Insta360から新しいコンパクトカメラ『GO 3S』が発売!詳細はこちらから▶︎
PR

DJI Osmo Pocket 3とネックマウント使用時にマイクの向きを変えるアクセサリー!

4.5
記事内に広告が含まれています。

DJI Osmo Pocket 3でPOV撮影する際に、ネックマウントを使用しすると両手をフリーして撮影をすることがでます。

ですが、その際にDJI Mic 2を胸元に取り付けて音声録音をしていますが、ネックマウントにDJI Mic 2が触れる可能性があることやマイクの取り付けの位置に悩むことがあります。

ショルダーバッグを使用していたりするとさらに胸元の位置へDJI Mic 2の取り付けがしにくくなることもありました。

そのような問題を解決するために、NEEWERのコールドシューマウントアダプターを購入しました。

実際に使用してみてDJI Mic 2の取り付けが快適になったので紹介していきます。

スポンサーリンク

DJI Osmo Pocket 3の拡張アダプター

DJI Osmo Pocket 3をネックマウントに取り付けるには拡張アダプターの使用が必須になります。

そこで、拡張アダプターにはコールドシューがあり照明やマイクの取り付けが可能となってます。

ネックマウントを使用する際にはこのコールドシューにDJI Mic 2を取り付けて音声収録をすれば、胸元の位置への取り付けやマイクとネックマウントが触れることなく使用できるのではと考えました。

ですが、拡張アダプターのコールドシューにDJI Mic 2を取り付けるとマイクの頭の方向が前方を向くような感じになります。

ネックマウントで使用するのでしゃべる口元はDJI Osmo Pocket 3の上側になるので、DJI Mic 2を上に向けるようにする方が音声収録の際には適してるように感じます。

そこで、アクセサリー類を色々と調べてNEEWERのコールドシューマウントアダプターをみつけ使用してみました。

実際使用してみたところ、NEEWERのコールドシューマウントアダプターを使用することで理想としていたネックマウント使用時のDJI Mic 2の取り付けができるようになりました。

NEEWERのコールドシューマウントアダプターや実際に使用のイメージについて紹介していきます。

スポンサーリンク

NEEWER コールドシューマウントアダプター

NEEWERのコールドシューマウントアダプターですが、ワイヤレスマイクの受信機をカメラの上に載せる際にアダプターを取り付けることでカメラのホットシューとワイヤレスマイクの受信機をしっかりと固定させる用途があります。

私の場合は、コールドシューの向きを変える目的で購入しました。

仕様は以下の通りになります。

  • モデル名:UA030
  • 素材:アルミニウム
  • 重量:19g
  • サイズ:25 × 24 × 21mm

NEEWER コールドシューマウントアダプター本体の特徴

コールドシューマウントの部分にはスプリングピンがあり滑ったり落下しにくいようになってます。

コールドシューに取り付けてネジを閉めて固定するように使うことができます。

コールドシューベースは正方形で向きを好きに取り付けることが可能です。

スポンサーリンク

拡張アダプターに取り付け

DJI Osmo Pocket 3の拡張アダプターにNEEWERのコールドシューアダプターを取り付けしてコールドシューの向きを変えていきます。

取り付けしてからネジをしめることで向きの変更ができました。

コールドシューアダプターのところへDJI Mic 2を取り付けします。

取り付けもできました。

気になったところとしてはDJI Mic 2付属のマグネットはDJI Mic 2と一緒にしておきたいので一緒につけてますが、半分ぐらいはクリップの部分からはみ出ます。

また、DJI Mic 2のクリップは厚みがそこまでないので少しブカブカしたような感じになります。

これで、DJI Mic 2を上向きにすることができます。

スポンサーリンク

DJI Mic 2とコールドシューアダプターの使用感

実際にDJI Osmo Pocket 3と拡張アダプターにコールドシューアダプターを使用してみてわかったことは以下の通りです。

いい点
気になった点
  • 口元にマイクを向けれる
  • 胸元への取り付け位置を気にせず使える
  • マイクのコールドシューへの取り付けも簡単
  • 激しいアクション撮影でには向かない可能性

実際に使用してよかった点

目的としてたDJI Mic 2を前向きから上向にするということができ音声をしっかり録音できるようになりました。

また拡張アダプターとコールドシューアダプターを取り付けても気になるような大きさや重さにはならなかったことがあります。

拡張アダプターのコールドシューに取り付けるので胸元のどこに取り付けすれば、ネックマウントやショルダーバッグのベルトに当たらずに取り付けできるか悩むことなく使えるので快適に使えるようにもなってます。

あとは、コールドシューアダプターにDJI Mic 2を取り付けするときには上からクリップの部分をさすような感じでの取り付けになり楽に取り付けができてます。

気になった点

気になった点としては、DJI Mic 2のクリップの部分が薄くコールドシューアダプターにしっかり取り付けできてるという感じが少ないことがあります。

コールドシューアダプターにはスプリングピンがありますが、それでもしっかりついてるという感じはないです。

試してはないですが走ったり上下に動くと外れてしまう可能性もあるかもしれないと思います、歩いて撮影する際には外れることはありませんでした。

現状、外れてしまうということが起こってないので特に大きな問題には感じてません。

スポンサーリンク

NEEWER コールドシューマウントアダプター まとめ

DJI Osmo Pocket 3とネックマウントを使用して撮影する際のDJI Mic 2の取り付け場所をより快適にしたいと思いNEEWER コールドシューマウントアダプターを購入しました。

実際に使ってみたところDJI Mic 2を拡張アダプターに取り付け上向きにすることができ音声収録することができました。

ネックマウントを使用して音声収録したいという方にはこおんNEEWERのコールドシューマウントアダプターは1つあるといいかと思います。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラやガジェット、アクセサリーのレビューを記事にしてます。

Pocket
スポンサーリンク

コメント