GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

GoPro HERO10 Blackが来た!特徴やファーストインプレッション

GoPro HERO10 Blackが発表されて公式サイトから即注文して約1週間、ようやく手元にGoPro HERO10 Blackが手元に来ました。

本日は開封とGoProの特徴・ファーストインプレッションについて記載していきます。

GoPro HERO10 Black

GoPro HERO10 Black

GoPro HERO10 Black
今回もHERO9の時と同じ紙のパッケージとハードケースになります。

紙のパッケージには今回のGoProの主な特徴について記載があります。

側面に、特徴や内容物についての記載があります。

今回はGoPro本体のみを購入しました。

GoPro HERO10 Blackの内容物

HERO9ではアクセサリーセットを購入しました。

GoPro HERO10 Blackの内容物

GoPro HERO10 Blackの内容物

GoPro HERO10 Blackの内容物は以下の通り。

  • 本体
  • バッテリー
  • 充電ケーブル(USB-Cケーブル)
  • ベースマウント
  • バックル
  • ネジ
  • 説明書
  • ステッカー
  • クイックガイド
  • ケース

以上がケース内に入っている内容物になります。

GoProを購入するとmicroSDカードも付いてきますがケースの中にはありませんでした。

microSDカードはGoProが入っていたビニールの中にありました。

GoPro HERO10 BlackのmicroSDカード

HERO9でアクセサリーセットで購入した時にはケースの中に入ってたのでケース内にあるかと思っていたところ、こちらのビニール内で見つけました。

GoPro HERO10 Black本体の特徴

GoPro HERO10 Black

GoPro HERO10 Black本体の特徴としては、サイズは以前のモデルHERO9と同じサイズで前面にはスクリーンがあり底にはマウント用の爪があります。

バッテリーやmicroSDカードは側面のフタを開けて入れます。これもHERO9と同じです。

GoPro HERO10 Blackの内容物

ロゴや数字の部分が青色になってます。以前のHERO9では白色でした。

HERO9の時に購入したメディアモジュラーを取り付けることもできます。

GoPro HERO10 Blackとメディアモジュラー

GoPro HERO10 Blackのスペック

GoPro HERO10 Blackのスペックは以下の通りになります。

GoProHERO10HERO 9HERO 8
写真23MP+ SuperPhoto with HDR20MP + SuperPhoto(HDR搭載)12MP + SuperPhoto(HDR搭載)
ビデオ5.3K605K304K60
100Mbps
ビットレート
5.3K / 4K / 2.7K5K / 4K / 2.7K4K / 2.7K
ビデオ安定化HyperSmooth 4.0HyperSmooth 3.0HyperSmooth 2.0
水平維持機構カメラ内蔵カメラ内蔵GoProアプリを使用
レンズSuperView、広角、リニア、リニア+水平維持、狭角SuperView、広角、リニア、リニア+水平維持、狭角SuperView、広角、リニア、狭角
前面スクリーン1.4インチカラーLCD(プレビュー+ステータス)1.4インチカラーLCD(プレビュー+ステータス)ステータスのみ
背面タッチスクリーン
バッテリー取り外し可能取り外し可能取り外し可能
防水性10m10m10m
モジュラー対応
TimeWarp ビデオTimeWarp 3.0TimeWarp 3.0TimeWarp 2.0
タイムラプスビデオ
ナイトラプスビデオ
スローモーション8×(2.7K, 1080p)8×(1080p)
ハインドサイト
LiveBurst
スケジュールキャプチャー
デュレーションキャプチャー
設定プリセット
ショートカット
音声コントロール
音声起動
ライブストリーミング1080p1080p1080p
ウェブカメラモード
GPS
より詳しくはこちらをご覧ください
https://gopro.com/ja/jp/compare

最大5.3K60や4K120で撮影することができるようになってます。

また、HyperSmooth4.0で以前よりも強力な手振れ補正が搭載されています。

GoPro HERO10 Blackの新しい細かな特徴

GoPro HERO10 Blackには新しい特徴があります。それは以下の通りになります。

  • 新しいカラープロファイル
  • 水平維持のチルトリミット
  • レンズカバー
  • フロントスクリーン

新しいカラープロファイル

今までのGoProではカラーはフラットかGoProの2つでしたが、HERO10からはカラーをフラット、ナチュラル、鮮明の3つから選べるようになってます。

GoPro HERO10 Black

フラットでは以前と同じでニュートラルなカラープロファイルで薄い色味の映像を撮影することができます。

ナチュラルでは、以前のカラーをGoProに設定した時よりも色味が抑えられたような、自然に近い色味の映像を撮影することができます。

鮮明では、以前のカラーをGoProに設定したようなコントラストの強い印象の映像になります。空の色がより青く見えるようなGoProらしい色になります。

HERO10ではナチュラルが追加されてます。より自然な印象の映像が撮れるのでVlog用途でも使いやすい感じがします。また、GoPro特有の色味が苦手な方にも嬉しい設定です。

水平維持のチルトリミット

GoProでレンズをリニア+水平維持にするとGoProを傾けても水平を維持することができます。

その水平維持の限界が27°から45°になっています。45°まで傾けても画面は水平維持をしてくれます。

水平維持の機能で多少傾いた状態でも真っ直ぐ水平維持された映像を撮影することができます。

レンズカバー

GoPro HERO10 Blackのレンズカバーが改善されています。以前よりも水滴が付きにくくなっているとのことです。

GoPro HERO10 Black

フロントスクリーン

フロントスクリーンですがカクつきがなく滑らかに見えます。

以前のHERO9ではフロントスクリーンではカクカクしていましたが、HERO10では滑らかな映像になってます。

GoPro HERO10 Blackを少し触った動作感

GoPro HERO10 Black

GoPro HERO10 Blackを少し操作してみましたが、背面のスクリーンのタッチは以前よりもいいです。

設定を変更するのもHERO9よりも遥かに操作がしやすいです。

シャッターボタンを押してから撮影開始までの時間も短くなっており全体的な動作感は以前とは遥かに違う感じがします。

操作に関するストレスはかなりなくなりました。

ただ、背面スクリーン自体の大きさは以前と同じでアイコン自体が小さく時折タップをミスしてしまうことはあります。

最後に

GoPro HERO10 Blackについてですが、以前のHERO9からはしっかりとした進化を感じます。

カラーのナチュラルが追加されたこともあり普段何気ない撮影やVlog使いとしても使いやすいかと思います。

これからGoProを購入するならちょうどいいHERO10という感じです。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoPro
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント