GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

GoPro HERO10を半年以上の使ってわかった4つのこと!長期使用レビュー

GoPro HERO10 Blackを使い始めて半年以上が経ちました。

普段使いするにもクロスバイクに取り付けて撮影するにも便利なGoProで様々な場面での使用をしてきました。

本記事では、日々使っているなかでHERO10の良さやイマイチな部分がわかってきたのでレビューします。

スポンサーリンク
新しいGoPro HERO 11 Blackが発売開始!

2022年9月14日、新しいGoPro HERO11 Blackが発表されました。

GoPro HERO10 Blackを半年以上使ってわかったこと

GoPro HERO10 Black

GoPro HERO10 Blackを半年以上使ってわかったことは以下の通りになります。

  • カラー:ナチュラルの追加
  • 動作感の良さ
  • 写真の処理がはやい

  • 長時間撮影で熱停止

GoPro HERO10 Blackから追加された機能や新しいGP2チップの性能でタッチ操作が快適になってことで以前のHERO9から進化してる部分ははっきり使いやすさに繋がってます。

カラー:ナチュラルの追加

GoPro HERO10 Blackのカラープロファイル、ナチュラル

GoPro HERO10 Blackでは、プリセットの設定内のProtuneのカラーの項目で「ナチュラル」というカラープロファイルが追加されてます。

「ナチュラル」はGoPro HERO10 Blackから追加されたカラープロファイルで実際の色に忠実なカラープロファイルになります。

HERO9やHERO8では、カラーは「GoPro」か「フラット」の2つの選択肢でしたが、HERO10では「ビビッド」、「ナチュラル」、「フラット」と3つの選択肢に増えてます。

GoProを普段使いする時には「ナチュラル」が使いやすく撮影した映像も実際の色に忠実な感じ撮影できます。

GoProで撮影した写真や動画といえばコントラストと彩度が高めのGoProっぽいイメージがありますが、ナチュラルに設定すると自然な見た目の映像になります。

普段使いでは「ナチュラル」

半年以上使ってる中でカラーの項目は「ナチュラル」に設定して撮影を続けてます。

普通のカメラで撮影したような映像でGoProで撮影した映像っぽさというのが少し軽減されます。

映像の色味に関しては好みがあるかと思いますが、普段使いの撮影やVlogのような映像では自然に近い色味の方が見やすさがあります。

短いアクションをするという時にはGoProのカラーを「ビビッド」に設定して少し派手さを出すという使い方が理想的です。

今回追加された「ナチュラル」はGoProっぽいビビッドな映像が苦手な方でも使いやすい設定です。

「ナチュラル」と他のカラーの設定比較は以下の記事から確認できます。

動作感の良さ

GoPro HERO10 Blackを半年以上使ってる中で動作感の良さは強く感じます。

HERO9の頃は背面のタッチの反応が動作も遅くストレスに感じることがありました、アップデートで改善されましたがそれでもまだストレスに感じるぐらいのレベルでした。

ですが、GoPro HERO10 Blackからでは背面のタッチの反応が良くなり、HERO10から搭載されたGP2という新しいプロセッサーのおかげかと思いますが動作感は速くなってます。

撮影を開始する前の設定の操作も快適でGoPro自体使いやすくなる印象です。

ただ、スマートフォンのタッチ操作と比べるとまだまだもっさりした動作感ですが過去のGoProと比べるとだいぶ良くなってます。

プリセット・設定の変更もしやすい

背面のタッチの反応が良くなってることでプリセットや設定の変更もしやすくなってます。

撮影環境に合わせて設定の変更も操作しやすいです。

写真の処理も早い

GoPro HERO10 Blackの写真を撮影するモードで出力をSuperPhotoにして撮影した時の処理の速度が速くなってます。

以前はSuperViewで撮影すると数秒間の処理の時間がありました。

HERO10ではシャッターボタンを押してから処理の時間はほとんどなくすぐに次の撮影へ移ることができます。

SuperViewでの撮影がより快適になってます。

長時間撮影で熱停止

GoPro HERO10 Blackでも長時間の撮影をすると熱停止はあります。

長時間で撮影する際には熱で停止しにくいような設定で撮影するようにしてます。

使い続けてる中で4K30や4K24で撮影するとバッテリーがなくなるまでの撮影ができる感じがあります。

熱停止に関しては以下を確認していただけるとわかりやすいかと思います。

スポンサーリンク

GoPro HERO10は現状最高のGoPro

GoPro HERO10 Black

GoPro HERO10 Blackはアクティビティーでも使えて普段使いにお手軽に使えるGoProです。

「ナチュラル」のカラープロファイルが追加されてより普段使いがしやすくなりました。

過去の不満点を確実に改善してきてるGoProで更なる進化をしてます。

スポンサーリンク

GoPro HERO10を半年以上の使ってわかった まとめ

GoPro HERO10 Blackですが今まで以上に使いやすいカメラになってます。

半年以上使い続けてますが、大きな不満がないというのが正直なところです。

アップデートで動作が不安になるというような話を見かけたりしましたが私のGoPro HERO10 Blackでは問題なく撮影できて、撮影した映像もしっかりと残ってる状態です。

GoPro HERO10 Blackは初めてGoProを扱う方でもストレスなく使えるカメラと感じてます。

Amazonで買い物する

Amazonで買い物するならプライム会員になるのがオススメです。
Amazonプライムは年間4,900円(税込)または月間500円(税金)

Amazonプライム特典
  • 無料の配送特典
    ー 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • Prime Video
    ー 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
  • Prime Music
    ー 200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なし
  • Amazon Photo
    ー Amazon Driveに写真を容量無制限で保存い
  • プライム会員限定先行タイムセール
    ー タイムセールの商品を、通常より30分早く注文可能
  • Prime Reading
    ー 対象のKindle本を追加料金なしで読み放題
 \月額500円で無料配送、映画や音楽を楽しめる/

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoPro
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント