公式サイトでGoProを購入でマイクロSDカードをプレゼント中。詳細はこちらから

GoProで撮影した動画をYoutubeにアップロードするためのオススメビデオ設定

GoPro HERO7 BlackとYouTube GoPro

GoProなら4Kの高画質やフレームレートの高い動画を撮影することができます。
GoProで撮影した動画をYouTubeにアップロードするなら、GoProではどのような設定が最適なのか
どの設定がいいのかわからないっという方もいらっしゃると思います。

本日は、YouTubeにアップロードするGoProの最適設定について紹介します。

スポンサーリンク

YouTubeにアップする動画を撮影するためのGoProのオススメ設定

YouTubeに最適なGoPro HERO7 Blackのビデオ設定

オススメの設定は以下の通りです。

  • アスペクト比 16:9
  • 解像度 1080p
  • フレームレート 60fps

この設定で撮影した動画をYoutubeにアップすることがオススメです。
GoProのビデオの設定から変更することが可能です。

なぜ、上記のような設定がオススメかというのは、以下の通りです。

アスペクト比 16:9

16:9はYoutubeが推奨しているアスペクト比です。
YouTubeが16:9のプレーヤーを使用しているためです。16:9以外で撮影した動画を撮影しアップした場合には上下または左右に黒い帯が表示されます。

なので、Youtubeに動画をアップするなら16:9で動画撮影がオススメです。

解像度

GoPro HERO7 Blackの解像度

解像度は1080pがオススメ。
1920 x 1080のFHDで動画を撮影することです。

YouTubeにある多くの動画が1080pでアップされています。
GoProなら4Kで撮影することができるし、4kの方がいいのでは?っと思われる方がいるかもしれませんが、4Kで撮影し、動画をYouTubeにアップするのは、あまりオススメできません。オススメできない理由は以下にあります。

  • 4k動画を編集する環境が必要になります。
  • 近年はYoutubeを見る人の多くがスマートフォンから視聴しており4Kである必要性がない。
    またスマートフォンで4Kの動画に対応している端末は多くはありません。

4k動画を編集や視聴環境する環境がまだ一般的ではないということがあります。
将来的は4Kが一般的になるだろうとおもいますが。

っと考えると
高画質でありますが、4Kで撮影してYoutubeにアップするメリットがあまりありません。
なので、1080pがオススメになっていきます。

フレームレート

フレームレートは、60fpsがオススメです。
フレームレートでは、1秒間何コマにするかを設定し、動画のなめらかさに関係してきます。
コマが多ければ多いほどなめらかになります。

30fpsよりも60fpsの方がよりなめらかな動画になります。

カクつかない動画にするなら、60fpsがオススメです。

GoProでできるビデオの設定一覧

GoProでビデオ設定一覧です。アスペクト比は16:9の場合です。

解像度fps
4K60、30、24
2.7K120、60、30、24
1080p240、120、60、30、24
720p240、60

※赤色のfpsでHyperSmoothが使用できます。
HyperSmoothとは、ジンバルを使用しているような安定したスムーズな映像が撮影できる機能です。

  • 4K fps 60、30、24、HyperSmootが使用可能
  • 2.7K fpsでは、60、30、24fpsでHyperSmoothが使用可能
    120fpsではHyperSmooth不可
  • 1080pでは、60、30、24fpsでHyperSmoothが使用可能
    240fpsではHyperSmoothが使用できません。また120fpsでは標準安定化になります。
  • 720pでは、60fpsでHyperSmoothが使用可能

ビデオ設定の変更する操作は、背面のモニターの文字をタップすることで設定の変更をすることができます。GoPro HERO7 BlackのProtune設定

その他のGoProのビデオ設定

GoPro HERO7 BlackのProtune設定

YouTubeには関係しないのですが、GoProのビデオ設定としてProtuneがあります。
設定にあるProtuneをオンにすることによって細かな設定を行うことができます。
ここでは、以下の設定ができます。

  • シャッター シャッターを開いたままにする時間の設定
  • EV修正 ビデオや写真の明るさの設定
  • ホワイトバランス 色調の選択
  • ISOの最小・最大の設定
  • 画質 精細さを設定
  • カラー
  • RAWオーディオ
  • マイク設定

ここで、注目したいのはカラーです。
カラーを選択するとGoProカラーとフラットどちらかに設定できます。

GoProカラーを選択すると彩度の高いGoProっぽい動画を撮影することができます。
フラットを選択すると全体的に色が白っぽいような動画になります、

編集するときに後から色の補正などカラーグレーディングをする場合はこちらを選択します。

私はProtuneをオンにするときはカラーをフラットにし、その他はオートの設定にしています。

まとめ

GoProで動画を撮影しYoutubeにアップするためのビデオ設定のオススメを紹介しました。

YouTubeの動画をアップするなら
GoProのビデオ設定はアスペクト比16:9、1080p、60fpsがオススメです。

GoProなら4kからHDの解像度や細かな設定が可能なので自分で試しながら、
最適な設定を見つけるのもいいかもしれません。
設定に悩んでいる方は、紹介した設定を試してみてください。

GoProを手に入れて、撮影を楽しむ

GoProを手に入れて、様々なアクティビティーで撮影を楽しみましょう。
防水でコンパクトなボディーにアクセサリーも豊富で、どんな場所でも撮影を行うことができます。またSNSへの投稿も簡単です。
GoProの購入は、お得に購入できる公式サイトがオススメです。

GoPro公式サイトを見る

GoPro
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
satoをフォローする
satowith log – GoProゴープロの写真と遊びのまとめ

コメント