楽天 お買い物マラソン開催中!ポイント最大46倍!7月26日まで!こちらから▶︎
PR

Insta360 Ace Proの長時間撮影!どれぐらいで熱停止するか検証と対策!

記事内に広告が含まれています。

Insta360 Ace Proではどれぐらい連続撮影ができるのか、熱で停止するまではどれぐらいなのかが気になり撮影を続けて検証してみました。

本記事では、Insta360 Ace Proで長時間撮影してみた検証・対策について記載していきます。

この記事からわかること・結論
  • 室内撮影ではAce Proは約56分で熱停止
  • Ace Proは屋外で風があたる環境なら1時間以上の撮影が可能
  • Ace Proで長時間撮影した動画は約29分でファイル分割
  • 熱停止への対策はカメラの設定の見直しや風やスクリーンを上げて撮影が望ましい
スポンサーリンク
Insta360 Ace Pro & Aceが発売開始!

Insta360のアクションカメラ『Insta360 Ace Pro』発表され発売されてます!

\以下の「公式サイトをみる」のリンクからカメラの購入で特典があります/

Ace Proはどれぐらいの連続撮影時間で熱停止するのか

Insta360 Ace Proで長時間撮影で熱停止するまで撮影しました、以下は環境と設定になります。

撮影環境:室内 約27℃

  • 4K60
  • 手ぶれ補正:高
  • アスペクト比:16:9
  • 水平維持
  • カラー:標準
  • WB:5500
  • シャープネス:中

Ace Proのフリップスクリーンは閉じた状態で撮影

■撮影環境:屋外 約28°C〜29°C(サイクリングで撮影)

  • 4K60
  • 手ぶれ補正:高
  • アスペクト比:16:9
  • 水平維持
  • カラー:標準
  • WB:5500
  • シャープネス:中

Ace Proのフリップスクリーンは半分上げた状態で撮影

その他の設定に関しては初期設定のままで撮影してます。

室内の撮影でAce Proを置いて撮影とサイクリングで撮影をしました。

スポンサーリンク

Ace Proが熱で停止するまでの連続撮影時間(室内)

Ace Proで連続撮影して熱で停止するまでの時間は以下の通りになりました。

設定撮影時間バッテリー
4K6056分46秒100% → 50%以下
室内撮影で室内温度は27℃

熱で停止する前にはディスプレイに熱で停止のテキストが表示されてから停止してます。

撮影後のAce Proの状態ですが全体的に熱くなってました、特に底の部分のマウントの金属部分がかなり熱くなってました。

この金属部分がかなり熱くなる

固定撮影ではおおよそ1時間ほどの撮影することができて、バッテリーはまだ残量がある状態です

個人的な意見ですが、室温27度で4K60の設定でおおよそ1時間撮影できるのはいいのではないかと感じます。

過去にGoPro HERO11でも同じような環境で試してみましたがそれに比べるとかなり良く感じます。

スポンサーリンク

Ace Proが熱で停止するまでの連続撮影時間(屋外)

Ace Proで屋外のサイクリングで連続撮影して熱で停止するまでの時間は以下の通りになりました。

設定撮影時間バッテリー
4K601時間以上撮影可能100% → 19%
屋外撮影で約28~29℃

バッテリー切れやSDカードの容量不足になる前に1時間以上の撮影ができたのでAce Proの撮影を終了しました。

サイクリングで風の当たるような環境であれば約29°Cのような環境でも1時間以上の撮影ができました。

カメラ本体を触ってみたところ熱すぎるということもありませんでした。

おそらくですが、サイクリングで風が当たっていたことやスクリーンを半分上げていたことで本体に熱が溜まりにくくなっていたのかと想像します。

\公式ストアからAce Proの購入で特典アクセサリー(予備バッテリー)がついてきます/
スポンサーリンク

Ace Proで熱停止を試してみてわかったこと

Ace Proは4K60でも約1時間ほどの長時間の撮影が可能でその他わかったことは以下の通りです。

  • Ace Proは長時間撮影でファイルが分割される
  • 56分46秒で約53.79GB
  • 29分59秒で分割(約28.4GB)
  • 分割された部分は少し音が途切れる

Ace Proは長時間撮影(29分59秒)でファイル分割される

Ace Proで長時間撮影をすると動画ファイルが分割され、4K60で56分46秒(約53.79GB)で動画が2に分割されてました。

29分59秒(約28.4 GB)で動画が分割されました。目安として30分で動画が分割されます。

また、Irvの拡張子のファイルが約2.03GBありました(Irvのファイルはアプリ等での動画再生に使われるファイルで、低画質ファイルになります)。

上記の点からAce Proでは少なくとも128GB以上のSDカードの使用が望ましいと考えられます。

ファイル分割での注意したい点

分割された動画を動画編集ソフトでつなげてみたところ、29分59秒の動画の最後は2コマほど無音になってました。

この部分に音声がきていると一瞬だけプツッと音が切れるような感じになるので気をつけたいところです。

スポンサーリンク

Insta360 Ace Proのアクションカメラの熱への対策

Insta360 Ace Proの熱対策としては以下の通りになります。

  • 解像度やフレームレートを下げて撮影
  • 屋外での風が当たるような環境で使用
  • 直射日光を避ける

自身で対策できることとしては解像度やフレームレートを下げることで熱停止せずに長く撮影をすることができます。

解像度は2.7Kや1080Pに下げると熱停止しにくくなります。

また、フレームレートも60fpsではなく30fps等に変更すると比較的長く撮影が可能となります。

周りの温度や風が当たる環境かどうかで撮影できる時間が変わるので、確実に停止させずに撮影をしたい場合には解像度の設定の見直しがいいです。

風があたるような環境で撮影すれば比較的長く撮影できます。

私は、熱停止しそうな気温の際には解像度を2.7Kや1080Pの下げて撮影をしてます。

アクションの撮影なので60fpsは変更せずに解像度を下げて熱の対策をしてるという感じです。

スポンサーリンク

Insta360 Ace Proの熱停止の検証 まとめ

Ace Proではどれぐらいの長時間撮影で熱停止になるかを試してみました。

今回は室内で検証をしましたが、屋外の撮影環境では日光が当たったり風のある状況など環境によって撮影時間が前後する可能性があります。

Ace Proで長時間撮影をする際の目安になれば幸いです。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラやガジェット、アクセサリーのレビューを記事にしてます。

Ace Pro
スポンサーリンク

コメント