PR

DJI Osmo Action 4と前のモデルと機能・スペックや価格を比較

記事内に広告が含まれています。

2023年8月2日にDJIから新しいアクションカメラのOsmo Action 4が発表・発売されました。

以前のモデルのDJI Osmo Action 3から何が変わったのか気になる方も多いかと思います。

本記事では、DJIのOsmo Action 4とOsmo Action 3の価格やスペック、機能比較を記載します。

どっちがいいのか購入の検討をされてる方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

DJI Osmo Action 4とOsmo Action 3 スペック比較

Osmo Action 4とOsmo Action 3のスペックは以下の通りです。

Osmo Action 4Osmo Action 3
サイズ70.5mm × 44.2mm × 32.8mm70.5mm × 44.2mm × 32.8mm
重さ145g145g
防水性18m(防水ケースなし)、60m(防水ケース使用時)16m(防水ケースなし)、60m(防水ケース使用時)
マイク数33
センサー1/1.3インチ CMOS1/1.7インチ CMOS
レンズFOV:155° f2.8FOV:155° f2.8
ズームデジタルズーム
写真:4倍
動画:最大2倍
スローモーション・タイムラプス:利用不可
デジタルズーム
写真:4倍
動画:2倍(>60fps)
   3倍(60fps HorizonSteadyオン)
   4倍(60fps HorizonSteadyオフ)
スローモーション・タイムラプス:利用不可
ISO感度写真:100 – 12800
動画:100 – 12800
写真:100 – 12800
動画:100 – 12800
電子シャッター速度写真:1/8000 〜 30秒
動画:1/8000 〜 1/X秒(X:フレームレート設定値)
写真:1/8000 〜 30秒
動画:1/8000 〜 1/X秒(X:フレームレート設定値)
最大静止画サイズ3840×2160 (16:9)
3648×2736 (4:3)
4000 × 3000
静止画モードシングル:10MP
カウントダウン:オフ、0.5、1、2、3、5、10秒
シングル:12MP
カウントダウン:オフ、0.5、1、2、3、5、10秒
動画解像度4K (4:3) :24、25、30、48、50、60fps
4K (16:9) :100、120fps
4K (16:9): 24、25、30、48、50、60fps
2.7K (4:3) :24、25、30、48、50、60fps
2.7K (16:9) :100、120fps
2.7K (16:9): 24、25、30、48、50、60fps
1080p:100、120、200、240fps
1080p :24、25、30、48、50、60fps
4K (4:3) :24、25、30、48、50、60fps
4K (16:9) :100、120fps
4K (16:9): 24、25、30、48、50、60fps
2.7K (4:3) :24、25、30、48、50、60fps
2.7K (16:9) :100、120fps
2.7K (16:9): 24、25、30、48、50、60fps
1080p:100、120、200、240fps
1080p :24、25、30、48、50、60fps
スローモーション4K:4x(120fps)
2.7K:4x(120fps)
1080p:
4x(120fps)
8x(240fps)
4K:4x(120fps)
2.7K:4x(120fps)
1080p:
4x(120fps)
8x(240fps)
タイムラプス4K/2.7K/1080p 30fps4K/2.7K/1080p 30fps
安定化機能EIS(電子式映像ブレ補正):
Rocksteady3.0
Rocksteady3.0 +
HorizonBlalancing
HorizonSteady
EIS(電子式映像ブレ補正):
Rocksteady3.0
Rocksteady +
HorizonBlalancing
HorizonSteady
最大動画ビットレート130Mbps130Mbps
画面:フロント・LCD フルカラータッチ画面
・1.4インチ 323 ppi 320×320
・750±50 cd/m²
・LCD フルカラータッチ画面
・1.4インチ 323 ppi 320×320
・750±50 cd/m²
画面:リア・LCD フルカラータッチ画面
・2.25インチ 326 ppi 360×640
・750±50 cd/m²
・LCD フルカラータッチ画面
・2.25インチ 326 ppi 360×640
・750±50 cd/m²
対応ファイルフォーマットexFATexFAT
写真フォーマットJPEG/RAWJPEG/RAW
動画フォーマットMP4(H.264/HEVC)MP4(H.264/HEVC)
対応SDカードmicroSD (最大512GB)microSD (256GBまで)
発売日2023年8月2日2022年9月17日
Amazon Amazon

スペックの大きな違い

Osmo Action 4とOsmo Action 3の主な違いは以下の通りになります。

  • 防水性(Osmo Action 4:18m、Osmo Action 3:16m)
  • センサーサイズ(Osmo Action 4:1/1.3インチ、Osmo Action 3:1/1.7インチ)
  • 10-bit&D-Log M(Osmo Action 4で対応)
  • 対応SDカード(Osmo Action 4:最大512GB、Osmo Action 3:256GBまで)

共通する機能・特徴

Osmo Action 4Osmo Action 3で共通する機能は以下の通り。

  • 4K/120fps & 超広角FOV
  • マグネット クイックリリース&縦向き撮影対応
  • 耐寒性 & 長時間駆動
  • Rocksteady3.0 (手ぶれ補正)
  • HorizonSteady(水平維持)
  • デュアル タッチスクリーン

本体サイズは4、3どちらも同じで前面・背面のディスプレイでタッチ操作が可能です。

HorizonSteadyですが、解像度が1080p (16:9) または2.7K (16:9)で、フレームレートが60fps以下の時のみでHorizonSteadyを利用できます。

スポンサーリンク

DJI Osmo Action 4やOsmo Action 3の価格

DJI Osmo Action 4やOsmo Action 3の価格は以下の通りになります。

Osmo Action 4Osmo Action 3
価格スタンダードコンボ:58,300円
アドベンチャーコンボ:75,900円
スタンダードコンボ:47,300円
アドベンチャーコンボ:66,000円
公式サイトでの価格(2023年8月10日時点)、全て税込
スポンサーリンク

Osmo Action 4とOsmo Action 3はどっちがいい?

Osmo Action 4とOsmo Action 3ではセンサーサイズの大きさが違います。

センサーサイズが大きい方が暗所で撮影した場合には綺麗な映像を撮影することができます。

室内での撮影や夜間での撮影をする場合にはOsmo Action 4がおすすめです。

ただ、室内や暗所で撮影をしない場合にはOsmo Action 3の方が価格も手頃で購入しやすいかと思います。

個人的な意見としては、、

個人的な意見としては以下の通りです。

スポンサーリンク

Osmo Action 4とOsmo Action 3 まとめ

Osmo Action 4Osmo Action 3はどちらもアクションカメラとしては十分の機能があります。

Osmo Action 4は以前のモデルからセンサーサイズが大きくなり着実な進化をしているアクションカメラです。

使用方法によってはOsmo Action 3でも十分使えるので、予算や撮影する目的に合わせてカメラを選ぶのがおすすめです。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

Action
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント