年に一度のAmazonプライムデーがくる!キャンペーンやポイント還元を多くもらう!詳細はこちらから

子供の撮影をする!入学式や運動会、日常を撮影するにはどのカメラがいいか

GoPro

入学式に運動会、日々元気な子供姿を撮影する機会がたくさんあります。ビデオカメラを購入する方が多いますが、時代とともに撮影しようするカメラも色々と変わってきおります。

今回は撮影にはどのカメラがいいか、また便利な機材を紹介します。
カメラの購入で迷っている方は是非参考にしていただければと思います。

子供の入学式・運動会、日常を動画撮影するカメラ

入学式や運動会、日々の日常を動画で撮影するカメラとしては、手ぶれ補正やズーム機能が必須の項目になるかと思います。

動画を撮影するカメラとして検討したいのは以下のカメラがいいかと思います。

  • ミラーレスカメラ
  • アクションカメラ・小型カメラ
  • スマートフォン

ここではビデオカメラとして販売されているものは検討から外します。
どの端末でも動画の撮影が簡単になってきておりビデオカメラが不要になってきています。

ビデオカメラが不要になってきている理由としては、以下のことが考えられます。

  • 綺麗な動画が撮影できるスマートフォンの普及
  • ミラーレスカメラでも時間制限なく撮影できる
  • 動画をSNSでシェアする時代

動画撮影するカメラは何がいいか

ここでは、ミラーレスカメラ、アクション・小型カメラ、スマートフォンのそれぞれの特徴やどれがいいのかを記載していきます。

予算の都合や入学式や運動会以外でも気軽に使えるカメラという意味を含めて以下を紹介していきます。

ミラーレスカメラ

昨今、ミラーレスカメラでの動画撮影が一般的になってきています。綺麗な背景ボケをさせたりシネマティックな作品性のある映像を撮影することができます。

最近のミラーレスカメラでは本体やレンズに手ぶれ補正があり、手振れに強くなった機種が多数あります。また、ミラーレスカメラを載せるジンバルも販売されているので手振れの心配なく撮影ができます。完璧に手振れを無くしたいという方にはジンバルの使用がオススメです。

また、ズームレンズを使用すことで画質を落とすことなくズームができます。

ミラーレスカメラはボディーとレンズを揃えるだけでも値段が高く予算がオーバーするという方には、コンパクトデジタルカメラもオススメです。最近ではコンデジでもかなり綺麗な映像を撮影することができます。

おすすめのミラーレスカメラはSONYのカメラαシリーズです。以下が動画に強い機種になります。

  • 予算はたくさんある!動画に特化したいなら、α7S Ⅲ、FX3
  • 予算はそこそこ!綺麗に動画を撮影したいなら、α7c、α6600
  • 低予算!動画を気軽に撮影したいなら、ZV-1

(※私が友達にカメラの購入相談をされた場合こう答えます。)

個人的におすすめなのはZV-1になります。Vlog用のカメラとして販売されて本体自体も軽く撮影も簡単にできます。

イマイチな点を記載しておくと手ぶれ補正の機能はありますがそこまで強くないです。これは、後で記載するGoProやDJI Pocket2に比べると手ぶれ補正が強くないという感じです。

SONYの手振れを補正することができるCatalyst Browseのソフトを使うと手振れを補正することもできますが、若干の手間があります。
また、SNSへの投稿をする場合はスマートフォンに転送するという作業が必要になります。

検討したい際に画角の狭さやズーム倍率に関しても注意したいところです。自撮りの際には画角が狭く感じます、人を写す際には画角はそこまで大きな不満にはならないかと思います。手振れの方が気になるかもしれません。

アクションカメラ・小型カメラ

アクション・小型カメラ。
アクションカメラでオススメはGoProで、小型カメラでのオススメはDJI Pocket2になります。

両方とも手振れに関してはかなり強力です、適当に歩きながら撮影した映像でも手振れを感じることはありません。GoProにはHypersmoothの機能、DJI Pocket2にはカメラ部分がジンバルになっています。

それぞれで何が違うかというと、GoProはアクションカメラなので耐久性があり防水機能を備えています。DJIは耐久性はGoProほどありませんが、ジンバルをいかした撮影(モーションラプス)をすることができます。
GoPro HERO9とDJI Pocket 2購入するならどっち?スペック、機能で比較

ズームはできますが正直イマイチです。GoProに関しては動画の撮影中にズームすることができません。DJI Pocket2は動画撮影中にズームは可能ですが2倍までになります。
ズームができないことの対策としては4Kで撮影して後から編集時に拡大をしてFHDで書き出すなどの作業が必要です。

入学式や運動会ではあまり向かないカメラかもしれませんが、それ以外の日常を撮影するカメラとしては最適です。

【GoPro公式限定】GoPro HERO9 Black + 認定SDカード + ドライバッグ + ステッカー 【国内正規品】
GoPro(ゴープロ)
【SDカード+非売品ドライバッグ&ステッカーがセットに】すぐに撮影が可能なSDカードがはじめからセットに。【23.6MPの超高性能センサーを搭載】HERO9 Black は、最大 5K/20MPの解像度で、ズームイン時も細部まで鮮明に驚異的な品質のビデオが撮影できます。新しく搭載された前面ディスプレイでライブプレビューが可能となり、簡単にフレーミングを行うことができます。さらに、タッチズーム機能を搭載した大型の背面タッチスクリーンでは、素早く直感的な操作が可能です。                                        
【国内正規品】 DJI POCKET 2 Creator コンボ 黒
DJI
手にすっぽり収まるDJI Pocket 2は、鞄やポケットに収納して、どこにでも持ち運べます。

スマートフォン

スマートフォンの動画撮影機能がかなり進化しています。
最新のiPhoneでは10bit HDRでの動画撮影が可能になっています、他のカメラではハイスペックのモデルに搭載されている機能になります。

iPhoneでは手振れもそこそこ強くなっています、スマートフォン用のジンバルも販売されているのでジンバルを使うと手振れをほぼ無くすことができます。

また、SNSへの投稿も撮影してからすぐアプリを開いて投稿ができるので動画データの取り込みの作業がありません、この辺りはスマートフォンの手軽さがあります。

ズームの機能に関してはアクションカメラや小型カメラと同じ感じです。あまり期待できません。
ただ、カメラ機能がよくなっているのでズームの必要のないときには便利です。

スマートフォン用のジンバルは以下のものが安定しています。

【国内正規品】DJI OM 4 スマートフォンジンバル
DJI
コンパクトなスマホ用ジンバル。高度なブレ補正で、スマホでも本格的な映像撮影が可能です。

まとめ

入学式や運動会以外に日々の記録としての軽く撮影をする場合はGoProやDJI Pocket2、スマートフォンがいいかと思います。

ミラーレス用のジンバルですが、DJIが一番いいかと思います。スマートフォンから操作をすることも可能でミラーレスカメラでのモーションラプス撮影などが可能になります。

【国内正規品】DJI RSC 2 スタビライザー
DJI
ミラーレスカメラやデジタル一眼レフカメラ向けに設計された、このコンパクトなスタビライザーは、折りたたみ設計と直感的に操作できる機能を備え、ワンオペが求められる世界中の映像制作者やコンテンツクリエイターを強力にサポートします。

最後に

入学式や運動会など日常を記録したいなら取り回しのいいカメラがオススメです。
撮影から編集までを1つので済ませたいならiPhoneがとても便利ですし、水周りでもどこでも撮影できるGoProも便利です。Vlog的に撮影するならDJI Pocket2もいいかと思います。
背景ボケをさせたり少し作品性を持たせた映像に仕上げるならミラーレスカメラやZV-1でもできます。

子供の撮影でそれぞれのカメラを使い分けるのもいいかもしれません。

コメント