書家に聞いた!すぐ誰でも簡単に綺麗な字を書く方法!7つのコツ

雑記

メールで文章を作ることやパソコンで文字を打つ作業が増えてから手書きで字を書くことが減りました。そして、字を書いたとしても自分がわかればいい走り書きのような字しか書いていない。いつの間にか字を丁寧に、綺麗に書くということが減りました。

ただ、字を書かなければならない時が訪れます。結婚のご祝儀袋の表書きや手書きでお礼状を書く際など

そんな時に誰に見せても恥ずかしくない字をかけるように、
誰でも簡単に綺麗に字を書かけるようになる方法と7つのコツを知り合いの書道の先生に聞いたので紹介します!
これから紹介するコツを使ってうまく綺麗に字を書く練習をして見てはいかがでしょうか?

自分の字を綺麗に書きたい方や自分の文字に自信がない方は参考にしていただけると幸いです。

綺麗な字って一体どういう字なの?

そもそも綺麗な字ってどういう字なのかそんな疑問がふとわきました。
綺麗な字って人それぞれ判断が違うと思いますし、

一体どんな字が綺麗な字というのかが全くわからない。

こういう文字が綺麗な字だ!っというものが知りたい!
この疑問を書家の方にぶつけて見たところ、

綺麗な字と言われる字は、
線質や字のバランスや全体のバランスなどから決まってくるようで、
手っ取り早くこれが綺麗な字だ!というサンプルが知りたい場合は、

一度、教科書体というフォントで字を打って見てはどうかということでした。

私のパソコンでは游教科書体というものがあったのでそれを正解として綺麗な字のサンプルとして使います。

一度自分の名前をこのフォントで打ってみて、綺麗な字を知ることから始めてみましょう。

綺麗な字の書き方に必要な4つのコツ

字を綺麗に書くために必要な要素として4つあります。

  • ペンの持ち方
  • 腕の動かし方
  • 姿勢
  • 文字は中心に沿って書く

この4つのコツを意識して字を書くだけでも変わります。
普段からこれを意識して字を書いていくと綺麗に書けるようになるようです。

ペンの持ち方

人差し指、中指、親指の3本でつまむように軽く持ちます。
この持ち方をすると、指でペンを動かすことがとても簡単です。
あまり力を入れずにペンを握ることも大切です。

ここで大切なことは、指でペンを動かす可動域を取ることです。

ペンを持つ3本の指を伸ばしたり、曲げるだけでも大きな可動域を取ることができます。

腕の動かし方

書道の先生曰く、まっすぐな線を書くのはとても難しいと。
まっすぐな線を引くには肘と肩をうまく動かして線を引きます。
肩と肘を意識することが大切

これらを意識した方向に動かすことによってまっすぐの線を書くことができます。
腕を意識せずに動かして字を書いていくとだんだんと字の列が斜めになっていきます。
常にまっすぐに動かせているかを意識てください。

姿勢

腕の動かし方にも関わる部分ですが、
字を書く際には、真っ正面から姿勢をただして書きましょう
すごく単純なことですが、意外と忘れてしまうことです。
背筋を伸ばして紙を自分の中心に起き、字を書きましょう。

中心に沿って字を書く

縦書きで文字を書く際には、一本線を引いてその線を中心として文字を書いていきましょう。
ガイドラインの役割を果たします

以上が綺麗な字を書く必要な4つのコツです。

簡単に字を綺麗に見せる3つコツ

簡単に綺麗な字を書く3つのコツを紹介します。

  • 字の線、横は細く、縦は太く
  • 字のバランス、上は大きく、下は小さく
  • 偏と旁は、少しの空間を作る

以上の3つのコツがあります。
これら3つのコツを具体的にわかりやすく理解できるように書家の方に字を書いてもらいました。この字を参考に説明していきます。日本人に多い苗字と名前を書いていただきました。

字の線、横線は細く、縦線は太く

文字を書く際、横の線は細く、縦の線は太く見せることで綺麗な字になります。
明朝体の字をよく見てみると横線は細く、縦線は太くなっていることがわかります。

字のバランス、上は大きく、下は小さく


文字の上を大きくし、下側を小さくすることです。
綺麗な文字のバランスを取ることができます。

偏と旁は、少しの空間を作る


偏と旁の間に少し空間を作ること
で、文字のバランスを整え、字の窮屈な印象をなくすことで綺麗な字に見せることができます。少し意識して空間を作って見てください。

以上が字を綺麗に書く3つのコツです。
これらを意識して、最低でも自分の名前だけは綺麗に書けるようにしておくと、急な必要時でも対応ができます。

綺麗な字を書く注意点

すごく基本的なことですが、
字の書き順や跳ねる部分やはらう部分、止める部分は、しっかり守って字を書くこと。
わからない場合は、書きたい字を游教科書体にしてみると確認できます。

そして、綺麗な字を書く上で、
ボールペンで字を綺麗に書くのはとても難しいとおっしゃってました。
っと言うのは、線に強弱がつけにくいため線の太さと細さがでず難しいためです。

横の線は細く、縦の線は太くするということもボールペンでは表現しにくいです。
一本は筆ペンを持っているといいです
字の練習やご祝儀袋の表書きも筆ペンを使って書くので一本は持っていたいです。
どこのコンビニでも売っているので急な必要時にはすぐ購入できます。

書家の方がオススメされていた筆ペンはです。ぜひ試してみてください。


実際に綺麗に字が書けるか書いてみた

  • ペンの持ち方
  • 腕の動かし方
  • 姿勢
  • 文字は中心に沿って書く
  • 字の線、横は細く、縦は太く
  • 字のバランス、上は大きく、下は小さく
  • 偏と旁は、少しの空間を作る

以上、7つのコツを意識して字を書いてみました。
実際に書いてみた字がこちら

感想としては、まっすぐな線を引くことが難しかったです。

横線を細く、縦線を太くするということを守るだけでも字にメリハリがついて綺麗にかけていると感じることができました。このコツを意識するだけでも大きく変わると思います。

練習を少しするだけで綺麗な字を書けるようになると思いました。
ちょっとしたコツで字の見え方が変わるのはとてもすごいです。

ぜひ、お手元に紙を用意して上記にある7つのコツを意識しながら字を書いてみてください。
実際に書いてみるとこんなちょっとしたコツで随分と変わるなぁと実感できるはずです。

まとめ

すぐにでも実践できることなので、簡単に取り組むことができると思います。

綺麗な字を書くことができると相手に伝わる印象も変わってくるはずです。
私自身も、綺麗な字をみると目を引きますし綺麗な字の人にはいい印象が残ります。

今一度改めて自分の字を見返して綺麗な字を書く意識を持って見てはいかがでしょうか。
ちょっとした知識として頭に入れておいてもらえると幸いです。

コメント