Insta360から新しいコンパクトカメラ『GO 3S』が発売!詳細はこちらから▶︎
PR

カメラを固定するクランプの比較!おすすめの使いやすいクランプはどれ?

記事内に広告が含まれています。

撮影する際にクランプのアクセサリーがあると便利です。

クランプのアクセサリーは様々なものが販売されててどのクランプがおすすめか使いやすいのか比較してみました。

本記事ではカメラを固定するクランプはどのクランプがいいのか3社のクランプを比較してみました。

※ 主にGoPro等のカメラでの使用を想定した比較になってます。

比較するのはSmallRigとUlanzi、TELESINのクランプになります。

それぞれのクランプの特徴や使用感について記載していきます。

結論を先に記載すると、私はUlanziかTELESINのクランプどちらかおすすめに思います。

スポンサーリンク

カメラを固定するクランプの特徴比較

SmallRigとUlanzi、TELESINのクランプの比較になります。

それぞれのクランプの特徴は以下の通りになります。

名称SmallRigUlanziTELESIN
クランプ範囲
(最小と最大の幅)
15~55mm12.5~63.5mm22~45mm
全体の長さ
(クランプからネジ元まで)
135mm140mm165mm
アームの長さ
(ネジを含めない)
7.5mm67mm82mm
荷重1.5kg1.5kg500g
素材アルミ合金アルミ合金アルミ合金+ナイロン繊維素材
ボールヘッド先1/4ネジ1/4ネジ1/4ネジ
GoPro用フィンガー
重さ199g181g202g
販売ページ Amazon Amazon Amazon
幅や長さ、重さは実際に測った数値になります。販売ページとの差があるかもしれません

どのクランプも口が開く幅は広くポールへのクランプは可能です。

クランプの幅

クランプを最大限開いたイメージになります。

クランプの内側にはゴムの素材があります。

クランプをしめるハンドルの部分はSmallRigだけが違った形状をしてます。

クランプボールヘッド

ボールヘッドの先の部分ですが、SmallRigとUlanziは金属製でTELESINのものは滑り止めのリングのついたものとGoPro用のものがあります。

Ulanziのものは動かないようにするためか溝があります。

ボールヘッドの下の部分はTELESINはリングの滑り止めで止まってます。

ボールヘッド先の滑り止め

ボールヘッドの先端の部分にはネジと滑り止めがあります。

SmallRigの滑り止めは縦横の線が凸になっており、Ulanziは小さな突起が出てるような感じです。

TELESINのものは細かな溝等はありません

クランプサイズ

クランプの幅はTELESINものは太く、Ulanziのもは細くなります。

クランプの重さ

それぞれの重さの詳細は以下の通り。

スポンサーリンク

それぞれのクランプの使用感

実際にそれぞれのクランプを使用して感じたことは以下の通りになります。

SmallRigのクランプ
・クランプをしっかり占めることができるハンドル
・取り外しの快適性は少ないように感じる。

Ulanziのクランプ
・しっかりと固定できて取り外しもしやすく質感もいいクランプ
・特に大きな不満もなく使える

TELESINのクランプ
・付属するアクセサリーも多くGoProでもそれ以外のカメラでも使えるクランプ
・耐久性に不安を感じる

それぞれのクランプを使ってみましたがどのクランプもしっかりとカメラの固定をすることができます。

SmallRigのクランプの使用感

SmallRigのクランプはクランプの口をしっかりとしめやすいようなハンドルになってます。

このハンドルでしっかりとしめることができますが、他のクランプのツマミに比べるとサッとしめることができません。

わずかな差ではありますが、ツマミでしめる方が簡単に感じます。

Ulanziのクランプ

Ulanziのクランプは1番いいように感じます。

クランプの質感もよくしっかりと締めることができて使いやすくて大きな不満を感じません。

クランプの購入を考えてる方ならおすすめに思います。

TELESINのクランプ

TELESINのクランプは他のクランプよりもサイズが大きく安定感があります。

ですが、ボールヘッドの部分はゴム製のリングで滑りにくいようになってます。

長期使用で耐久性に不安を感じます。

ですが、TELESINのクランプは同梱されるアクセサリー類が豊富でGoProの取り付け可能なボールヘッドや延長ポールも付属されます。

セットで購入できる良さがあります。

様々なクランプがありますが、実際に使用してみて使用感としてはUlanziのクランプが1番いいように感じます。

また、付属アクセサリーでスマートフォンやGoProでの幅が広がりそうなのはTELESINです。

スポンサーリンク

カメラを固定するクランプの比較 まとめ

カメラを簡単に固定できるクランプのアクセサリーですが1つは持っておくとカメラの設置位置を自由にすることができます。

クランプアクセサリーは低価格で購入できたりセールの対象になることもよくあるので購入しやすいかと思います。

ぜひ確認してみてください。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラやガジェット、アクセサリーのレビューを記事にしてます。

Amazonで買い物する

Amazonで買い物するならプライム会員になるのがオススメです。

Amazonプライムは年間5,900円(税込)または月間600円(税込)

学生なら、Prime Student!6ヶ月間の無料期間にその後は月額300円。

Amazonプライム特典
  • 無料の配送特典
    ー 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • Prime Video
    ー 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
  • Prime Music
    ー 200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なし
  • Amazon Photo
    ー Amazon Driveに写真を容量無制限で保存い
  • プライム会員限定先行タイムセール
    ー タイムセールの商品を、通常より30分早く注文可能
  • Prime Reading
    ー 対象のKindle本を追加料金なしで読み放題
 \月額600円で無料配送、映画や音楽を楽しめる/
カメラ
スポンサーリンク

コメント