GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProで撮影した動画をYouTubeにアップロードするためのオススメビデオ設定

GoPro HERO7 BlackとYouTube

GoProなら4Kの高画質やフレームレートの高い動画を撮影することができます。

GoProで撮影した動画をYouTubeにアップロードするなら、GoProではどのような設定が最適なのかどの設定がいいのかわからないっという方もいらっしゃると思います。

本記事は、YouTubeにアップロードするGoProの最適設定について紹介します。

スポンサーリンク

YouTubeにアップする動画を撮影するためのGoProのオススメ設定

YouTubeに最適なGoPro HERO7 Blackのビデオ設定

オススメの設定は以下の通りです。

  • アスペクト比 16:9
  • 解像度 1080p
  • フレームレート 60fps

この設定で撮影した動画をYoutubeにアップすることがオススメです。
GoProのビデオの設定から変更することが可能です。

なぜ、上記のような設定がオススメかというのは、以下の通りです。

アスペクト比 16:9

16:9はYoutubeが推奨しているアスペクト比です。
YouTubeが16:9のプレーヤーを使用しているためです。16:9以外で撮影した動画を撮影しアップした場合には上下または左右に黒い帯が表示されます。

なので、Youtubeに動画をアップするなら16:9で動画撮影がオススメです。

解像度

GoPro HERO7 Blackの解像度

解像度は1080pがオススメ。
1920 x 1080のFHDで動画を撮影することです。

YouTubeにある多くの動画が1080pでアップされています。

GoProなら4Kで撮影することができるし4kの方がいいのでは?っと思われる方がいるかもしれません。

確かに4Kで撮影して動画をYouTubeにアップでもいいかと思います。

条件が整っているなら4Kがおすすめではあります。

  • 4k動画を編集する環境ある
  • 近年はYoutubeを見る人の多くがスマートフォンから視聴しており4Kである必要性がない。
  • 4Kでの撮影は容量がすぐいっぱいになる

将来的は4Kが一般的になるだろうとおもいます。

高画質でありますが4Kで撮影してYouTubeにアップするメリットがあまりないように感じます。

なので、1080pがオススメになっていきます。

画質にこだわるという方は4Kでの撮影がいいかと思います。

フレームレート

フレームレートは、60fpsがオススメです。

フレームレートでは、1秒間何コマにするかの設定で動画のなめらかさに関係してきます。

コマが多ければ多いほどなめらかになります。

30fpsよりも60fpsの方がよりなめらかな動画になります。

スポンサーリンク

GoProでできるビデオの設定一覧

GoProでビデオ設定一覧です。アスペクト比は16:9の場合です。

解像度fps
5.3K60、30、24
4K120、60、30、24
2.7K240、120、60
1080p240、120、60、30、24

HERO8やHERO9については以下の記事を確認してください。

HyperSmoothとは、ジンバルを使用しているような安定したスムーズな映像が撮影できる機能です。

スポンサーリンク

その他のGoProのビデオ設定

直接YouTubeには関係しないのですが、GoProのビデオ設定としてProtuneがあります。

設定にあるProtuneをオンにすることによって細かな設定を行うことができます。

ここでは、以下の設定ができます。

  • ビットレート
  • シャッター シャッターを開いたままにする時間の設定
  • EV値 ビデオや写真の明るさの設定
  • ホワイトバランス 色調の選択
  • ISOの最小・最大の設定
  • シャープネス
  • カラー
  • RAWオーディオ
  • ウィンド
  • マイク設定

ここで、注目したいのはカラーです。

カラーを選択するとGoProカラーとフラットどちらかに設定できます。

GoProカラーを選択すると彩度の高いGoProっぽい動画を撮影することができます。

フラットを選択すると全体的に色が白っぽいような動画になります。

編集するときに後から色の補正などカラーグレーディングをする場合はこちらを選択します。

GoPro HERO10からはカラーの設定項目が、ビビッド、ナチュラル、フラットに変更されてます。

また、GoPro HERO8、HERO9からシャープネスの設定も可能になっています。

スポンサーリンク

GoPro動画がYouTubeで画質が悪いと感じたら

YouTubeの画質設定

GoProの動画をYouTubeで見ると画質が悪い?っと感じた時に画質の変更を最も大きいものに変更すると良くなります。

また、動画をアップロードしてすぐは画質が良くなく時間が経つと解決されます

Wi-Fiやモバイル通信の速度遅いと途中で動画が止まったり快適に視聴ができない場合があります。

画質が良いGoPro動画を見る際には通信速度の確認して画質を1080pに変更して視聴がいいかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

GoProで動画を撮影しYoutubeにアップするためのビデオ設定のオススメを紹介しました。

YouTubeの動画をアップするなら
GoProのビデオ設定はアスペクト比16:9、1080p、60fpsがオススメです。

GoProなら4KからHDの解像度や細かな設定が可能なので自分で試しながら最適な設定を見つけるのもいいかもしれません。

Amazonで買い物する

Amazonで買い物するならプライム会員になるのがオススメです。
Amazonプライムは年間4,900円(税込)または月間500円(税金)

Amazonプライム特典
  • 無料の配送特典
    ー 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • Prime Video
    ー 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
  • Prime Music
    ー 200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なし
  • Amazon Photo
    ー Amazon Driveに写真を容量無制限で保存い
  • プライム会員限定先行タイムセール
    ー タイムセールの商品を、通常より30分早く注文可能
  • Prime Reading
    ー 対象のKindle本を追加料金なしで読み放題
 \月額500円で無料配送、映画や音楽を楽しめる/

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoPro
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント