ビデオカメラは不要!子供の入学式や運動会をキレイに撮影する機材

スポンサーリンク

もうすぐ入学式の季節。

4月です。子供の入学式がありこの時期の手前の3月頃に、

ビデオカメラを購入する方が多いのではないでしょうか?

ただ、もう時代は変わってきております!
ビデオカメラ不要ではないかと。

今回は、ビデオカメラを購入するよりも便利な機材を紹介します。

新たしいビデオカメラを購入しようかどうかと迷っている方は
是非参考にしていたけると幸いです。

スポンサーリンク


ビデオカメラが不要な4つの理由

ビデオカメラが不要な4つの理由は以下の通り、

  • スマートフォンの普及
  • スマートフォンの進化
  • SNSでシェアする時代
  • 動画を簡単にみんなで観れる

以上の4つの理由があります。具体的に説明していきます。

スマートフォンの普及

わざわざ、今からビデオカメラを持ち出すことなく撮影することができる現在。

子供の成長の記録を記録するために、ビデオカメラの購入をしなくても
いつでもどこでも簡単にアプリを一つ立ち上げるだけで動画の撮影をすることが可能です。

手軽に動画を撮影するということが誰にでもできる世の中になったという点が挙げられます。

スマートフォンの進化

また、スマートフォンが進化し続けていること。
動画撮影機能も最新のスマートフォンは4k映像を撮影することができます。

また、スマートフォンで撮影することで、
容量を気にせずに撮影することができることも挙げられます
容量が増えてくれば、クラウドストレージにアップロードし、
本体に空きの容量を簡単に作ることができます。

撮影した動画もそのままスマートフォンで編集することができるところも便利な点です。
こういった複数の機能はビデオカメラ一つに全て搭載されてはいないのではないでしょうか。

SNSでシェアする時代

時代は、SNSを通じて撮影した画像や動画を簡単に誰とでもシェアする時代です。

アプリを通じて、人と簡単に撮影したもののシェアが簡単できます。

ビデオカメラでは、スマートフォンに転送する機能があるものは、
スマートフォンを経由させてSNSでシェアすることができますが、
そのような機能がない場合、一度パソコンにデータを入れてから
シェアすると少し手間がかかります。

動画を簡単にみんなで観れる

スマートフォンにある動画をテレビ画面で見ることも簡単にできます。

AppleTVやGoogleChromecastを使用すると無線でテレビ画面に、
スマートフォンの画面を写すことができます。

ビデオカメラの場合、有線で接続でテレビ画面に映します。
毎回ビデオカメラの映像を見るたびに、
テレビの裏側のどこに接続するか確認するのも煩わしいです。

スマートフォンの普及や、スマートフォンの技術の進歩によって
映像を見る環境も大きく変わってきました。
なので、私の意見としては、もうビデオカメラは不要なのではないかと。

それでもビデオカメラを買うならオススメは?

それでもビデオカメラを買うなら、やはり個人的なオススメは、Goproゴープロです。

なぜGoproゴープロなのか?

個人的にGoproゴープロを使っていて、
スマートフォンとは違う使い方ができている点でもいいと感じています。

他のビデオカメラとは違い、持ち運びしやすい点や、
スマートフォンに写真や動画を簡単に転送できて、SNSにアップできる点。
また、使用している人が多いので、問題が起きたとしても、
インターネットで事例や解決策が出てくる点。
撮影する場所も環境も関係なく撮影できることもいい点です。

子供とプールに行って撮影したい!っとなった時、
スマートフォンを使って撮影するにも防水でないスマートフォンなら撮影するのは、
浸水など不安です。
防水機能のあるビデオカメラもありますが、撮影後にデータの転送など手間がかかります。

子供や家族を一年中、春夏秋冬すべて、
どこでも活躍できるビデオカメラを買う方がいいと思います。

なので、Goproゴープロがオススメです。

スマートフォンで撮影することの不安

どんなにスマートフォンの技術が進歩していても、
スマートフォンで撮影することに、不安がある方もいるかと思います。

実際に私が妹夫婦に聞いてみたところ、

スマートフォンである程度、子供の撮影に満足しているが、
スマートフォンのバッテリーが無くなること、
スマートフォンで撮影すると手ブレがやはり気になる

バッテリーがなくなって、スマートフォン本来の使用ができなくなってくる点が心配と、
動画撮影をしても手ブレ機能がもっと改善してほしいということでした。

やはり動画を長時間撮影するときには、バッテリーはモバイルバッテリーを持っていくと
バッテリーの問題は解決されます。私自身は、普段からモバイルバッテリーを持ち歩いているいるので、このような不安は感じませんでした。

Ankerのモバイルバッテリーがとても早く充電できるので便利ですよ。

手ぶれに関しては,
スマートフォンの機種によって手ぶれ補正の機能がよく働いているかどうかで違ってきます。
これが大きな問題です。が、

この手ぶれ補正の問題を解決するすごくいいアイテムがあります。

私自身、実際に購入し使ってもいます。

手ぶれを気にせず綺麗な動画を撮影する機材

スマートフォンでの撮影時、手ぶれを補正するとても便利なアイテムとは、
ジンバル/スタビライザーです。
人によっては、ジンバルと呼ぶ方もいれば、スタビライザーと呼ぶ方もいるようで、
正しくは、ジンバルのようです。

最近、テレビでもよく取り上げられています。
アメトーーーークの家電芸人の回でも、ジンバルが紹介されていました。
手ブレが全くなくヌルヌルとした動画が撮影できます。
そのとき紹介されていたのがDJI Osmo Mobile2

ただ手ブレを補正するだけでなく、片手で写真撮影や動画撮影の切り替えや
インカメラアウトカメラの切り替えができる機能で簡単操作ができます。
さらに何と言っても、自動追跡撮影。
被写体を自動で追跡して撮影してくれるのでとても便利です。

私が、購入したジンバルは、Feiyutech SPG

これを購入したきっかけは、
スマートフォンとGoproゴープロどちらでも使用が可能なことと、
防滴機能があることでこのジンバルを購入しました。

縦にして撮影することも可能です。

まとめ

元気な子供を撮影するときには、手ブレが全くない綺麗な動画を残したいですよね。

子供の運動会の撮影では、応援に白熱して、
動画を見返して見ると、すごい手ブレで動画が見づらい。なんてことがないように。

ぜひ、スマートフォンとジンバルを合わせて使用して見てはいかがでしょうか?

そんな、ジンバルについて、詳しく知りたい場合はこちらも参考にしてください、どうぞ。

Goproゴープロやスマホで動画撮影をして、 家に帰って動画を見返すと、 手ブレがひどすぎで、見たくないっということがよくあります。 ...

GoProゴープロ、趣味、レビュー等、役立つ情報発信。
遊び場、アイデアの参考になるようなブログを目指し運営。
自称、一人旅や海外が好きな人

スポンサーリンク

■ 記事が気に入ったらシェアをお願いします。

■ フォローはこちらからどうぞ