Insta360から新しいコンパクトカメラ『GO 3S』が発売!詳細はこちらから▶︎
PR

【初心者向け】DJI Pocket 2の本体マイクのおすすめの設定

記事内に広告が含まれています。

Vlogや普段の日常を記録するカメラにDJI Pocket 2で、動画を撮影するなら少しでもいい音で録音したいかと思います。

DJI Pocket 2で録音をするときに、設定を知っておくと環境に適した録音をすることができます。

本記事では、これからDJI Pocket 2で撮影をするという方におすすめな本体のマイク設定について記載していきます。

用途にあわせた設定を紹介します。

この記事でわかること
  • DJI Pocket 2でできる本体のマイク設定
  • おすすめの本体マイク設定
  • 本体マイク使用での注意したい点

※ 本記事では本体マイクでの録音について記載してます、DJI Pocket 2のCreator コンボのワイヤレスマイクの使用は記載してません。

そして、おすすめのマイク設定は以下の通りになります。

おすすめ本体マイク設定
  • チャンネル:モノラル
  • 風ノイズの低減:オン
  • 音量:Auto
  • 指向性オーディオ:全方向

この設定がおすすめな理由に関して詳細に記載してます。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2でできる本体のマイク設定

DJI Pocket 2の本体マイクの特徴としては以下のことがあります。

  • DJI マトリックス ステレオ技術(音声をリアルに録音)
  • カメラの向きにあわせて音声の方向を調整
  • 動画のズームインで音声もズームインされる
  • 指向性オーディオ

DJI Pocket 2の本体のマイク設定でできる項目は以下の通りになります。

  • チャンネル(モノラス・ステレオ)
  • 風ノイズ低減(オン・オフ)
  • 音量(Auto、大、中、小)
  • 指向性オーディオ(全方向、前方、前方、後方)

DJI Pocket 2の設定からProモードをオンにすることでマイクの詳細設定をすることができます。

DJI Pocket 2本体のマイク位置

DJI Pocket 2の本体には4つのマイクがあります。

カメラの方向にあわせて音の方向の調整がされたり、指向性の切り替えができます。

動画を撮影する際にはこのマイクの位置を押さえないように撮影するのが望ましいです。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2の本体マイクで録音サンプル

DJI Pocket 2でできる設定を変更して音を撮影し比べてみました。

ステレオとモノラルでの違い

モノラルで録音した場合にはをスピーカーやイヤホンで音を聞くと左右どちらも同じ音が出ます。

ステレオで録音した場合はスピーカーやイヤホンで聞くと、左右から別々の音がでます。

編集画面では音量のバーで違いを簡単に見ることができます、モノラルはバーで左右同じですが、ステレオは左右のバーの動きが違います。

風ノイズの低減の違い

風ノイズの低減では、風の音の低減をするかどうかの設定が可能です。

オンにすると風の音を抑えることができます。

音量設定の違い

音量の設定の違いでは「Auto」「大」「中」「小」と設定が可能です。

指向性オーディオ

指向性に関しては、収録したい音声の方向の設定になります。

  • 全方向:カメラの前後、左右など周囲の音を収録
  • 前方後方:カメラの前後ろから音を収録
  • 前方:カメラの前の方向の音の収録
スポンサーリンク

DJI Pocket 2でのおすすめの本体マイク設定

実際にDJI Pocket 2で撮影してみて私がおすすめに思うマイク設定は以下の通りになります。

撮影に関してはVlogや日常の記録を目的とした撮影です。

おすすめ本体マイク設定
  • チャンネル:モノラル
  • 風ノイズの低減:オン
  • 音量:Auto
  • 指向性オーディオ:全方向

チャンネル

設定に関して、特に確認したい部分としてはチャンネルで、私はモノラルに設定をしてます。

ステレオに設定して何度か映像を撮影したことがありますが、音声が二重に聞こえるようなことが何度かありました。

音が二重に感じる違和感があり、モノラルに設定をしています。

風ノイズの低減

風がDJI Pocket 2のマイクに当たる音を少し低減ができるので、オンにしておく方がいいかと思います。

オフにしたときに風の当たる音が強く入るような印象がありました。

音量

音量に関してはAutoに設定してます。

声が急に大きくなったり小さくなったりする場合があるのでAutoに設定がおすすめ。

音量を大に設定していると音割れする可能性があるように感じます。

指向性

指向性に関しては、私は普段から全方向に設定してますが、撮影するシーンによって変更がおすすめかと思います。

Vlogなどの日常を撮影する場合には全方向に設定して環境音もある方が臨場感があり、インタビューのような対談では前方後方にして音声がより聴きやすくなる設定になります。

本体マイク使用での注意したい点

普段から本体マイクを使用して録音をしてて、注意したい点があるので記載しておきます。

特に手持ちで撮影しながら音声を収録する場合ですが、手元のDJI Pocket 2と喋る位置や距離はある程度一定にしておくといいです。

喋る位置や距離が変わると音量も変わりやすいです。一定の音量の方が動画は見やすいのでその辺りは気をつけたいところかと思います。

音量を一定にするにはピンマイク・ワイヤレスマイクの使用が望ましいかと感じます。

音量を一定に綺麗な音を収録したい場合にはCreator コンボのワイヤレスマイクの使用はいいかと感じます。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2におすすめな外部マイク

DJI Pocket 2におすすめのワイヤレスマイクは以下の通りです。

有名なワイヤレスマイクとしてはDJIやRODEのものがあります。

私はRODEのワイヤレスマイクを使用してます。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2の本体マイク おすすめの設定 まとめ

DJI Pocket 2の本体マイクの設定ですが、環境や使用用途にあわせた設定をしたいところです。

私はVlog用途でDJI Pocket 2を使用してて、どんな環境でも比較的綺麗な音が入るような設定にしてます。

動画の音に関しては聞きやすさは大きな要素だと思いますので、適した設定にするのがいいです。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラやガジェット、アクセサリーのレビューを記事にしてます。

Pocket
スポンサーリンク

コメント