DJIからDJI Pocket2が発表と同時に発売開始!詳しくはこちらから

GoPro HERO9用メディアモジュラーのレビューと音の比較

アクセサリー

GoPro HERO9 Blackの発売と同時にHERO9対応のメディアモジュラーが販売されています。

以前のHERO8からメディアモジュラーが販売されてHERO9でもメディアモジュラーが販売されました。今回のHERO9用のメディアモジュラーにはスポンジ風防が付属されています。

今回は、GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラーの開封と使用感、音の比較について紹介します。

GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラー

GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラー

GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラー
HERO9対応のメディアモジュラーで今回はマイク部分に取り付けるスポンジ風防が付属しています。

外観はほとんどHERO8のメディアモジュラーと同じでコールドシューが2箇所あり、USB-CポートHDMIポート、3.5mmマイクポートがあります。

※HERO8とはサイズが違うのでHERO8とHERO9それぞれでメディアモジュラーの購入が必要です。

外部マイクをつけてGoProで少しこだわりの撮影をすることができるメディアモジュラーです。

GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラー内容物

GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラーの内容物

GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラーの内容物は以下の通り。

  • メディアモジュラー本体
  • バックル
  • ネジ
  • スポンジ風防
  • 取扱説明書類

GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラーの特徴

GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラーの内容物

HERO9のメディアモジュラーはHERO8用のものと若干変わっているところがあります。
スポンジ風防が付属していることや背面のポート類にカバーがついています。

メディアモジュラー本体

コールドシューが上部と側面に1つずつ、背面にポート類、底はフィンガーが出る穴があいています。肩にはマイクがあります。

背面のポートのカバー

HERO8のメディアモジュラーとは違う点です。ポート類はカバーがついてホコリなどが入りにくくなっています。

スポンジ風防

スポンジ風防をマイク部分に被せて使用。指をかける部分があり脱着は簡単にできます。
ポートのカバーに干渉しないようになっています。

メディアモジュラーの取り付け

GoPro HERO9 Blackに取り付けの際は、バッテリー投入口のカバーを外してからメディアモジュラーを取り付けます。バッテリー投入口のカバーは簡単に取り外せます。

GoPro HERO9 Blackのフタ

GoPro HERO9にメディアモジュラー、最初の印象

GoPro HERO9 Blackとメディアモジュラー

GoPro HERO9 Blackにメディアモジュラーを取り付けて使用してみた最初の印象としては、サイズが大きくなるという感じです。

サイズに関して手持ちのSONYのZV-1と比較してみたところ、GoProの方がまだ小さいですが存在感はほぼ同じ感じがします。厚みに関してはほとんど同じでした。

ZV-1の幅が105.5mm、GoPro HERO9メディアモジュラーの幅が約850mm

サイズが大きくなっていることでボタンも大きくなり押しやすくなっていることがあります。
メディアモジュラーをつけると一回り大きくなりますね。

メディアモジュラーのマイクの音比較

実際にHERO9+メディアモジュラーで撮影をしてきました。

GoPro HERO9 Blackにメディアモジュラーを付けて音の違いを比較

この動画では基本的にメディアモジュラーのマイクの音を比較しています。撮影はクロスバイクのハンドルバーにGoProをマウントして撮影しています。

動画撮影時のメディアモジュラーの設定

メディアモジュラーで設定できるマイクを内蔵マイク、背面、前面と切り替えて、最後にスポンジ風防付きで内蔵マイク、背面、前面の音を確認しています。ウィンドの設定は全てオフで撮影。

メディアモジュラーの風防は優秀

撮影しみてわかったことは、スポンジ風防をつけるとかなり風切音が抑えられることです。
スポンジ風防をつけてマイクを背面に設定すると音声はクリアに録音できています。
メディアモジュラーのマイクを前面にしてクロスバイクに乗せても風の当たる音がかなり抑えられていました。

ウインドの設定がオフでもメディアモジュラーのマイクを使うだけでまずまず風切音は抑えられている印象です。

GoPro HERO9 Blackにメディアモジュラーでクロスバイクに取り付けて撮影しましたが、撮影中はカメラがかなり揺れている感じがありました。映像で見ると揺れがほとんどありません。手ぶれ補正もしっかりとしています。メディアモジュラーでGoProが大きく重くなったからか撮影中はかなり揺れる感じがありました。

内蔵マイクよりも遥かにクリアな音が収録できるのでメディアモジュラーはあると便利なアクセサリーかと思います。ただサイズ感はかなり大きくなります。

個人的に思ったこととしては外部マイクをつけなくてもいいかという感じがあります。

また音量のレベル確認

メディアモジュラーを取り付けると背面のディスプレイの下の部分に音量のレベルが表示されます。音量の確認もできるので撮影時には安心です。

音が大きすぎるとレベルが赤い部分に達します。今までどれぐらいの音量で録音できているかわからなかったですがメディアモジュラーを取り付けるとレベルを確認できます。

最後に

GoPro HERO9 Black用のメディアモジュラーの開封と使用感です。
GoPro HERO9 BlackにメディアモジュラーでアクションカメラというよりVlogカメラになってきているという感じがしました。

またメディアモジュラーのマイクに関してスポンジ風防の取り付けが可能になり風の音がより抑えられている感じです。音の方もクリアに収録できるメディアモジュラーです。

コメント