PR

Insta360 Ace Pro正直レビュー!最高の画質で低照度も綺麗に撮影!

記事内に広告が含まれています。

2023年11月21日にInsta360からアクションカメラ『Insta360 Ace Pro & Ace』が発売されました。

本記事では、Insta360 Ace Proについてカメラの特徴やスペックの紹介や撮影した写真や動画のレビューを紹介します。

Insta360 Ace Proの総評を簡単にまとめると、、、

このInsta360 Ace Proはアクションカメラでスポーツ中の撮影はもちろん、今までアクションカメラが苦手な低照度での撮影も綺麗に撮影ができます

実際に使用した印象としては画面タッチの操作性が良く、撮影中に撮影を止めて再開させたり、録画ボタン長押しで撮影のキャンセルをしたり使い勝手が良くなってる印象です。

※本記事は製品をお借りしてレビューしてます

この記事からわかること・ポイント
  • Insta360 Ace Proの製品の特徴・情報についての詳細
  • Insta360 Ace Proで撮影した動画や写真イメージ
  • 使用して分かったいい点・気になる点
  • 公式サイトでは定期的にセールが開催されてます
スポンサーリンク

Insta360 Ace

Insta360 Ace Pro

Insta360 Ace Proは2023年11月21日に発売が開始されたアクションカメラになります。

簡単に特徴をまとめると以下の通りです。

Insta360 Ace Proの特徴
  • 1/1.3インチセンサー
  • ライカとの共同開発
  • 4K120fps(最大8K24fps)
  • PureVideo(低照度撮影対応)
  • 2.4インチフリップ式スクリーン
  • クラリティーズーム
  • ジェスチャー制御・音声コントロール
  • 防水10m
  • AIハイライトアシスタント
  • アプリからのAI編集

Insta360 Ace Proはアクセサリーバンドルでの販売もあり、撮影目的がはっきりされてる方はキットを購入するのがおすすめです。

販売されてるバンドル
  • 通常版
  • クリエイターキット
  • パワーキット
  • GPS撮影キット
  • ウィンターキット
  • バイクキット
  • サイクリングキット
  • 水中キット
\以下のリンクからの購入で特典アクセサリー(スクリーンプロテクター)があります/

また、Insta360 Ace Proは別途microSDカードが必要になります。

スポンサーリンク

Insta360 Ace Proの内容物

Insta360 Ace Proの内容物

Insta360 Ace Proの通常版の内容物は以下の通りになります。

  • 本体
  • 1650mAh バッテリー
  • 標準マウント
  • フレキシブル粘着マウント
  • USB-Cケーブル(Type C to C)
  • 説明書
  • ステッカー
スポンサーリンク

Insta360 Ace Proの本体・アクセサリー詳細

Insta360 Ace Pro

Insta360 Ace Proの本体特徴は以下の通りになります。

  • サイズ:71.9 × 52.15 × 38.5mm
  • 重さ:179.8g
  • バッテリー容量:1650mAh
  • 充電方法:USB-C
  • 充電時間:46分(30W急速充電アダプター使用時)、63分(5V/3A)
  • 動作温度:-20°C〜40°C

Ace Pro

Ace Proの本体には前面にレンズとディスプレー(設定表示)に背面にはフリップ式スクリーンがあります。

背面のディスプレイはフリップ式スクリーンでスクリーンを持ち上げて自撮りしやすくなります。

本体側面には電源ボタンとmicroSDカードスロットとUSB-Cポート、反対側にはバッテリー投入口があります。

カバーを開けるとmicroSDカードとUSB-Cポート、反対側ではバッテリーの取り外しができます。

Ace Proの底はマウントが付きます

Insta360 Ace Proの底のマウント取り付け部分

バッテリー

Ace Proのバッテリーは1650mAh、バッテリーの投入の方向がわかりやすいようにUPの記載があります。

Insta360 Ace Proのバッテリー

標準マウント

アクセサリーに取り付けるための標準マウント。

Ace Proとアクセサリーの着脱が簡単になります、サイドをつまんで外します。

Ace Proを取り付けする際はカチッと音がするまでしっかりと押し込みます。

フレキシブル粘着マウントとUSB-Cケーブル

Ace Proに標準マウントを取り付けて、フレキシブル粘着マウントで壁に取り付けて撮影が可能になります。

USB-CケーブルはType C to Cになります。

Insta360 Ace Proに同梱するUSB-Cケーブル
スポンサーリンク

Insta360 Ace Proのスペック

Insta360 Ace Pro

Insta360 Ace Proでできる撮影やスペックは以下の通りになります。

センサーサイズ1/1.3インチ
重量・サイズサイズ:71.9 × 52.15 × 38.5mm
重さ:179.8g
絞り
焦点距離(35mm判換算)
F2.6
16mm
写真画素数4800万画素(8064 × 6048)
3600万画素(8064 × 4536)
1200万画素(4032 × 3024)
900万画素(4032 × 2264)
動画解像度動画 (最大4K30fpsでの撮影時にアクティブ HDRが有効)
8K(16:9):7680×4320 24fps
8K(2.35:1):7680×3272 24fps
4K(4:3):4032×3024 60、50、48、30、25、24fps
4K(16:9):3840×2160 120、100、60、50、48、30、25、24fps
2.7K(4:3) :2688×2016 60、50、48、30、25、24fps
2.7K (16:9):2688×1520 120、100、60、50、48、30、25、24fps
1440P(4:3):1920×1440 60、50、48、30、25、24fps
1080P(16:9):1920×1080 240、200、120、100、60、50、48、30、25、24fps

FreeFrame
4K(4:3):4032×3024 60、50、48、30、25、24fps

PureVideo
4K (16:9):3840×2160 30、25、24fps
2.7K (16:9) : 2688×1520 30、25、24fps
1080P(16:9):1920×1080 30、25、24fps

スローモーション
4K(16:9):3840×2160 120、100fps
2.7K(16:9):2688×1520 120、100fps
1080P(16:9):1920×1080 240、200、120、100fps
ISO感度100-6400
シャッター速度写真:1/8000 – 120秒
動画:1/8000 – フレームレートの逆数
ホワイトバランスオート、2000 – 10000K
写真フォーマットJPG
DNG RAW(アプリまたはStudioで書き出し可能)
動画フォーマットMP4
写真モード写真、HDR写真、インターバル、バースト写真
動画モード動画(カメラ内アクティブHDR)、FreeFrame動画、PureVideo、スローモーション、スターラプス、タイムラプス、タイムシフト、プリ録画、ループ録画
カラープロファイル標準、鮮やか、フラット
最大動画ビットレート170Mbps
マイク3
ジャイロスコープ6軸ジャイロスコープ
露出値±4EV
音声モード風切り音低減、ステレオ、方向性強調
音声ファイル形式48kHz、16bits、ACC
BluetoothBLE 5.2
Wi-Fi2.4GHz、5GHz
802.11a/b/g/n/ac
ストレージ内蔵ストレージなし、
最大1TBのmicroSDカードに対応
バッテリー容量1650mAh
充電方法USB Type-C
充電時間46分(30W急速充電アダプター使用時)
63分(5V/3A)
動作温度-20°C〜40°C
スポンサーリンク

Insta360 Ace Proの操作性

Insta360 Ace Proのスクリーン画面

Insta360 Ace Proはスクリーンをタッチで以下の操作が可能です。

  • 下から上にすワイプ:動画・写真の設定項目(アスペクト比、解像度等)の設定
  • 上から下にスワイプ:設定画面
  • 左から右にスワイプ:撮影した映像のプレビュー
  • 右から左にスワイプ:シャッター速度、カラーなどの詳細設定

操作感は直感的でスクリーンの反応も良く快適に操作が可能です。

設定で選択できる項目

Insta360 Ace Proのモード切り替え画面

カメラのアイコンを選択すると動画や写真の選択ができます。

選択できる項目は以下の通りになります。

  • 写真
  • HDR写真:広ダイナミックレンジ写真用
  • 動画:FlowState手ブレ補正を自動的に適用した動画を録画
  • PureVideo:暗所での画質を向上
  • FreeFrame動画:アプリやStudioで後処理すると、撮影後にFlowState手ぶれ補正を適用したりアスペクト比と水平維持の調整可能
  • タイムシフト:ハイパーラプス撮影
  • タイムラプス
  • ループ動画
  • スローモーション
  • スターラプス
  • バースト写真
  • インターバル

それぞれの動画・写真の設定でできる解像度やフレームレートは以下の通りです。

設定可能な項目
写真フォーマット:JPG、PureShot、PureShot+RAW
アスペクト比:16:9、4:3

解像度:
36MP、9MP(16:9)
48MP、12MP(4:3)
タイマー:オフ、3秒、5秒、10秒、15秒
画角:超広角、デワープ
HDR写真フォーマット:PureShot
アスペクト比:16:9、4:3

解像度:
9MP(16:9)
12MP(4:3)
タイマー:オフ、3秒、5秒、10秒、15秒
画角:超広角、デワープ
動画手ブレ補正:オフ、低、標準、高
アスペクト比:16:9、4:3、2.35:1
録画時間:∞、15秒、30秒、1分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、3時間
解像度:8K、4K、2.7K、1080P
フレームレート:240、200、120、100、60、50、48、30、25、24
画角:アクション広角、超広角、デワープ、水平維持

※解像度とフレームレート(最大設定):8K24fps、4K120fps、2.7K120fps、1080P240fps
4K、2.7K、1080Pの30fps以下でHDR
PureVideoアスペクト比:16:9
録画時間:∞、15秒、30秒、1分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、3時間
解像度:4K、2.7K、1080P
フレームレート:30、25、24
画角:アクション広角、超広角、デワープ
FreeFrame動画アスペクト比:4:3
録画時間:∞、15秒、30秒、1分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、3時間
解像度:4K
フレームレート:60、50、48、30、25、24
画角:超広角、デワープ、45度水平維持、360度水平維持
タイムシフト手ブレ補正:オフ、標準
アスペクト比:16:9
録画時間:∞、15秒、30秒、1分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、3時間
解像度:4K
フレームレート:30
画角:超広角、デワープ
タイムラプス手ブレ補正:オフ、標準
アスペクト比:16:9、4:3
撮影時間:∞、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、3時間、5時間、10時間
インターバル:0.5秒、1秒、2秒、5秒、10秒、30秒、60秒、120秒
画角:超広角、デワープ
ループ録画手ブレ補正:オフ、低、標準、高
アスペクト比:16:9、4:3
ループ時間:∞、1分、3分、5分、10分、15分、20分、25分、30分
解像度:4K、2.7K、1080P
フレームレート:60、50、48、30、25、24
画角:アクション広角、超広角、デワープ、水平維持
スローモーション手ブレ補正:オフ、低、標準、高
アスペクト比:16:9
録画時間:∞、15秒、30秒、1分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、3時間
解像度:4K、2.7K、1080P
フレームレート:120、100(1080Pでは240、200、120、100)
画角:超広角、デワープ
スターラプスタイプ:スターラプス動画、スタートレイル動画、スタートレイル写真
アスペクト比:16:9(9MP)、4:3(12MP)
録画時間:∞、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、3時間、5時間、10時間
タイマー:オフ、3秒、5秒、10秒、15秒
画角:超広角、デワープ
バーストバースト:3p/1s、5p/1s、10p/1s、15p/1s、30p/1s、10p/3s、30p/3s、30p/6s、30p/10s
キャッシュ:オン、オフ
12MP
タイマー:オフ、3秒、5秒、10秒、15秒
画角:超広角、デワープ
インターバルインターバル:3秒、5秒、10秒、30秒、60秒、120秒
解像度:
36MP、9MP(16:9)
48MP、12MP(4:3)
録画時間:∞、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、3時間、5時間、10時間
タイマー:オフ、3秒、5秒、10秒、15秒
画角:超広角、デワープ

動画ではプリセットがあり、ライディング、スキー、サーフィン、ダイビング、Vlogと撮影目的に適したプリセットの使用ができます。

また、自分で好きな解像度等の設定をしたプリセットを作成することも可能です。

スポンサーリンク

Insta360 Ace Proで撮影

Insta360 Ace Pro

Insta360 Ace Proで撮影を試してみました。

写真

Insta360 Ace Proで撮影した風景

綺麗な写真も撮影が可能、広角なのでより広く写すことができます(※画像は圧縮してます)

HDR写真で4:3でも撮影ができます。

Insta360 Ace Proで撮影した風景

写真はInsta360のアプリで補正・調整ができます。

動画

Insta360 Ace Proは映像の色味も良く安定した映像を撮影することができます。

手ブレ補正の確認

手ブレ補正を『低』にしても安定した映像ということがわかります。

低照度の環境でも綺麗に撮影が可能

低照度の環境でも安定した映像を撮影可能です。

画角の違い

動画ではアクション広角を選択すると広く映すことができます、以下動画内をキャプチャーしたものになります。

水平維持が画角が1番狭くなります。

スポンサーリンク

Insta360 Ace Proのいい点・気になった点

Insta360 Ace Proで撮影した動画や写真に関しては以下のように感じます。

Insta360 Ace Proの動画・写真の印象
  • 映像が綺麗、特に色味が良い
  • フリップ式スクリーンが便利
  • 低照度での撮影でも綺麗に撮影可能
  • レンズカバーは取り外しができない点

Ace Proのいい点

サイクリングで撮影を試しましたが、手ぶれ補正が効いており安定した映像を撮影することが可能。

また、良く細かい設定をすることなく簡単に色味のいい動画を撮影できます。

フリップ式スクリーンが機能的

Ace Proのディスプレイは持ち上げて止めたり、持ち上げて自撮りするような形にできます。

サイクリング撮影をする時にはフリップ式スクリーンを少し持ち上げてスクリーンを見やすくして画角の調整をすることができます。

スマートフォンと連携させてプレビューはできますがスクリーンを見て確認できるのは楽に感じます。

低照度での撮影でも綺麗に撮影可能

アクションカメラでよく不満に感じられる点として、低照度での撮影で映像が良くないということがあります。

ノイズも多く光源の部分が振動によって揺れるようなりがちですが、Ace Proでは綺麗な映像を撮影できます。

アクションカメラとしては十分なほど低照度で綺麗に映ります。

気になった点

アクションカメラとしては非常に優秀な画質感や操作性がありますが唯一気になる点として、レンズカバーの取り外しができない点があります。

アクションカメラは使用シーンによっては石が飛んだり撮影中にカメラをぶつけてしまうような使用シーンが考えられます。

その際にはレンズのカバーの部分は取り外しができると嬉しいところです。

公式サイトを見ると、レンズカバーの記載があり送料負担にはなりますが1年以内で無償修理に対応となります。

装着済みのレンズガードは交換式ではないため、脱着・交換はできません。 無償修理は購入から1年以内、送料はお客様負担となります。

https://www.insta360.com/sal/ace-pro?insrc=INRAW2W

私はサイクリングでの撮影で使用してますが、レンズカバーの取り外しができないのは大きな不満ではありませんが気になる点です。

スポンサーリンク

Insta360 Ace Pro まとめ

Insta360 Ace Proは安定した手ブレのない映像を撮影したり低照度環境下でも綺麗に撮影できるアクションカメラです。

本体のフリップ式スクリーンはサイクリングの際にも画面の確認がしやすく、自撮りをする際にも大きな画面で写りを確認することができます。

また、タッチ操作も反応が良く、撮影の一時停止や撮影をキャンセルする機能など使い勝手の良い機能が多数あります。

映像だけでなく使用感も非常に良いカメラで、スポーツやアクションの撮影を楽しみたいという方にはいいカメラです。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Blackを使用。
現在はHERO11を使用してます。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

Ace Pro
スポンサーリンク
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント