GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

GoPro HERO10の初心者向けのおすすめ基本設定

GoPro HERO10を手にしたら確認したい基本設定について紹介します。

本記事は初めてGoProを手にした方に向けてGoPro自体の基本設定について記載していきます。

まず、GoProを手にしたらスマートフォンと連携してアップデートの確認をしてください。

スポンサーリンク
新しいGoPro HERO 11 Blackが発売開始!

2022年9月14日、新しいGoPro HERO11 Blackが発表されました。

GoProの基本設定

GoProの背面の画面を上から下へスワイプすると設定の項目が表示されます。

ここでは以下の設定項目ができます。

  • 音声コントロール
  • 電子音
  • クイックキャプチャー
  • 画面ロック
  • ビデオパフォーマンスモード
  • 前面画面オプション
  • 方向
  • MAXレンズモード

設定画面を右から左へスワイプすることで「接続」や「ユーザー設定」に進めることができます。

接続ではGoProの接続方法の確認ができます。

ワイヤレス接続のオンオフ、デバイスの接続(アプリやThe Remoto、Volta)、カメラ情報、接続をリセットを選択できます。

ユーザー設定ではより詳細な設定をすることができます(以下で記載します)。

ここからGoPro自体の設定を自分好みにカスタマイズすることができます。

音声コントロール

音声コントロールでは、音声でGoProの撮影を開始したりストップしたりができます。

音声操作については、ユーザー設定の音声コントロールから音声コントロールのオンオフや言語の設定、コマンドの確認ができます。

どう言えば音声でGoProをコントロールできるかは以下の通り。

GoPro 撮影
GoPro 撮影ストップ
GoPro ビデオスタート
GoPro ビデオストップ
GoPro ハイライト
GoPro 写真
GoPro バースト
GoPro タイムラプススタート
GoPro タイムラプスストップ
GoPro ビデオモード
GoPro 写真モード
GoPro タイムラプスモード
GoPro 電源オフ

頭にGoProと言ってから言葉を続けると音声の操作ができます。

音声コントロールをオンにしておくと両手が使えない状態でGoProの操作が可能です。

GoPro HERO10では音声で起動することはできません。

電子音

電子音をオンにするとカメラの起動や電源をオフにしたり、撮影ボタンを押すと電子音が鳴ります。オフにすると操作音を消すことができます。

ユーザー設定の一般から電子音のボリュームを設定できます。設定項目は、大、中、小とあります。

クイックキャプチャー

クイックキャプチャーでは、GoProの電源をオフでもシャッターボタンを押すとすぐに撮影が開始されます。

ビデオ撮影の時は一回押して、タイ村尾薄撮影をするときは長押しで撮影となります。

GoProを取り出しでシャッターボタンを押してサッと撮影を開始することができます。

画面ロック

画面ロックをオンにすると操作画面をロックすることができます。

ロック中は以下のような画面になります。

バーをスライドさせることで画面ロックを外すことができます。

ビデオパフォーマンスモード

ビデオパフォーマンスモードは3つの設定項目があります。

  • 最大ビデオパフォーマンス
  • 省電力
  • 三脚/固定ビデオ

この設定をするとGoProのプリセットの項目が自動的に変更されます。

GoProが最適なプリセットに設定してくれるというような感じの機能になります。

前面画面オプション

前面画面オプションではGoProの前面にあるモニターの表示を変えることができます。

左から、画面オフ、ステータスのみ、実際の画面、フルスクリーンと選択することができます。

スポンサーリンク

方向

方向ではGoProの向きを固定することができます。

GoProを縦向きにして方向をロックすると縦向き固定になります。

MAXレンズモード

MAXレンズモジュラーを取り付けてる時に設定できる項目になります。

スポンサーリンク

ユーザー設定

ユーザー設定では以下の設定ができます。

  • 一般
  • 音声コントロール
  • ディスプレイ
  • 地域
  • モジュラー
  • バージョン情報
  • 規制
  • リセット

一般設定では、基本設定の詳細を設定できます。

基本的にはデフォルトの状態でいいかと思いますが、1点確認したい項目があります。

一般の設定の中で「アンチフリッカー」の設定があります。

地域によっては個々の設定が必要になるかと思います。

このアンチフリッカーに関しては西日本は60Hz、東日本は50Hzに設定しておくと良いようです。

スポンサーリンク

おすすめな基本設定

私の設定してる基本設定ですが以下の通りになります。

ご自身の使いやすいカスタマイズをしてみてください。

音声コントロールオン
電子音オフ
クイックキャプチャーオン
画面ロックオフ
ビデオパフォーマンスモード最大
前面画面オプションフルスクリーン
方向オフ
MAXレンズモード

音声コントロールは非常に便利な機能です。

撮影をするときにモードの確認や撮影オフにする時に使える機能でオンにしておくと便利。

クイックキャプチャーをオンにしておくと電源を入れてすぐに撮影できるのでオンにしてます。

電源を入れてから撮影と操作するよりも快適に撮影開始ができます。

ビデオパフォーマンスに関しては、最大を選択して自分で解像度やフレームレートの設定をしてます。

前面画面オプションはオフにしておいても良いですが、自撮りをする方はオンにしておくと自分の写りを確認しながら撮影ができます。

画面ロックや方向に関してはオフにしてます。

ロックすることで操作に一手間かかるような感じでオフに設定してます。

ユーザー設定

ユーザー設定に関してはほとんどデフォルトのままにしてます。

フリッカーの設定は確認したいところとあとGPSのオンオフは確認したいところです。

GPSに関しては基本的にオフにしてます。

GPSのオンオフはユーザー設定の中の地域にあります。

あとはディスプレイの設定項目からリアスクリーングリッドをオンにしてます。

リアスクリーングリッドオンにすると画面上に3×3のグリッドが表示されます。

撮影の目安に便利なのでオンにしてます。

スポンサーリンク

最後に

GoPro HERO10を初めて手にした方におすすめ基本的な設定について記載しました。

GoProは画面をタップするだけで簡単に設定のカスタマイズができるので設定も簡単です。

最初に設定しておくと使い勝手も良くなるのでぜひ確認してみてください。

撮影に関した設定に関しては以下の記事を確認してみてください。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

設定
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント