GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProにNDフィルターで手ぶれ補正が効かない!実際に検証をしてみた

GoProでなめらかなモーションブラーのある映像を撮影したくNDフィルターを購入しました。

撮影してみたところ、モーションブラーの感じはありますが手ぶれ補正が効いてないと言う映像になってます。

HyperSmoothをブーストにしてるのにNDフィルターを使うと手ぶれ補正が効かないということがあるようで、調べてみるとこの事例はよく上がってるようです。

本記事では、GoProのHyperSmooth(手ぶれ補正)とNDフィルターについて検証や調べたことを記載していきます。

スポンサーリンク

GoProにNDフィルターをつけて撮影

GoProの設定や使用アクセサリーは以下の通りになります。

  • 4K24
  • リニア+水平維持
  • HyperSmoothブースト
  • ビットレート:高い
  • シャッタースピード:1/48
  • ホワイトバランス:自動
  • ISO:100 – 400
  • シャープネス:中

自転車のハンドルにポールマウントで取り付けてます。

NDフィルターはTelesinのNDフィルターを使用してます。

撮影した映像

NDフィルター8をGoPro HERO10に取り付けて、自転車にマウントして撮影した映像になります。

映像を見てわかりますが、HyperSmooth(手ぶれ補正)が効いておらず映像がぶれてます。

スポンサーリンク

NDフィルターとHyperSmoothの関係を調べてみた

NDフィルターを取り付けるとHyperSmooth(手ぶれ補正)が効かなくなるのかを調べてみたところ以下の記事がありました。

記事の中ではそもそものHyperSmoothの仕組みからシャッタースピードの関係の記載があります。

また、GoProのコミュニティーでもNDフィルターと手ぶれ補正の関係の質問がされてます。

記事やコメントを見るとシャッタースピードを遅くすることでHyperSmoothは効かなくなるというふうにいわれてます。

モーションブラーを出すために180度シャッターの法則でシャッタースピードをフレームレートの2倍にした数字に設定するかと思いますが、それでは手ぶれ補正が効かないようです。

モーションブラーを求めた結果、手ぶれ補正がなくなるという感じ。

スポンサーリンク

GoProにNDフィルターをつけてシャッタースピードを変えてみた

4K24でシャッタースピードを1/48から1/96、1/192、1/384、自動とそれぞれで撮影してみました。

モーションブラーを感じるよりも手振れの方に目がいきます。

また、シャッタースピードを上げると手ぶれ補正が強くなってますがモーションブラーは多少感じます。

この辺りの調整は難しいところです。

スポンサーリンク

GoProにNDフィルターをつけて手ブレのない映像を撮影するには

GoProにNDフィルターをつけてモーションブラーのある手ブレのない映像を撮影ですが、手振れの部分をジンバルで補う方法が一番かと思います。

また、自転車にマウントや歩き撮影をするような撮影ではなく、車載やバイクなど比較的ブレるような動きの少ないときにNDフィルターを使うのが理想的に感じます。

スポンサーリンク

GoProにNDフィルターや手ブレ補正について学んだ・まとめ

今回、GoProにNDフィルターやシャッタースピードと手ぶれ補正の関係を調べてみたり、検証してみましたが勉強になりました。

GoProにはもうジンバルは必要ないと思ってましたが、NDフィルターをつけてシャッタースピードを固定して撮影する場合にはまだジンバルを使う方がいいようです。

GoProでシネマティックななめらかな映像を撮影するにはまだまだ勉強が必要と感じました。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

検証
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント