定点で撮影!実際使ってみて便利なオススメのGoProアクセサリー ジョーズフレックスクランプマウント

スポンサーリンク

GoProゴープロのアクセサリーってたくさんの種類があり、

撮影シーンに合わせて、アクセサリーを使い分け撮影することができて幅広く楽しめます。

数あるGoProゴープロのアクセサリーの中で、使用率の高いアクセサリー

ジョーズフレックスクランプマウントを紹介します。

スポンサーリンク

ジョーズフレックスクランプマウントとは

ジョーズフレックスクランプマウント

GoProを首の部分や挟む部分に装着して撮影が可能です。

どこかに挟んで固定して撮影することができ、挟む力が強くしっかりと固定できます。

自由に動かすことのできるグースネックでアングルの調節が簡単にできます。

私は、純正のものを購入して使っております。

具体的なサイズは以下の通り

首の部分の長さ、約17cm

クリップ部分の最長は、約12cm

クリップが開く幅、約3cm〜

(純正以外のものは少し大きさが違うかもしれません、注意してください)

クリップ部分は滑り止めとベルトが内蔵されています。

実際にGoProを装着してみた感じです。

便利な点、メリット

smartwear.skさん(@smartwear.sk)がシェアした投稿

挟めるところがあればどこでも設置できて、

クリップ部分の滑り止めがありしっかりと固定することが可能です。

アングルの調節もグースネックを手で簡単に曲がります。

実際に使用していて感じるのは、

固定して撮影する場合は、三脚を使用するよりもはるかに便利です。

唯一のデメリット

クリップ部分を開けるのが固すぎます。

女性が開けるのはなかなか難しいのではないかと思ってしまうほどです。

男性の私でも強い力を入れて開けています。力を入れて開いて約3cmでした。

漫画一冊は余裕がありますが、漫画2冊分の厚みほどを挟むのが限界でした。

約3cm以上開くことが可能のようですが、力を入れすぎて壊れたりしないかと不安なので、

それ以上は開いておりません。それ以前に、固すぎて開けるか自信がありません。

クリップが強く閉じられている分、固定しても動かず撮影できるという利点の反面、

開くのに固すぎるというデメリットがあります。

タイムラプス映像を撮影するのにオススメ

タイムラプス映像を撮影するのにとても便利です。

以下の映像は、実際に椅子に固定して撮影したものです。

伸びてくる影で、確認することができると思います。

satowithuさん(@satowithu)がシェアした投稿

いろんなアングルから撮影

クリップで挟める場所があればどこでも挟んで撮影が可能です。

ジョーズフレックスクランプマウントを使って撮影されている写真で、よく見るのが、

楽器のどこかをクリップで挟んで撮影。演奏される方にオススメの撮影方法です。

Lee Fonyodiさん(@leefonyodi)がシェアした投稿

また、

風が強い場所では、グースネックを外して、クリップにGoProゴープロを装着して撮影すると

風で揺られることなく撮影ができます。

しっかりと固定して撮影したい時には、

ジョーズフレックスクランプマウントがオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ジョーズフレックスクランプマウント。

これを1つ持っておくだけでも、いろんな撮影が可能です。

集合写真もタイムラプスも、これがあるだけで撮影の幅が増えますね。

では、

あわせて読みたいおすすめ記事

自撮りするなら自撮り棒があるととても便利です。 自撮り棒は、100円ショップでも購入できるぐらい幅広く売られています。 自撮り棒...
Goproゴープロのアクセサリーというのはどういうものがあるのか、 また、その使い方や撮影できる写真について紹介している記事の一覧まと...

GoProゴープロ、趣味、レビュー等、役立つ情報発信。
遊び場、アイデアの参考になるようなブログを目指し運営。
自称、一人旅や海外が好きな人

スポンサーリンク

■ 記事が気に入ったらシェアをお願いします。

■ フォローはこちらからどうぞ