GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProのボールジョイントバックルはリュックのマウントには必須

GoProをバックパック(Seeker)のストラップにマウントして撮影する際にGoProを正面に向けるならの角度の調節が必要です。

マウント用バックルにGoProを取り付けてストラップからの映像を撮影する際に真っ直ぐ正面を向いた映像を撮影することが難しく傾いた映像になることがあります。

ここでボールジョイントバックルを取り付けて調節することでまっすぐ水平の取れた映像を撮影することができます。

本記事は、GoProのボールジョイントバックルと普通のバックルでどれぐらい違うか比較のレビューです。

スポンサーリンク

GoPro ボールジョイントバックルとバックルの違い

GoProベースマウントとアクセサリー付属のベースマウント

GoProの3つのマウント用バックルがあります。

画像の左から、ボールジョイントバックル、アクセサリー付属バックル、GoPro付属バックルになります。

  • ボールジョイントバックルは取り付けてスイベルを調節して角度を変えることができます。
  • アクセサリー付属バックルはマグネット付きスイベルクリップやポールマウントに付属のマウント用バックル
  • GoPro付属バックルはGoProを購入時に付属しているマウント用のバックル

GoPro HERO10ころから付属のバックルもアクセサリーに付属されるようなバックルの形状になってます。

それぞれのバックルの特徴・違い

ボールジョイントバックルとアクセサリー付属のバックルは、接続部分に長さがあり90度倒してGoProを取り付けることができます。

ボールジョイントバックルとアクセサリー付属のバックルは、GoProの取り付け部分に長さがあるのでGoProを90度倒すことができます。

GoProベースマウントとアクセサリー付属のベースマウントの比較

GoPro付属のバックルは90度にたおすことができません。

付属のバックルをバックパックのストラップに取り付けるとGoProが下を向いてしまいます。

バックパックに取り付ける際は90度倒すことで正面を撮影することができます。

バックパックに取り付けイメージ
スポンサーリンク

GoPro ボールジョイントバックルとバックルの特徴

スイベル式マウントバックルとアクセサリー付属バックル

スイベル式マウントバックルとアクセサリー付属バックルです。

高さは、スイベル式マウントバックルの方が少し高くなります。

GoProを取り付けたスイベル式マウントバックルとアクセサリー付属バックル

90度に倒してみると両方倒すことができます。

スイベル式マウント少し接続部分が長くて倒す余裕があり、さらに角度をつける余裕があります。

GoProを取り付けたスイベル式マウントバックルとアクセサリー付属バックル

スイベル式マウントバックルは角度の調整が可能です。

GoProを取り付けたスイベル式マウントバックルとアクセサリー付属バックル

この両者のバックルでどれぐらい映像に違いが出てくるかを紹介します。

スポンサーリンク

スイベル式マウントとアクセサリー付属バックルの比較

バックパック(Seeker)のストラップにGoProをマウントして撮影した映像です。

映像は最初にアクセサリー付属のバックルにGoProを取り付けて撮影して、その後にスイベル式マウントバックルにGoProを取り付けて撮影した映像です。

最後に2つの映像の比較があります。

付属のバックルを使用した映像の印象

映像を見ても分かるように、アクセサリー付属のバックルで撮影をすると映像が斜めになっていることがわかります。

撮影する時はプレビューで確認して極力まっすぐ向くようにしたのですが斜めの映像になってしまいました。

編集で水平にする必要があります。

アクセサリー付属のバックルでは上下の向きを動かすことができますが、左右の調節ができません。

アクセサリー付属のバックルを使用した映像

スイベル式マウントを使用した映像の印象

スイベル式マウントを使用して撮影した映像は、斜めにならずに水平な映像になっています。

プレビュー時に確認をしてスイベルで角度を細かく調節して撮影。

スイベル式マウントのバックルを使用した映像

スイベル式マウントバックルとアクセサリー付属のバックルとで撮影した映像に違いが出てくることがわかります。両方の映像を並べるとわかりやすいです。

アクセサリー付属のバックルを使用した映像とスイベル式マウントバックルを使用した映像の比較

アクセサリー付属のバックルでは細かい角度の調整ができないので、バックパック(Seeker)のストラップにGoProを取り付けて撮影する際にはスイベル式マウントバックルが必須かと感じます。

スポンサーリンク

まとめ

使用するGoProのマウント用バックルによってどれぐらい映像に違いが出るかを試してみました。

バックパック(Seeker)のストラップに取り付けて撮影する際はスイベル式マウントバックルが必須かと感じます。

角度を調節するスイベル部分は、少し硬く動きにくいので長時間動いていてもズレることはなさそうな印象です。

街歩きやVlog撮影でバックパックのストラップにGoProを取り付ける方には、スイベル式マウントバックルは便利なアクセサリーです。

この記事を書いた人

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Blackを使用。
現在はHERO11を使用してます。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoProのアクセサリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント