DJIからDJI Pocket2が発表と同時に発売開始!詳しくはこちらから

DJI Pocket2でモーションラプス!時間経過の表現に使える撮影方法

DJI

DJI Pocket2は3軸ジンバル搭載で、このカメラだけで時間の経過を短時間で見せることのできるタイムラプス撮影できることはもちろんモーションラプスの映像を撮影することができます。

モーションラプスはある一点からある一点へカメラの向きがをゆっくり移動しながら、その動いている間にタイムラプスの映像を撮影するというものです。モーションラプスは3軸ジンバル搭載のDJI Pocket2だと簡単に撮影することができます。

本日は、DJI Pocket2で撮影したタイムラプス映像やモーションラプスを紹介します。

DJI Pocket2でのモーションラプス映像

以下の動画はDJI Pocket2でタイムラプスとモーションラプスで撮影した映像になります。
13秒ごろからモーションラプス映像が始まります。

タイムラプスとモーションラプスとで撮影をしてみました。
タイムラプスは定点での撮影になり、モーションラプスはカメラが左から右に動きながらタイムラプスの撮影をするというような感じになります。

普通のミラーレスカメラでモーションラプスを撮影する際にはジンバルが必要になりますが、このDJI Pocket2ではモーションラプスの撮影が可能で、小型のジンバル搭載のカメラならではの撮影になります。

今回DJI Pocket2でタイムラプスやモーションラプスを撮影してみて感じたことですが、撮影をするタイミングが大切ではないかと感じます。日の出や日の入りのタイミングで撮影すると明るいところから暗くなる時間の経過を撮影できるのでいい表現ができるかと思います。

DJI Pocket2のモーションラプス撮影設定

DJI Pocket2のモーションラプス撮影設定

DJI Pocket2でモーションラプスの設定ですが、撮影モードの切り替え画面でタイムラプスを表示させてそこから右から左に画面をスワイプします。すると、タイムラプス、モーションラプス、ハイパーラプスと選択ができます。ここでモーションラプスを画面に表示させてタップすると撮影の状態になります。

モーションタイムラプスではカメラの動く向き・方向を決めて撮影間隔・時間を設定することができます。

モーションラプスの詳細な設定をしたい場合は、モーションラプスを画面に表示させた状態から右から左にスワイプします。そこではカメラの動きを設定ができます。『左から右』、『右から左』、『カスタムモーション』を選択できます。

DJI Pocket2のモーションラプス撮影設定

カスタムモーションを選択するとカメラが動く最初の点と最後の点を自分で決めることができます。
画面中央に+のマークが出ている状態でカメラの部分を撮影開始したい部分に向けます。
(カメラ部分を手で動かして方向を決めます。)向きを決めたら画面の+をタップ。そして再度カメラの向きを手で動かして終わりの点を決めたら撮影のボタンを押します。これで自分の決めた点から最終の点まで動くモーションラプスができます。

DJI Pocket2のモーションラプス撮影設定

『左から右』、『右から左』、『カスタムモーション』を選択する画面でさらに右から左にスワイプすると撮影の間隔や撮影の長さを設定することができます。
撮影の間隔は、0.5、1、2、3、4、5、6、7、8、10、13、15、20、25、30、40、60秒
撮影の長さは、5、10、20、30分、1、2、3、5時間
この間隔と長さを選択すると画面下に動画の時間が表示されます。

DJI Pocket2のモーションラプス撮影設定

これでモーションラプス撮影の設定ができます。

DJI Pocket2のモーションラプス撮影に便利な機材

DJI Pocket2のモーションラプス撮影の機材

タイムラプスやモーションラプス撮影をする場合には長時間の撮影になります。
DJI Pocket2を長時間置いて撮影するので三脚があると便利です。

私は携帯性もいいUlanziミニ三脚を使って撮影しています。持ち歩きのグリップにもなるので便利です。高さを調節したい場合は別のものがいいかと思います。

あとは、モバイルバッテリーがあると給電をしながらの撮影も可能のようです。

まとめ

DJI Pocket2ならではの映像が撮影できるモーションラプスの機能になります。小型のカメラで使用用途はたくさんあるので是非試してみてください。Vlogでもこのタイムラプスやモーションラプスの映像は使えて、動画の中でもトランジション的に使えて時間の経過を見せるにはとても役立つ機能です。

コメント