GoPro公式サイトでHERO8とマウントのバンドル、メディアモジュラー販売中、詳細はこちら

GoPro HERO8 Black対応のメディアモジュラーを開封レビュー

GoPro アクセサリー

GoPro HERO8 Blackに外部マイクやディスプレイモジュラー、ライトモジュラーを取り付けるためのメディアモジュラーが販売されました。
GoPro HERO8 Blackに対応するメディアモジュラーを使用することで、HERO8のできることが広がるモジュラーです。
発表から数ヶ月経ちようやく販売され、予約注文していたものが手元に届きました。

本日は、GoPro HERO8 Black対応のメディアモジュラーのレビューです。

スポンサーリンク

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラー

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラー

メディアモジュラー
GoPro HERO8 Blackに取り付けて、外部マイクやディスプレイモジュラー、ライトモジュラーを組み合わせて使用するモジュラーです。

メディアモジュラーには、内臓の指向製マイクがあり、前面と背面と切り替えて音を録音することができます。

メディアモジュラーの内容物

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラーの内容物

メディアモジュラーの内容物は以下の通りです。

  • メディアモジュラー本体
  • マウントバックル
  • ネジ
  • ユーザーガイド
  • 保証書

メディアモジュラー本体、マウントバックル、ネジ

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラーの内容物

メディアモジュラーの特徴

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラー

メディアモジュラーの特徴は以下の通り。

  • 内臓の指向性マイク
  • マイク端子
  • HDMI出力端子
  • コールドシューマウント ×2

◾️ 内臓の指向性マイク

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラーのマイク

モジュラーの背面には、HDMI出力端子、USB-Cポート、マイク端子があります。

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラーの背面のポート類

マイク下の横側には、コールドシュー。

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラーのコールドシュー

上部にはコールドシューにシャッターボタン。

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラーのコールドシュー

メディアモジュラーの下には、マウントフィンガーの出る穴が空いています。

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラーの底

GoPro HERO Black8と接続するUSB-Cが内側にあります。

GoPro HERO8 Black対応メディアモジュラー

GoPro HERO Blackにメディアモジュラーを取り付け

GoPro HERO8 Blackとメディアモジュラー

GoPro HERO8 Blackにメディアモジュラーを取り付けをしていきます。

取り付ける際には、まずGoPro HERO8 Blackのバッテリーのフタを外します。
そして、メディアモジュラーのフタを開きます。開け方は、GoPro HERO8 Blackのバッテリーのフタの開け方と同じです。

GoPro HERO8 Blackをスライドさせながらメディアモジュラーに入れて行きます。しっかりとUSB-Cが接続されたらメディアモジュラーのフタを閉めます。

GoPro HERO8 Blackとメディアモジュラー

取り付けて底からマウントフィンガーを出してアクセサリー類にマウントすることが可能です。また、そこの部分の形はネジに干渉しないように設計されています。

GoPro HERO8 Blackとメディアモジュラー

ショーティーにGoPro HERO8 Black+メディアモジュラーのイメージ。

GoPro HERO8 Blackとメディアモジュラーとショーティー

ネジの持つ部分が干渉せがいい感じに納まります。

GoPro HERO8 Blackとメディアモジュラーとショーティーのネジ部分

背面のUSB-Cポートから給電をすることも可能です。

GoPro HERO8 Blackとメディアモジュラーの給電

メディアモジュラーは防水ではないので注意が必要です。
GoProを取り付けた状態でも防水ではないので注意してください。

接続するとソフトウェアの更新が表示されたのでスマートフォンと接続し更新します。

GoPro HERO8 Blackとメディアモジュラーの更新

メディアモジュラーの設定項目

GoPro HERO8 Blackとメディアモジュラーの設定項目

メディアモジュラーを取り付けると、メディアモジュラーの内蔵マイクの設定をすることができます。

GoPro HERO8 Blackとメディアモジュラーの設定項目

設定は、マイクから、メディアモジュラーのマイクの前面からの音声を優先するか、背面からの音声を優先するか、ステレオにするかを選択できます。

メディアモジュラーでの録音比較

GoPro HERO8 Black + MEDIA MOD MicTEST(short movie) : メディアモジュラーを使ってのマイクテスト

GoPro HERO8 Blackにメディアモジュラーと組み合わせて音声を録音してみました。
動画では、マイクの設定を前面、背面、ステレオと変更して比較して撮影しています。
メディアモジュラーを使用すると音声がどんな感じで聞こえるかの比較です。

GoProの設定等の撮影環境は以下の通りです。

GoProの設定
4K30p Hypersmooth:Boost
レンズ:リニア
ウィンド:オフ
マイクは、前面、背面、ステレオで比較

撮影に使用しているアクセサリーはショーティーで手持ち。
天候は曇りで風が吹いている日に撮影しています。

メディアモジュラーを使用して録音した音声を聞いてみると、
背面に設定した時には、前面の時よりも音声が大きくきこえます。

前面、背面に設定した時は、多少の周りの音が入りますがしっかりと音声が録音されている感じがします。ステレオでの録音よりも良く感じます。

また、風がある日でしたが、マイクに風の当たる音を感じませんでした。
ウィンドの設定をオフにしても風の音が防げているというような印象です。

まとめ

GoPro HERO8 Black対応のメディアモジュラーを開封レビューです。
GoPro HERO8 Blackでできることが広がるメディアモジュラーです。今後販売されるディスプレイモジュラーとの組み合わせなどが可能で、Vlogのカメラとして最適のカメラになるのではと想像できます。

GoProを手に入れて、撮影を楽しむ

GoProを手に入れて、様々なアクティビティーで撮影を楽しみましょう。
防水でコンパクトなボディーにアクセサリーも豊富で、どんな場所でも撮影を行うことができます。またSNSへの投稿も簡単です。
GoProの購入は、お得に購入できる公式サイトがオススメです。

GoPro公式サイトを見る

GoPro アクセサリー
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
satoをフォローする
satowith log – GoProの写真と遊びのまとめ

コメント