GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProで外部マイクを比較!おすすめのマイクはコレ!

GoProにメディアモジュラーをつけるとメディアモジュラーのマイクで録音できたり外部マイクをつけて録音することができます。

今回はGoProのメディアモジュラーのマイクや外部マイクを取り付けて音の違いを比べてみます。

音を比べてみて違いあったので紹介していきます。

スポンサーリンク
新しいGoPro HERO 11 Blackが発売開始!

2022年9月14日、新しいGoPro HERO11 Blackが発表されました。

GoProでメディアモジュラーと外部マイクで音比較

今回、GoProのメディアモジュラーの内蔵マイクと外部マイクでRode VideoMicroSennheiserのMKE 400-Ⅱで音の違いを比べていきます。

外部マイクは昔から販売されてる手頃な値段で定番のRode VideoMicroと2022年1月27日に発売されたSennheiserのMKE 400-Ⅱを使っていきます。

それぞれの発売日や値段は以下の通りになります。

メディアモジュラーRode VideoMicroMKE 400-Ⅱ
発売日2020年9月16日2015年10月27日2022年1月27日
値段9,500円8,019円25,740円
※ 2022年2月2日現在の税込の値段です。

スポンサーリンク

GoProでの音の比較動画

GoProのメディアモジュラーの内蔵マイクと外部マイクでRode VideoMicro、SennheiserのMKE 400-Ⅱで音ですが、比較するとSennheiserのMKE 400-Ⅱの音がバランスがいい感じがします。

人の好みかもしれませんが、私はメディアモジュラーの音の感じがイマイチという印象。

やはり外部マイクを接続する方がいい音が収録できます。

Rode VideoMicroは口元の音のみを拾う印象がありました、また値段の割には結構優秀に感じます。

SennheiserのMKE 400-Ⅱは環境音が聞こえつつもしっかりと声を拾うような感じです。

また低音もしっかりとしてるという印象。

個人的にはSennheiserのMKE 400-Ⅱが一番いいように感じました。

スポンサーリンク

GoProに外部マイクでVlog

GoProに外部マイク

今回音の比較をしてみて感じたのはGoProでいい音を収録したいなら外部マイクは必要かと感じました。

また、外部マイクを取り付けた時の設定は何もせずにGoPro側で音量レベルの設定をすることなく自動調整されるので楽です。

メディアモジュラーをつけて外部マイクをつけるので防水性や耐久性、そしてコンパクトさは無くなりますが、Vlogのような撮影をするならいいかと感じます。

スポンサーリンク

最後に

GoProにメディアモジュラーで外部マイクをのせて音の比較をしてみました。音にこだわりたいならSennheiserのMKE 400-Ⅱはおすすめです。

Rode VideoMicroも値段の割にはいい音でとりあえずマイクが欲しいという方にもいいかと感じます。

メディアモジュラー自体の内蔵マイクに関しては、外部マイクと比較するとイマイチですがコンパクトさは維持できる良さはありました。

GoProでもVlog撮影ができるので少しマイクを変えてみるのもいいかと思います。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoProアクセサリー
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント