Insta360から新しいコンパクトカメラ『GO 3S』が発売!詳細はこちらから▶︎
PR

【初心者向け】DJI Osmo Pocket 3でできるおすすめな動画設定を紹介

記事内に広告が含まれています。

DJI Osmo Pocket 3の動画設定ではPROモードをオンにすると詳細な設定をすることができ、

初めてDJI Osmo Pocket 3を使用される方は動画設定はどの設定がいいのか悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

本記事では、DJI Osmo Pocket 3でできる動画設定やおすすめな動画設定を紹介します。

この記事からわかること・ポイント
  • DJI Osmo Pocket 3のおすすめ設定はオートの使用
  • オートがいい理由としてはVlog使用では明るさの調整が楽
  • DJI Osmo Pocket 3はオートで始めてこだわるなら詳細な設定が可能
スポンサーリンク

DJI Osmo Pocket 3でできる動画設定

DJI Osmo Pocket 3は本体の画面の左下のカメラのアイコンをタップすることで撮影モードの切り替えが可能です。

また、本体画面の下から上へスワイプすると、アスペクト・解像度・フレームレートの選択ができます。

  • 動画
    解像度:4K、2.7K、1080P
    フレームレート:24/25/30/48/50/60fps
    (アスペクト比を選択して1:1に設置や縦向きの撮影設定では最高の解像度は3Kになります)
  • 低照度
    解像度:4K、1080P
    フレームレート:24/25/30
    (低照度に設定するとISOの最大値が16000になります、PROモードでカラーの設定ができなくなります)
  • スローモーション
    4K 100/120fps
    2.7K 120fps
    1080P 120/240fps

おすすめな解像度は以下の記事から確認できます。

PROモード

また、ディスプレイの右側から左にスワイプするとPROモードの設定をオンにすることができます。

PROモードをオンにすると以下の設定をすることができます。

PROモードの映像

  • 露出(M:シャッタースピード・ISO設定、AUTO:EV値・ISO)
  • WB(ホワイトバランス)
  • 美顔効果(DJI Mimoに接続して使用)
  • カラー(ノーマル・HLG・D-Log M)
  • フォーカスモード(シングル・連続・製品展示モード)
  • 映像調整(デフォルト、カスタム:シャープネス、ノイズ低減)

PROモードの音声

  • チャンネル(ステレオ、モノラル)
  • ノイズ低減(オン、オフ)
  • 指向性オーディオ(全方向、前方、前方&後方)

PROモードの音声(DJI Mic 2接続時)

  • トランスミッターのゲイン調整
  • トランスミッターのミュート(オン、オフ)
  • トランスミッターのノイズ低減(オン、オフ)

動画の詳細設定をしたい場合にはこのPROモードをオンにしてシャッタースピードやISO、ホワイトバランスの設定が可能です。

スポンサーリンク

DJI Osmo Pocket 3のおすすめ動画設定

DJI Osmo Pocket 3でオートで撮影したりPROモード設定をして撮影を試してみた結果、おすすめな設定は以下の通りになります。

使用用途にもよりますが、DJI Osmo Pocket 3のPROモードをオンにして、詳細設定(露出・WB)はオートがおすすめです。

上記設定がおすすめな理由は以下の通りです。

  • 環境の明るさの変化にうまく対応できる
  • ISOの設定は最大でもノイズ感は少ない
  • 詳細をオートでNDフィルターを使用してもモーションブラーが出る

環境の明るさの変化に対応できる

DJI Osmo Pocket 3は普段撮影やVlog撮影には最適なカメラでどこでも使いやすいカメラです。

日常を撮影する際には明るい場所から暗い場所へいくことが多々あります(例えば、明るいとこから日陰に入ったり、屋外から建物の中に入るなど)

日常撮影では明るさの変化が多くシャッタースピードやISOの設定を固定していると、場所が変わるたびに最適な露出に設定が必要で、そうなると日常撮影としては不便なところがあります。

設定をオートにしておくと場所ごとでの明るさの調整を考える必要がなくなるので撮影に集中できます。

ISOの設定は最大でもノイズ感は少ない

暗所で撮影をした際にISOの最大値が上がりノイズ感のある映像にしたく無いという方は多いかと思います。

ですが、DJI Osmo Pocket 3の動画設定の最大ISO6400は実際に撮影してみたところ、ノイズ感が少ないと感じます。

オートに設定して最大のISO6400に自動的に上がったとしてもノイズがのりにくい印象です。

また、DJI Osmo Pocket 3の低照度動画では最大ISO16000まで設定することができます、ISO16000までにするとノイズ感は目立つ印象です。

動画の暗所撮影の比較は以下の記事で確認してます。

初めて撮影するならオートでの設定がおすすめ

DJI Osmo Pocket 3ではオートで撮影してベストな映像になるような調整がされてるように感じます。

シャッタースピードやISOで明るさ調整をするという知識がなくてもオートで楽に撮影して最大限綺麗な映像にできて初心者の方に優しいカメラという印象です。

私は、シャッタースピードを固定してISOを設定したり、いろんな設定を試して撮影をしましたが今はオートでの撮影をすることが多いです。

Vlogで撮影する場合には、特別な目的がない限りはオートで設定する方が楽に撮影ができます。

PROモードをオンにする意味としてはカラーの設定の変更ができるからオンにしておくといいというのがあります。

スポンサーリンク

DJI Osmo Pocket 3のおすすめ動画設定 まとめ

DJI Osmo Pocket 3は基本的にはオートで綺麗な映像を撮影することができます。

Vlogで使用するには非常に楽に使えるカメラで暗所でISOが最大値になってもノイズ感は少なく綺麗な映像を撮影ができます。

さらに設定をこだわりたい方は、シャッタースピードの設定やISOの設定、カラーを設定して色補正をしたりと楽しむことができるカメラです。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラやガジェット、アクセサリーのレビューを記事にしてます。

Pocket
スポンサーリンク

コメント