楽天 お買い物マラソン開催中!ポイント最大46倍!7月26日まで!こちらから▶︎
PR

DJI Osmo Action 4はスタンダードコンボかアドベンチャーコンボどっち?特徴比較

記事内に広告が含まれています。

DJI Osmo Action 4はカメラ本体の単体の『スタンダードコンボ』とアクセサリー類がセットになった『アドベンチャーコンボが販売されてます。

DJI Osmo Action 4を購入する際には単体で購入がいいのかアクセサリー類のコンボで購入するのがいいのかどれを選べばいいか悩むかと思います。

この記事では、DJI Osmo Action 4の『スタンダードコンボ』と『アドベンチャーコンボ』それぞれの特徴を紹介します。

必要なコンボの購入の参考になればと思います。

スポンサーリンク

DJI Osmo Action 4

DJI Osmo Actionはスタンダードコンボとアドベンチャーコンボ、そして目的別にアクセサリーが組み合わされたコンボがあります。

カメラ自体の性能は変わらず同じで付属されるアクセサリーに違いがあります。

DJI Osmo Action 4のカメラの特徴は以下の通りになります。

DJI Osmo Action 4
サイズ70.5 × 44.2 × 32.8 mm
重さ145g
センサーサイズ1/1.3インチ
カメラ静止画:約10MP
ビデオ4K60fps
カラー10ビット&D-log M
スローモーション4K120fps
2.7K120fps
1080p240fps、120fps
タイムラプス4K/2.7K/1080p@30fps
インターバル:0.5/1/2/3/4/5/6/8/10/15/20/25/30/40秒
撮影時間:5/10/20/30分、1/2/3/5時間、∞
ハイパーラプス4K/2.7K/1080p:自動/2/5/10/15/30倍
手ぶれ補正EIS(電子式映像ブレ補正):
RockSteady 3.0
RockSteady 3.0+
HorizonBalancing
HorizonSteady
最大動画ビットレート130 Mbps
防水性18m
タッチスクリーン

DJI Osmo Action 4は以前のモデルと同じ本体デザインですが、センサーサイズが大きくなり暗所性能も良くなってます。

また、10ビット D-log Mに対応してます。

コンボによる付属アクセサリーの違い

DJI Osmo Action 4のセットで付属するアクセサリーは以下の通りになります。

スタンダードコンボアドベンチャーコンボ
本体
付属品・エクストリームバッテリー
・保護フレーム
・クイックリリース式アダプターマウント
・粘着式カーブベース
・止めネジ
・PD規格対応ケーブル(C to C)
・レンズフード
・滑り止めパッド
・DJIロゴステッカー
・エクストリームバッテリー
・保護フレーム
・クイックリリース式アダプターマウント
・粘着式カーブベース
・止めネジ
・PD規格対応ケーブル(C to C)
・レンズフード
・滑り止めパッド
・DJIロゴステッカー
コンボアクセサリー・エクストリームバッテリー ×2
・多機能バッテリーケース
・1.5m延長ロッド
価格58,300円75,900円
リンク Amazon Amazon
公式サイトに掲載のあるコンボになります。

アドベンチャーコンボでは、延長ロッドや予備のバッテリーやバッテリーケースが付属があります。

その他コンボ

スタンダードコンボやアドベンチャーコンボ以外にも目的に合わせたコンボも販売されてます。

目的に合わせたコンボでアクセサリーを合わせて購入できるメリットがあります。

スポンサーリンク

DJI Osmo Action 4のおすすめコンボは?

画像のバッテリーケースはイメージです。

DJI Osmo Action 4のおすすめはアドベンチャーコンボです。

あとから、同じアクセサリーを別で購入するとコンボの価格よりも高くなってしまいます。

スタンダード+個別にアクセサリーアドベンチャーコンボ
コンボの価格58,300円75,900円
バッテリー ×24,400円 × 2(8,800)
バッテリーケース8,910円
延長ロッド5,940円
合計金額81,950円75,900円
価格は公式サイトでの価格です(2023年8月7日時点)

スタンダードコンボに個別でアクセサリーを合わせた価格では延長ロッド分の価格の違いが出てきます。

追記:現在DJI Osmo Action 4が以前よりも安い価格になってます。44,000円で販売されてます。

アドベンチャーコンボのバッテリー

アクションカメラで撮影する際には、予備バッテリーがあると撮影継続がしやすいです。

アドベンチャーコンボでは複数のバッテリーを一括で充電・管理できるケースがありバッテリーの管理もしやすいことがあります。

\お買い物マラソン開催中!P最大46倍!/
楽天市場をみる
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングをみる

バッテリーケースがあると複数のバッテリーを一気に充電できておすすめです。

スタンダードコンボでも予備バッテリーは1つあると便利です。

スポンサーリンク

DJI Osmo Actionのコンボの特徴比較 まとめ

DJI Osmo Action 4はスタンダードコンボアドベンチャーコンボがあります。

カメラのみの『スタンダードコンボ』でも十分使えますが、撮影時間を長くしたい場合には予備のバッテリーや管理しやすいケースが付属する『アドベンチャーコンボ』がおすすめです。

あと、コンボでアクセサリー類が付属はしてきますがカメラの使用に必須のSDカードは別途購入が必要なので忘れずにあわせて用意してください。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラやガジェット、アクセサリーのレビューを記事にしてます。

Action
スポンサーリンク

コメント