GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

GoPro HERO10 Blackで写真撮影。SuperPhotoと標準とで比較

GoPro HERO10 Blackの写真撮影をしてきました。レンズ設定や出力をSuperPhotoや標準で撮影を試してみました。

本日はGoPro HERO10 BlackでのレンズごとのSuperPhotoと標準とで比較をみていきます。

GoPro HERO10 Blackで写真モード

GoPro HERO10 Blackの写真では以下のモードがあります。

  • 写真
  • LiveBurst
  • 連写
  • ナイト

LiveBurstとは、写真を撮影して短い動画として記録します。

LiveBurst (ライブバースト) モードでは、撮影の前後 1.5 秒を 90 枚の静止画として記録。完璧なショットを抜き出すか、3 秒間の 4K ビデオ クリップとしてシェアするか、自由に選択できます。

https://www.tajima-motor.com/gopro/product/hero8black/

ナイトモードは低光量での撮影時に使用するモードになります。

ここでは写真のモードで撮影した写真を見ていきます。

写真モードではレンズと出力の設定ができて、スケジュールキャプチャー機能で時間を指定して撮影をしたりタイマーでの撮影ができます。

また、Protuneの設定ができます。今回は初期設定の状態で撮影してます。設定できる項目のホワイトバランスは自動でシャープネスは中です。

GoPro HERO10 Blackで撮影した写真

サイトに載せるためにリサイズしています。広角でSuprPhotoで撮影した写真です。

写真の出力を標準に設定

見比べてみると以下のような感じです。SuperPhotoの方が色味がいいように感じます。

GoPro HERO10 Blackでレンズを変えて撮影

GoPro HERO10 Blackでレンズを変えてSuperPhotoの設定で写真撮影をしてみました。

SuperPhoto、広角

SuperPhoto、リニア

SuperPhoto、狭角

それぞれのレンズで撮影してみた印象

今回、HERO10でSuperPhotoに設定して撮影してみましたが、撮影が快適という印象です。

SuperPhotoでシャッターボタンを押した後処理の時間が以前モデルよりも速くなってます。新しいGP2チップでよりはやくなってます。

撮影した写真に関してもSuperPhotoはキレイな写真が残せると言う印象です。

GoPro HERO10からSuperPhotoの撮影後の処理の時間がほとんどなくなってるのでSuperPhotoでも撮影しやすくなった感じがします。

最後に

GoPro HERO10 Blackで写真撮影をしてみました。

今までSuperPhotoで撮影するとシャッターボタンを押した後に処理の時間がありましたが、HERO10では処理の時間がかなり短くなってます。

処理の時間が短くなっていることもありSuperPhotoでの撮影もしやすい感じがります。

写真自体の色味もいいので写真撮影でも使える感じがします。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoPro
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント