GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProをバックル運用でアクセサリーの取り替えを快適に!

GoProのアクセサリーはネジで取り付けるアクセサリーとバックルに乗せた状態で取り付けるアクセサリーがあります。

アクセサリーを付け替えるときにはネジを外すのは若干の手間でバックルで付け替える方が楽にアクセサリーを変えることができます。

本記事は、GoProのアクセサリーをバックルでの取り替えについて紹介します。

スポンサーリンク
新しいGoPro HERO 11 Blackが発売開始!

2022年9月14日、新しいGoPro HERO11 Blackが発表されました。

GoProのアクセサリーの種類

GoProとアクセサリー

GoProでは撮影に応じたアクセサリーが多数販売されています。

そのアクセサリーですがGoProのフィンガーとネジで取り付けるアクセサリーとバックルを取り付けて使用するアクセサリーがあります。

フィンガーにネジで取り付けるアクセサリー

GoProのフィンガーにネジで取り付けるアクセサリーは以下のようなバイトマウントやショーティー、3wayがあります。

GoProのフィンガーにネジで取り付けるアクセサリー

GoPro本体のフィンガーに直接アクセサリーを取り付けて取り付けにはアクセサリー付属のネジを使用。

GoProのフィンガーをアクセサリーに合わせてからネジで締めていきますがアクセサリーを交換する時には若干手間を感じます。

バックルを取り付けて使うアクセサリー

バックルを取り付けて使用するアクセサリーはバックルを取り付ける部分のベースマウントがあるアクセサリーです。

ジョーズフレックス、クリップマウント、ポールマウント、ハンドラーのアクセサリー類があります。

GoProのバックルを取り付けて使うアクセサリー

GoProにバックルを取り付けた状態でアクセサリーに取り付けでアクセサリーのマウント部分にバックルをスライドさせてはめ込みます。

取り付け取り外しが簡単にできるのでアクセサリー交換が簡単です。

スポンサーリンク

フィンガーにネジで取り付けるアクセサリーは少し手間

GoProのフィンガーにネジで取り付けるアクセサリー

GoProのフィンガーにネジで取り付けるアクセサリーですがアクセサリーを使い分ける際にはネジの取り外しが手間です。

また、GoPro HERO8からGoPro本体に折りたたみ式のフィンガーでアクセサリーを取り付ける形になりました。

この折りたたみ式のフィンガーはアクセサリーを取り付けるときにフィンガーの片側が倒れたりアクセサリーに若干付けにくいことがあります。

撮影に応じてさっとアクセサリーを変えるならネジを取り外すタイプのアクセサリーではなくバックルを使うアクセサリーが便利です。

バックルでアクセサリーを取り付ける

バックルにGoProを取り付けておいてベースマウントのあるアクセサリーを使うと取り替えが快適です。

バックルは購入時に付属しているバックルやカメラの角度を微調整できるバックルがあります。

GoProのバックル

アクセサリーをよく取り替える方にはバックルを使用するアクセサリーの使用の方が便利です。

ネジを外すよりもバックルを外す方が簡単に取り外しができます。

また取り付けもスライドしてはめ込むだけで簡単に取り付けができます。

スポンサーリンク

バックル対応のアクセサリーで運用

バックルに対応するアクセサリーでSeekerに取り付けて撮影することや自転車に取り付けるポールマウント、マグネット付きクリップのアクセサリーでよく撮影をしています。

これらのアクセサリー間ではバックル対応なのでGoProをさっと外して別のアクセサリーに付け替えができます。

バックル対応していないアクセサリー

ただ手持ちで使えるアクセサリー、ショーティーや3wayはベースマウントがなくネジでGoProを取り付けるタイプのアクセサリーになります。

手に持つタイプのアクセサリーのハンドラーはバックル対応のアクセサリーですが三脚としておくことができないことやハンドラーを伸ばしたりすることができません。

現状、手に持って撮影するときにはクリップ付きマグネットを持って撮影しています。

スポンサーリンク

アクセサリーはバックル対応のものがいい

GoProのバックルを取り付けて使うアクセサリー

バックル対応のアクセサリーとネジで取り付けるアクセサリーを付け替えるのは手間です。

できればバックル対応のアクセサリーで統一すると快適に運用できます。

1つのアクセサリーだけで使うと決めている場合はネジで直接GoProに取り付けるアクセサリーでいいかと思います。

GoProでは多数のアクセサリーが販売されていますがアクセサリーを交換して撮影するなど運用面を考えると取り付けや取り外しが快適なアクセサリーを選びたいところです。

スポンサーリンク

個人的におすすめなバックル対応のアクセサリー

バックルに対応するおすすめのアクセサリーとしてはカメラの角度を微調整できるバックルにマグネット付きクリップマウントがおすすめ。

マグネット付きクリップマウントでできる撮影は以下の通り。

  • 手持ちで撮影
  • クリップで取り付けて撮影
  • 置いて撮影
  • マグネットで壁に取り付けて撮影

スイベル式でGoProの向きを回転させることができます。

手持ち撮影から置いて撮影することもできるアクセサリーでマグネットが付く壁に取り付けて撮影ができるのも個人的には気に入っている点です。

角度調整が可能なバックルに関してはあると便利という感じです。

スポンサーリンク

最後に

カメラでも三脚へ取り外しが快適になるようなクイックシューなどのアクセサリーがあります。

GoProも同様にバックルを使用することで簡単にアクセサリーの交換ができます。

バックル対応のアクセサリーを使用するとアクセサリーの交換は手軽にできます。

アクセサリーを購入するときにはこのバックル対応のアクセサリーかどうか確認しておくとGoProで撮影のアクセサリー運用が楽になるかと思います。

Amazonで買い物する

Amazonで買い物するならプライム会員になるのがオススメです。
Amazonプライムは年間4,900円(税込)または月間500円(税金)

Amazonプライム特典
  • 無料の配送特典
    ー 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • Prime Video
    ー 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
  • Prime Music
    ー 200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なし
  • Amazon Photo
    ー Amazon Driveに写真を容量無制限で保存い
  • プライム会員限定先行タイムセール
    ー タイムセールの商品を、通常より30分早く注文可能
  • Prime Reading
    ー 対象のKindle本を追加料金なしで読み放題
 \月額500円で無料配送、映画や音楽を楽しめる/

この記事を書いた人

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoProアクセサリー
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント