GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

DJI Pocket 2でできる撮影と基本的な設定についてまとめ

DJI Pocket 2を購入したら操作を少し覚えておくと快適に使うことができます。

本記事では、DJI Pocket 2でできる機能や手にしたら確認したい基本設定について紹介します。

特に難しい操作や覚えることも簡単なのでぜひ確認してみてください。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2の本体でできること

DJI Pocket 2の本体

DJI Pocket 2の本体だけの撮影では以下のことができます。

  • ストーリー
  • パノラマ
  • 写真
  • 動画
  • HDR動画
  • スローモーション
  • タイムラプス

それぞれのでできる設定について記載していきます。

基本的なDJI Pocket 2のスペックは以下の記事から確認できます。

また、スマートフォンと接続するとライブ配信などのモードも利用できます。

ストーリー

ストーリーではカメラの動く方向を設定して4秒の短い動画の撮影ができます。

カメラの動く方向は、上下左右、ズームイン・ズームアウト、時計回り・反時計回り、ランダムと設定ができます。

撮影した映像はFHDになります。

パノラマ

DJI Pocket 2のジンバル部分が動いて分割撮影をしてスマートフォンでパノラマ写真の生成をすることができます。

3×3と180°の2つから選ぶことができて、撮影のカウントダウンの時間を設定できます。

写真

標準の写真撮影をするモードです。

アスペクト比(16:9や4:3)の設定や撮影のカウントダウンの時間設定ができます。

設定から16MPか64MPの設定ができて、プロモードでは露出、ホワイトバランス、フォーマットやオートフォーカスの設定ができます。

動画

動画撮影のモードで解像度やフレームレートは以下の設定ができます。

解像度1080P 16:9、2.7K 16:9、4K 16:9
FPS24、25、30、48、50、60

動画では設定からバッテリー節約か高画質撮影の切り替えができます。

プロモードでは、露出、ホワイトバランス、カラー、オートフォーカス、音量や風ノイズ低減設定、マイクの指向性の変更ができます。

HDR動画

HDR動画の撮影ができるモードで以下の解像度やフレームレートの設定ができます。

解像度1080P、2.7K
FPS24、25、30

スローモーション

スローモーションの撮影のモードで以下の設定ができます。

解像度1080P
倍速4×、8×

タイムラプス

タイムラプスでは、標準のタイムラプスに、モーションラプス、ハイパーラプスの撮影ができます。

タイムラプスの設定間隔:0.5秒、1、2、3、4、5、6、7、8、10、13、15、20、25、30、40、60秒
長さ:無制限、5分、10、20、30分、1時間、2、3、5時間

モーションラプスではタイムラプスの設定に加えてシンバルの動きを設定することができます。

モーション右から左、左から右、カスタム

ハイパーラプスでは解像度や速度の設定が可能です。

解像度1080P、2.7K、4K
倍速×2、×5、×10、×15、×30
スポンサーリンク

DJI Pocket 2の設定

DJI Pocket 2の本体の設定画面

DJI Pocket 2で詳細な設定をする場合は、撮影するモードを選択して本体のスクリーンを上から下へスワイプすると設定項目が表示されます。

それぞれの撮影モードで表示される設定項目は以下の通りになります。

写真ミニスティックの設定、設定、美顔効果オンオフ(16MPのみ)、16MPと64MPの切り替え、プロモードのオンオフ
動画ミニスティックの設定、設定、美顔効果オンオフ(1080P30のみ)、高画質の切り替え、プロモードのオンオフ
タイムラプスミニスティックの設定、設定、プロモードのオンオフ

ミニ操作スティックでできる操作の設定では、スティックの操作でズームにするかカメラを動かすかの切り替えができます。

設定ではDJI Pocket 2自体の設定が可能。

プロモードをオンにすると、露出やホワイトバランスなど設定が可能になります。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2のボタン操作

DJI Pocket 2の本体ボタン

DJI Pocket 2でできるボタン操作ですが、以下の通りになります。

  1. 操作スティック(カメラの向き・ズーム)
  2. ジンバルの動きの切り替え(フォロー、固定、FPV)
    長押しでカメラを固定
  3. 録画ボタン
  4. 写真・動画切り替えボタン
    押し続けることでカメラを固定
    2回押しでカメラを中心に戻す
    3回押しでカメラの向きを前後変える(セルフィー)
    起動ボタン(カメラを外側に向けて起動)
  5. 電源ボタン(カメラを内側に向けて起動)

DJI Pocket 2では起動ボタンが2つあります。

起動してから自分の正面を撮影したいときには本体正面右下にある丸いボタンで、起動して自撮りするなら側面のボタンを押して起動します。

側面のボタンで電源をオフにすることができます。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2でできる撮影と基本的な設定・まとめ

DJI Pocket 2でできる撮影ですが、ジンバル搭載のカメラということもあってかパノラマ撮影ができたり、タイムラプスに動きをつけるモーションラプスの撮影ができます。

1台あるだけで撮影できる映像の幅が広いという感じです。

また、設定に関しては女性には嬉しい美顔効果の機能があったり細かい設定ができるプロモードがあります。

設定によっては注意書きが表示されたりタイムラプスでは設定によって得れる映像の長さなどの情報を表示してくれるので初めての方でも使いやすいカメラです。

この記事を書いた人

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

設定
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント