GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

JOBYのゴリラポッド3K PROキットのレビュー!万能ミニ三脚

卓上で好きな角度や高さに変えて撮影をしたいと考えていたところ、しばらく気になってたJOBYのゴリラポッドの3K PROを購入しました。

本日はJOBYのゴリラポッド3K PROキットのレビューになります。

正直もっと早く買っておけば良かったと感じるぐらい万能なミニ三脚です。

JOBYのゴリラポッド3K PROキット

JOBYのゴリラポッド3K PROキット

JOBYのゴリラポッド3K PROキット
最大耐荷重3Kのゴリラポッドで三脚の先には自由雲台が付属してるものになります。

ゴリラポッドは三脚の脚が自由に動いて高さや角度を調節できることや、脚には滑り止めがありポールなどに巻き付けて使うことができます。

三脚としては調節の自由度が高いゴリラポッドです。

今回は、脚の素材がアルミのタイプを購入しました。ABS樹脂タイプのものは脚の強度に不安があったことや自由雲台がJOBY独自のタイプでアルカスイスプレートが使えないことがありアルミタイプを購入。

JOBYのゴリラポッド3K PROキットの内容物

JOBYのゴリラポッド3K PROキットの内容物

内容物は以下の通りになります。

  • ゴリラポッド本体
  • 自由雲台(アルカスイスプレート互換)
  • 説明書

内容物は非常にシンプルです。

ゴリラポッドの特徴

ゴリラポッドの特徴としてはボールが連なったような脚で自由に曲げることができます。

脚のボールには滑り止めがついてます。

ゴリラポッドの特徴

脚の先には滑り止めがあり「gorillapod」の記載があります。

ゴリラポッドの特徴

付属の自由雲台はアルカスイス互換のプレートがあります。細い感じのプレートです。

ゴリラポッドの自由雲台

自由雲台にはレバーがひとつついてます。これでカメラの向きや雲台の向きを変えたりできます。

ゴリラポッドの自由雲台

取り外して別の自由雲台を取り付けることもできます。

ゴリラポッドの自由雲台

JOBYのゴリラポッド3K PROキットの使用感

ゴリラポッドの自由雲台

使ってみましたが、脚を自由に動かして使えるのは期待通りでよかったです。

今まではマンフロットの卓上三脚を使ってましたが脚の角度が固定で撮影も制限されてました。ゴリラポッドなら細かく調整が可能です。

期待通りに使えることもありますがイマイチと感じることもありました。それは以下の通りになります。

  • 脚が硬い
  • 自由雲台が使いにくい

ゴリラポッドの脚が硬い

ゴリラポッド

購入したばかりかゴリラポッドの脚の動きが硬く調整が少し大変です。

脚が硬く動きにくいので安定していることはありますが調整が大変に感じました。この辺りは使い込んでいくと解決されるかもしれませんが、購入したてでは少し力が必要です。

自由雲台が使いにくい

ゴリラポッドの自由雲台

JOBYの自由雲台は角度調節のレバーが1つしかありません。このレバーでボールの部分や回転の両方を調整することになります。

あとプレートを噛ます部分が細く取り付けにくく感じました。

個別に角度を調整したいことやプレートの部分もしっかりとしたSmallRigの自由雲台と交換しました。取り付けて見てわかりましたがSmallRigの自由雲台でもサイズ感はぴったりという感じです。

最後に

JOBYのゴリラポッド3K PROキットですが、購入前に想定していたような使い方ができて大変満足してます。

手に持って撮影するグリップとしても使えてさっと脚を広げて三脚として使えるのも便利です。

卓上で撮影するときにはこのゴリラポッドがあると細かい調整ができて好きな角度や高さからの撮影が可能です。本当に万能なミニ三脚という感じです。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

アクセサリー
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント