GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProを胸につける!チェストマウントと磁気マグネットマウント比較

GoProをボディーマウントする際にはチェストマウントと磁気マグネットマウントがあると両手を自由に撮影ができて便利です。

体の中心にGoProを取り付けて迫力のある映像を撮影することができるボディーマウントですが、チェストマウントと磁気マグネットマウントどちらがいいのか試してみました。

それぞれのマウントでの使いやすい部分やイマイチに感じた部分について記載していきます。

スポンサーリンク

GoProでボディマウント

GoProでスポーツなどのアクションを撮影する際には体へGoProを取り付けるアクセサリーがあると撮影がより快適になります。

ボディマウントはチェストマウントやネックマウントやリュックなどのベルトへつけるマウント、手首にとりつけるリストマウントなどの体へ取り付けするためのアクセサリーになります

ここでは、胸の中心に取り付けるチェストマウントと磁気マグネットマウントを比較します。

スポンサーリンク

GoProのチェストマウント

GoProのチェストマウント
チェストマウントの胸元

GoProを胸の中心に取り付けるチェストマウントで、取り付けも簡単です。

チェストマウントを使った撮影イメージ(サイクリングの撮影をイメージになります)

チェストマウントでサイクリングのイメージ
チェストマウントでサイクリングの撮影

チェストマウントについての印象は以下の通りになります。

  • 両手を自由に撮影できる
  • レンズをSuperViewに設定で腕からハンドルまでを撮影できる
  • 撮影を意識することなくスポーツに集中できる
  • 体にピッタリとついてる感じなので揺れの心配が少ない

胸元にGoProを取り付けてるので邪魔に感じることなく撮影ができます。

撮影してて気になった点は以下の通りになります。

  • カメラの角度調整(上下の向き)に注意が必要
  • GoProのレンズが右にあるので若干かたよった感じになる

GoProの上下の向きに注意が必要です。

特にクロスバイクに乗って撮影する時に感じたことで、クロスバイクに乗って撮影する時には体が若干ですが前傾姿勢になります。

クロスバイクの運転中は前傾姿勢でGoProを少し角度を上げる必要があります。

あとは、GoProのレンズは本体の右側についてることもあってか体の中心に取り付けても少し右側にかたよる感じがあります。

GoProのレンズが体の中心になるようにするといい感じです。

少し注意したい部分もありますが、簡単に使えて便利なアクセサリーです。

クロスバイクなどのサイクリングの動画を撮影するならチェストマウントにハンドルバーのアクセサリーがセットになってるスポーツキットのアクセサリーはおすすめです。

スポンサーリンク

Ulanziの磁気マグネットマウント

Ulanziの磁気マグネットマウント
胸元にUlanziの磁気マグネットマウント

ボディマウントにはUlanziの磁気マグネットマウントも使いやすくて便利です。

体への取り付けも簡単で、首からかけれるプレートを服の内側へ入れてGoProをマウントしたプレートを服の外側からマグネットで取り付けます。

Ulanziの磁気マグネットマウントについては以下の記事で記載してます。

Ulanziの磁気マグネットマウントを使用して撮影したイメージ

Ulanziの磁気マグネットマウントでサイクリングのイメージ
Ulanziの磁気マグネットマウントを使用して撮影したイメージ

チェストマウントについての印象は以下の通りになります。

  • マウントの着脱が簡単で取り外しが楽
  • プレートでGoProのアクセサリーの取り替えが楽
  • GoProを真正面に向けやすい
  • 首のストラップでGoProの細かな位置調整ができる

マグネットで取り付けの手軽さは感じます。

GoProの取り付け位置を自由に調節できるのは便利でGoProのレンズを体の中心に持ってくることができます。

撮影してて気になった点は以下の通りになります。

  • GoProの角度や向きに注意が必要
  • 取り付け時には服のたわみを意識する必要
  • 服の動きでGoProが揺れる
  • 服の厚みによっては外れやすいかも

マグネットのプレート同士で服をはさんで取り付けるので服の動きやたわみでGoProが動いたり向きを調整するのが若干難しい感じがありました。

体への取り付け位置の自由度はありますがGoProの角度やGoProの重さで服が引っ張られることを意識しての取り付けが必要です。

慣れれば問題ないかと思いますが注意したいところです。

あと外れる心配は少ないですが、激しめのアクションをする際にはマグネットの外れる心配がありそうです。

撮影を開始してからでもスマートフォンでプレビュー確認できるようになるとより取り付けが簡単になるかと思います。

スポンサーリンク

チェストマウントと磁気マグネットマウントどっち?

ボディーマウントの使用イメージ
サイクリングで使えるマウント

チェストマウント磁気マグネットマウントですが、両者を使って感じた印象は以下の通りです。

撮影で失敗しにくいのはチェストマウントで撮影の自由度が高いのは磁気マウントという印象です。

チェストマウントは体にピッタリとくるので揺れを気にすることなく、GoProの上下を意識するだけでいいということがあります。

この点は磁気マウントよりもいいと感じるところです。

磁気マウントは服に取り付ける感じでGoProの角度や向きの調整が少し難しいことがあります。

ですが、体の設置に関しての自由度は高くて簡単取り付けは非常に便利です。

あとは、磁気マウントは他のアクセサリーにマグネットのプレートをマウントしておくとGoProのアクセサリーの取り替えもより簡単になります。

チェストマウントと磁気マグネットマウントそこまで値段も高くないので両方所有しておいて場面に合わせて使い分けるのもいいかと感じます。

スポンサーリンク

最後に

GoProのチェストマウントとUlanziの磁気マグネットマウントの比較になります。

アクションをする上ではボディマウントがあるとより迫力な映像を撮影することができます。

どちらのマウントもいい部分もあればイマイチの部分がありましたが、GoProの角度や向きなどは使っていくうちに慣れてくるのではないかと感じてます。

Amazonで買い物する

Amazonで買い物するならプライム会員になるのがオススメです。
Amazonプライムは年間4,900円(税込)または月間500円(税金)

Amazonプライム特典
  • 無料の配送特典
    ー 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • Prime Video
    ー 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
  • Prime Music
    ー 200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なし
  • Amazon Photo
    ー Amazon Driveに写真を容量無制限で保存い
  • プライム会員限定先行タイムセール
    ー タイムセールの商品を、通常より30分早く注文可能
  • Prime Reading
    ー 対象のKindle本を追加料金なしで読み放題
 \月額500円で無料配送、映画や音楽を楽しめる/

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoProアクセサリー
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント