バランスディスクを使う効果と体幹とバランス感覚を鍛えるトレーニング

スポンサーリンク

最近、お腹周りがたるんでいます。

すっきりとした体になりたいと思ってはいるものの行動せず、時間が過ぎるばかり
そして、ダイエットについて調べていると

体幹というものに気が向きました。

そこで、バランスディスクというものを購入しました。

本日は、
バランスディスクを使用することでの効果と、
それを使ったトレーニング方法について紹介します。

スポンサーリンク

体幹とは?インナーマッスルとは?

筋トレグッズで検索していると、
体幹やインナーマッスルという言葉をよく目にすると思います。

体幹とは、胴体のことを指します。
そして、インナーマッスルとは体幹の内部にある筋肉のことです。

インナーマッスルとは、筋トレして鍛えられる表層の筋肉ではなく、深層部にある小さい筋肉。 実は、インナーマッスルを鍛えることで、メタボも隠れ肥満も無縁の女性になれるのです。

引用:インナーマッスルとは? – ウーマンジャパンウーマンジャパン

インナーマッスルを鍛える効果

姿勢が良くなり綺麗な体のラインが作れること

お腹のたるみを引き締めること

太りにくい体を作るなどの健康維持

これらのような効果が挙げられます。

内部の筋肉を鍛えることによって、外見をよくする!というイメージです。

姿勢改善に大きく効果を発揮するので老若男女全ての方に共通する部分で、
体のラインを綺麗に見せることや、筋力維持、ケガの予防など
生活する上でも大きなメリットがたくさんあります。

インナーマッスルを鍛えるためバランスディスクを購入

インナーマッスルを鍛えて、
姿勢が良くなりお腹のたるみがすっきりするっという効果を出したい!

っということで、バランスディスクを購入しました。

・表面 ・裏面

こちらは、Amazonで購入。

いろんなメーカーやいろんな商品名で売られています。
機能としてはほとんど変わらないと思います。

私は、RIORESという名前のものを購入しました。
他よりも値段が安かったというのが購入の一番の決め手。なので2つ購入。

バランスディスクは、円盤型のクッション。
バランスボールの薄いタイプというイメージです。

片面はトゲトゲ、片面はプツプツがあります。
バランスディスクに乗った時の滑り止めのような感じですね。

簡単に内容物紹介

バランスディスク本体、空気入れ、説明書。
説明書には丁寧に空気の入れ方が書かれています。

空気の入れ方、空気量、空気の抜き方

空気の入れ方
小さい穴に空気入れをさして、空気を入れていきます。
この際に空気入れの針を根元まで深く差し込んで空気を入れます。

1. 空気を入れる穴を見つけます 2.空気入れの針を深く挿し空気を入れます

空気の量
パンパンにはせずに、パンパンよりも少なめぐらいで調節して使用しています。
乗った時に少しグニャっとする感じです。

空気の抜き方
空気入れの針のみを穴に挿し、バランスディスクをへこますと空気が抜けていきます。

実際にバランスディスク使用してみ1週間経ちました。

両足で1分を目安に乗ってみましたが、バランスを取るのがすごく難しい。

1分ただ乗るだけでも体がかなり揺れます。
2、3回乗ればバランスが取れるようになりました。

現状使い始めて1週間経ちました。

簡易トレーニングでも効果を感じる

私がしているトレーニング方法は、片足でバランスボールの上に立つトレーニング。

片足ずつ、1分30秒を2セット行なっております。

お尻の辺りが鍛えられているような感じで、足首も鍛えられているように感じます。

その他、体幹、インナーマッスルに効いているかどうか。

これは、実感として効いている!っと感じることができていません。
バランスディスクに乗っている時に、無意識的にバランスを取ろうとする動きが、おそらく、効いているのかなぁーと思うくらいです。

その他のバランスディスクを使ったトレーニング方法

バランスディスクを使用したトレーニングを紹介します。

バランスディスクの上に片足立ちするトレーニング。

バランスディスクを使ったスクワット

 座り姿勢でバランスディスクを使うトレーニング

バランスクッションでのトレーニング方法を一気にみる

まとめ

姿勢を意識して普段生活していますか?
私は全然意識していません。
なので、他の方から見た場合どういった姿勢、姿なのかわかりません。

自分の姿勢は他者からの指摘がない限りわからないと思います。

ただ乗るだけでも効果があるようなので継続しやすいですね。
しばらくは、バランスディスクに乗る生活を続けます。

では、

GoProゴープロ、趣味、レビュー等、役立つ情報発信。
遊び場、アイデアの参考になるようなブログを目指し運営。
自称、一人旅や海外が好きな人

スポンサーリンク

■ 記事が気に入ったらシェアをお願いします。

■ フォローはこちらからどうぞ