GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

DJI Pocket 2のジンバルの基本的な操作!おすすめ設定

DJI Pocket 2はカメラの部分にジンバルが搭載されており安定した映像を撮影することができます。

カメラ部分のジンバルですが初めて使う方は操作に慣れないかと思います。

本記事では、DJI Pocket 2のジンバルの基本的な操作と初心者でも使いやすい設定や操作について記載していきます。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2のジンバルの設定

プレビュー画面をしたから上にスワイプするとジンバルの設定を出すことができます。

設定項目は以下の通り

  • 中央に戻す(カメラの位置を中央に戻します)
  • セルフィー(カメラの向きを前方か後方へ切り替えます)
  • ジンバルの速度(低速・高速)
  • ジンバルのモードの切り替え(固定・フォロー・FPV)

また、DJI Pocket 2のボタンやミニ操作スティックのボタンからもジンバルの設定を切り替えることができます。

  • 本体の写真動画切り替えボタンを2回押し:カメラを中央に戻す操作
  • 本体の写真動画切り替えボタンを3回押し:セルフィー・カメラの向きを前方・後方切り替え
  • ミニ操作スティックのボタンを1回押し:ジンバルのモード切り替え

ジンバルの速度については設定項目からの設定になります。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2のジンバル操作

DJI Pocket 2でできるジンバル操作は以下の通りです。

ジンバルのモード
  • 固定
  • フォロー
  • FPV

この3つの操作を切り替えることができます。

ジンバルの動きは3つの軸、ピッチ(縦方向)、ヨー(横方向)、ロール(斜め方向)によってカメラを安定させて手振れを軽減します。

固定

固定ですが、カメラを正面に向けて固定させるモードになります。

ジンバルを左右上下に動かしてもジンバルは正面を向いたままに固定されます。

カメラ自体を横に向けるとカメラ部分も横を向きます。

チルト固定モードではパン軸のみが動いて、フォローモードと同様のスタビライズ効果をサポートします。ピッチは固定されます。ジンバルを横に振っても上下させても、ジンバルカメラは正面を向いたまま固定されます。

https://store.dji.com/jp/guides/three-gimbal-modes-osmo-pocket/

フォロー

フォローモードではハンドルの動きに合わせて滑らかに動かすことができて。安定的な動画を撮影することができます。

フォローモードでは本体を下に向けた状態で電源をいれると起動時にはカメラは正面を向きます。

カメラを中央に戻すとカメラが正面を向きます。本体が斜めを向いていてもカメラを中央に戻す操作をするとカメラは正面を向きます。

フォローモードは最も多く使用されるモードで、3方向から安定するようサポートします。ジンバルがハンドルの動きに合わせて常に動き、安定性と滑らかな映像を可能にします。

https://store.dji.com/jp/guides/three-gimbal-modes-osmo-pocket/

FPV

FPVでは向けた方向にカメラが向きます。本体の動きに合わせてジンバルが動き向けた方向の正面を映します。

FPVモードでは本体を下に向けた状態で電源をいれると起動時にはカメラは下を向きます。

カメラを中央に戻すとカメラが正面を向きます。本体を斜めに向けてカメラを中央に戻す操作をするとカメラは斜め向けた正面に向きます。

FPVモードは臨場感を演出します。FPVモードでは3つの軸が固定されず、ジンバルの自由度が高くなります。

https://store.dji.com/jp/guides/three-gimbal-modes-osmo-pocket/
スポンサーリンク

使いやすいジンバル操作

初めてジンバルを使用する際は操作が慣れないことがあります。

DJIのサイトでもありましたが、一番多く使われてるモードはフォローモードのようです。

正面を撮影してたつもりが気づいた時にはカメラの部分が上に向いてしまってたといようなことがあります。

どのような撮影をするかで使用するモードも変わるかと思いますが、初めて使う方にはジンバルの固定の使用がおすすめです。

ジンバルの固定

歩きながら撮影をするときや正面だけを撮影したい時には、私自身よくジンバルの固定をよく使ってます

ジンバルの固定は、ミニ操作スティックのボタンを長押しすることでジンバルの向きを固定することができます。

長押しで画面のバッテリーのアイコンの横に鍵のアイコンが出てきます。

これで本体を左右上下に向けてもカメラは最初に向いていた方向に固定されて動きません。

固定を解除する際にはミニ操作スティックのボタンを1回押すと解除されます。

しっかり正面を向けて撮影したい際には固定は便利です。ですが、撮影中にカメラを左右上下に向けたい時にはロックを解除してカメラを向ける必要があります。

歩きながら手に持って撮影してるとカメラの向きが微妙に変わってたりするので固定は便利です。

スポンサーリンク

DJI Pocket 2のジンバルの基本的な操作 まとめ

DJI Pocket 2のジンバルの操作ですが初めて使う際には慣れない部分が出てくるかと思います。

私はフォローモードでジンバルの固定を使ったりして安定感のある映像の撮影をしてます。

しばらく使うと自分の使いやすいモードがわかってくるかと思います。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

設定
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント