GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

GoPro HERO11で動画撮影!映像イメージや設定、アプリで動画編集のやり方を紹介

新しいGoProはどのような映像が撮影できるのか、また実際に使ってみた操作感について気になる方も多いかと思います。

本記事では、GoPro HERO11 Blackの動画撮影についてスペックや動画撮影でできる設定、撮影したイメージ、そしてアプリでの動画編集の方法について記載してます。

以下がGoPro HERO11の簡単な撮影可能なスペックや操作性の印象です、それぞれの項目について詳しく記載します。

GoPro HERO11 Blackの動画撮影
  • 最大5.3K60、5.3K30 8:7
  • 10ビット設定
  • 超広角レンズ、強力な手ぶれ補正
  • プリセットで撮影可能
  • タッチスクリーンの反応改善
  • 精細感のある映像が撮影可能

GoPro HERO11 Blackの購入の検討をされてる方の参考になればと思います。

スポンサーリンク
新しいGoPro HERO 11 Blackが発売開始!

2022年9月14日、新しいGoPro HERO11 Blackが発表されました。

GoPro HERO11 Blackからの動画での新しい設定

GoPro HERO11 Black本体

GoPro HERO11 Blackから動画の設定で新しく追加された項目は以下の通りになります。

アスペクト比8:7
ビットレート120Mbps
手ぶれ補正HyperSmooth 5.0
レンズHyperView、リニア+水平ロック
階調10ビット

HERO11からは新しいアスペクト比が追加されており、撮影後に編集で横向きにしたり縦向きに変えることができます。

HERO11で撮影した動画はアプリの編集機能でアスペクト比の変更やレンズの設定の変更も可能です。

以下の記事ではHERO11と過去のGoProのモデルのスペックの比較の記載があります。

GoPro HERO11の動画プリセット

GoPro HERO11 Blackのプリセット表示

GoPro HERO11 Blackでは以下の動画プリセットがあります。

  • 標準(5.3K30 広角)
  • フルフレーム(5.3K30 8:7 広角)
  • アクティビティ(4K60 SuperView)
  • シネマティック(5.3K30 リニア+)
  • ウルトラスローモーション(2.7K240 広角)

上記のプリセットの詳細設定を変更して好みに変えたり、新しくプリセットを追加することができます。

新しくプリセットを追加する方法はプリセット選択画面の右上にあるアイコンをタップして+をタップして好みの設定をします。

GoPro HERO11 Blackのプリセットのカスタマイズ

簡単に自分用のプリセットを作ることができます。

スポンサーリンク

GoPro HERO11の動画イメージ

GoPro HERO11 Blackで動画撮影をしてみました。

動画の印象としては過去のモデルよりも精細さがある映像という印象です。

HERO10と比較しても違いがあるのがわかります。

よりきれいな映像を残したい場合にはHERO11はおすすめです。

レンズで映像の違いは以下の通りになります。

スポンサーリンク

GoPro HERO11の動画を編集する方法

GoPro HERO11 Blackとスマートフォン

GoPro HERO11 Blackで8:7のアスペクト比で動画撮影をしてから編集時に縦向きや横向きにすることができます。

スマートフォンのアプリ『Quik』の編集からは以下の項目が設定できます。

  • クリップ:動画の長さ・トリミング
  • レンズ:リニア、広角、SuperView、HyperView、水平
  • フレーム:フィット(アスペクト比)、レンズ、水平、回転、反転
  • フィルター
  • 速度
  • 調整:自動、露出、コントラスト、自然な彩度、彩度、陰影、ハイライト
  • ステッカー

QuikアプリではGoProからワイヤレスで動画を転送して動画の簡易な調整ができます。

特にレンズや水平の設定はアプリで後から変更することができるのはQuikならではの編集になります。

撮影後にQuikアプリでレンズの変更ができるのはHERO11からの機能です。

HERO11からQuikアプリでレンズの変更ができるようになってます。(HERO10ではレンズの選択項目が使用できません、またリニアで撮影した映像は広角以上への変更はできません)

Quikで簡単な調整をしてから動画編集アプリに入れて編集ができます。

スポンサーリンク

GoPro HERO11の操作性

GoPro HERO11 Blackとスマートフォン

GoPro HERO11 Blackですが、従来通りのプリセット機能があり操作も簡単です。

また、今回のHERO11からは撮影時には解像度もアスペクト比も大きい設定で撮影しておいて後からアプリでアスペクト比の設定やレンズの変更するという操作ができます。

撮影前にGoProを縦向きにしておくとか最初にどのような設定にするかというのが悩むことなく撮影ができて撮影後に設定ができます。

編集の自由度が高くなった印象です。

スポンサーリンク

GoPro HERO11 Blackの動画ファイル

GoPro HERO11 Blackで5.3K30 8:7で動画撮影した動画は以下のような特徴・詳細です。

  • 長時間の動画は分割(12分48秒で分割、11.53GB)
  • 動画コーデック、HEVC(H265)

動画を28分ほど撮影してみたところ12分48秒で分割されファイル上では3つの動画に分かれてました。

1つのファイルは12分48秒で11.58GBで、動画コーデックはHEVC(H265)になります。

スポンサーリンク

GoPro HERO11 Blackの動画撮影 まとめ

GoPro HERO11 Blackですが撮影できる映像もきれいで撮影後にできる編集の幅が広がってます。

撮影開始時には最大限の設定で撮影して、あとから編集で目的(SNS)にあわせて調整できるので撮影前や撮影時に考えることが減り快適に撮影ができます。

あまり編集をしない方でも『Quik』アプリは使いやすく編集がしやすいのでおすすめです。

Amazonで買い物する

Amazonで買い物するならプライム会員になるのがオススメです。

Amazonプライムは年間4,900円(税込)または月間500円(税金)

学生なら、Prime Student!6ヶ月間の無料期間にその後は月額250円。

Amazonプライム特典
  • 無料の配送特典
    ー 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • Prime Video
    ー 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
  • Prime Music
    ー 200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なし
  • Amazon Photo
    ー Amazon Driveに写真を容量無制限で保存い
  • プライム会員限定先行タイムセール
    ー タイムセールの商品を、通常より30分早く注文可能
  • Prime Reading
    ー 対象のKindle本を追加料金なしで読み放題
 \月額500円で無料配送、映画や音楽を楽しめる/
この記事を書いた人

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Blackを使用。
現在はHERO11を使用してます。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

HERO11
スポンサーリンク
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント