GoProゴープロにオススメのmicroSDカードと容量を紹介!

スポンサーリンク

GoProゴープロを購入すると合わせて購入が必要なmicroSDカード

本日はそのmicroSDカード(マイクロSDカード)について、
microSDカードや注意点、選び方、用途に合わせ必要な容量を紹介していきます。

※主にGoProゴープロで使用する際を想定しております。

スポンサーリンク

microSDカードとは何?

microSDカード(マイクロSDカード)とは、
写真や動画データを保存するメモリーカードです。

GoProゴープロやスマートフォンなどの小型機器で使用されています。

GoProゴープロでmicroSDカード使用する際の注意点

GoProゴープロでmicroSDカードを使用する際は、
どんなmicroSDカードを使用してもいいというわけでもありません。

GoProゴープロの日本総代理店タジマモーターコーポレーションの
公式サイトのQ&Aページにて、動作保証されているmicroSDカードを紹介されています。

そのページでは、動作保証されているmicroSDカードとしては、
SandiskとLexarの2つのブランドの動作保証について書かれてます。
GoPro hero6ではLexarのmicroSDカードは、×の表記があります。
その他にも、この2つのカード以外のものは動作保証できないとの記載もあります。

参考:GoPro用microSDカード一覧表(2018.2.23現在)

microSDカードの選び方

では、どんなmicroSDカードを選べばいいのか。
どのような使用をするのかで変わってきます。

GoProゴープロで4K映像を撮影する方は、4K対応のmicroSDカードを選ぶ必要があります。値段が安いだけで選ぶと動作せずエラー出て、使用することができないということもあるので、動作保証のあるSandiskのmicroSDカードを選ぶのが安心です。

Sandiskの動作保証のあるmicroSDカードはこちら。4K動画にも対応しているようです。

どれぐらいの容量を選べばいいか

では、どれぐらいの容量のmicroSDカードを選べばいいのか?

GoProゴープロの日本総代理店タジマモーターコーポレーションの公式サイトのQ&Aページにて、写真は枚数と動画は平均撮影保存時間で記載されています。

主に写真撮影で使用

写真は、12MPで撮影した場合は、
32GBのmicroSDカードでは約12000枚保存可能です。64GBはその倍の約24000枚保存が可能です。
インスタグラムに写真をアップするぐらいの使用の方は、32GBのmicroSDカードでも十分です。

主に動画撮影で使用

動画撮影で、4K (4K-30fps)で撮影した際は、32GBで、約1時間6分の撮影、
64GBで、約2時間13分の撮影が可能です。

1080-60 Superviewで撮影した際は、64GBで、約4時間22分の撮影が可能です

主に動画を撮影する用途でGoProゴープロを使用されている方は、
容量は大きいものを選ぶ方がいいでしょう。
GoPro hero 5や6であれば128GBまでのmicroSDカードに対応しています。

ですが、

128GBは値段は高く、64GBを2枚購入する方が使い勝手がよくオススメです。

参考:SDカード容量的に何時間まで録画できるかを知りたい

まとめ

いかがだったでしょうか?
microSDカードは、適当に選びがちです。しかし、
動作しないというトラブルが怒ったりする可能性もあるので、しっかり選ぶ方がいいですね。

そして、容量も自分の使用用途にあったものを選ぶことも大切です。
たくさん動画撮影をしたかったのに、全然足りないっということが起こらないように。

GoProゴープロに関しては、
動作保証があり値段的にも買いやすいSundiskのmicroSDカードがオススメです。

では、

あわせて読みたい記事

Goproゴープロのアクセサリーというのはどういうものがあるのか、 また、その使い方や撮影できる写真について紹介している記事の一覧まと...
エントリーモデルの「GoPro Hero」が新しく発表されました。 値段は、日本円で2万6000円。 GoPro Hero5やH...

GoProゴープロ、趣味、レビュー等、役立つ情報発信。
遊び場、アイデアの参考になるようなブログを目指し運営。
自称、一人旅や海外が好きな人

スポンサーリンク

■ 記事が気に入ったらシェアをお願いします。

■ フォローはこちらからどうぞ