DJIからDJI Pocket2が発表と同時に発売開始!詳しくはこちらから

DJI Pocket2の動画の取り込み方法と注意したいこと

DJI

DJI Pocket2で撮影した動画データの取り込みについて、ここでは動画の取り込み方法と注意したい点について記載していきます。

DJI Pocket2、動画の取り込み方法

iPhoneにDJI Pocket2を接続

DJI Pocket2から動画データをPCやスマートフォンに取り込む方法としては2つ方法があります。

  • iPhone、スマートフォンに接続しアプリから動画を取り込み
  • microSDカードを取り出してPCに接続して動画を取り込み

スマートフォンのアプリを使って動画を取り込む方法とmicroSDカードから動画を取り込む方法があります。
それぞれの取り込みについて記載していきます。

DJI Pocket2、アプリから動画の取り込み

iPhoneにDJI Pocket2を接続

DJI Pocket2をiPhoneやスマートフォンに接続してアプリから動画を取り込む方法があります。iPhoneの場合、アプリから動画を取り込むと写真アプリに動画が保存されます。

取り込んでからDJI Pocket2のアプリで動画を編集したり、そのままSNSへの投稿も簡単にできます。
動画の取り込みの手軽さはあります。PCを使わずにスマートフォンだけで完結される方には便利です。

動画取り込みで注意したいこと

ただ、このスマートフォンに接続する方法で注意したい点があります。

それは4Kで撮影した動画を取り込もうとした際に上の画像にあるようなコード変換の記載が出てきます。

現在のスマートフォンのモデルでは、選択したファイルの直接保存に対応していません。[スキップ]をタップするか、ファイルを1080pにコード変換してダウンロードしてください。

コード変換をすると1080pで保存されます。現状私の使用しているiPhoneはiPhone SEなのでこの表記が出てきているのかもしれませんが4Kでの保存ができないという状態。

SNSに投稿するなら1080pで十分ですが、4Kの動画を利用したい方はmicroSDカードから動画の読み込みをする必要があります。

DJI Pocket2、microSDカードから動画の取り込み

DJI Pocket2とmicroSDカード

DJI Pocket2からmicroSDカードを取り出して動画を取り込む方法です。アプリを使わずにPCなどにmicroSDカードを接続して動画を取り込みます。

この方法だと4Kの動画もそのまま取り込むことができます。4K動画を扱いたいので私はこの方法でPCに動画データを取り込んでいます。普通のカメラと同じように動画データを取り込みます。

microSDカードの接続にはSDカードリーダーを使用。対応するSDカードリーダーが望ましいです。

DJI Pocket2とmicroSDカードとカードリーダー

私はAnkerのSDカードリーダーを使用しています。

動画データの取り込みですが、接続すると以下のようなファイルがあります。
PANORAMAと100MEDIA(※iPadのファイルアプリで開いています)

ファイルアプリ

PANORAMAはパノラマ写真の分割された写真が入っています。1枚のパノラマ写真にするならスマートフォンとの接続をしてアプリで作成する必要があります。

パノラマ写真の扱い方に関しては以下の記事をご確認ください
DJI Pocket2で写真・パノラマの最適な撮影方法とデータ取り込み

100MEDIAの方に動画データがあります。その中のDCIMに動画があります。ここから動画を選択して取り込みます。

ファイルアプリ

これで4Kの動画をパソコン内に保存することができます。

最後に

DJI Pocket2で撮影した動画データの取り込みについて動画の取り込み方法と注意したい点になります。動画をどのように使うかによって最適な取り込みがあるかと感じます。

SNSに投稿する目的の場合はスマートフォンで動画を取り込んで簡単に編集が快適です、またしっかり編集をする際にはPCに取り込むなどがいいかと感じます。

基本的にどちらの方法でも動画は取り込むことができます。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

satoをフォローする
DJI
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント