:自動
  • ISO 最小:100、最大:100〜6400に変更して撮影
  • シャープネス:低
  • カラー:ナチュラル

撮影環境、夜の街灯が数カ所ある場所にて撮影

ビデオの一部をキャプチャーしたもので見比べていきます。

最大ISO 100

最大ISO 200

最大ISO 400

最大ISO 800

最大ISO 1600

最大ISO 3200

最大ISO 6400

それぞれの最大ISOで撮影してみましたが、最大を上げるに従って明るくはなりますがノイズが出ます。

私の印象としては、暗所撮影はHERO9の時とほとんど変わらない感じがします。

また撮影した映像を見てみたところ手ブレ補正が効かずブレの多い映像になってました。映像的には固定撮影でも若干辛い印象です。

GoProは夜間ではなく昼間に使うべきカメラですね。

暗所でも手振れのしない小型カメラが欲しいなら

小型カメラで夜間での歩きながらの撮影をするDJI Pocket 2であれば手振れもなく撮影できます。
夜間撮影にこだわるならこちらの方がいいかもしれません。

小型ジンバルが搭載されてるので夜間でも手振れなく撮影できてセンサーサイズも1/1.7インチとGoProよりも大きいセンサーを搭載しているので夜間でも明るく撮影できます。

最後に、

HERO10での暗所撮影は以前のHERO9の時とほとんど変わらない印象です。動画も夜間では手ブレ補正が効かない感じです。GoProのセンサーサイズの限界なのかもしれません。

DJI Pocket2では1/1.7インチのセンサーで暗所でもノイズ感はまだ少なかったのでGoProにも少し大きめのセンサーサイズが搭載されると暗所撮影も多少強くなるのではないでしょうか。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoPro
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント