Insta360から新しい360度カメラ『X4』が発売!詳細はこちらから▶︎
PR

Insta360 X4 プレミアムレンズガードのレビュー!標準レンズガードとの比較紹介

記事内に広告が含まれています。

Insta360 X4から新しいレンズガードに対応して、X4本体のレンズをしっかりと保護することができるようになりました。

X4にはプレミアムレンズガードが販売されてますが、プレミアムレンズガードはどんな特徴で傷からの保護がどれぐらいできるか気になる方もいるかと思います。

本記事では、Insta360 X4のプレミアムレンズガードについての特徴や使用感を紹介や標準レンズガードとの比較を紹介ます。

簡単にプレミアムレンズガードの使用感をまとめると以下の通りになります

いい点
気になる点
  • X4のレンズをしっかり保護
  • 強化ガラス製
  • ポーチやレンズキャップに対応
  • 着脱の後に指紋の拭き取り
  • 光の反射

以上の詳細について、具体的に記載していきます。

スポンサーリンク

Insta360 X4のプレミアムレンズガード

Insta360 X4のプレミアムレンズガードで、特徴は以下の通りです。

  • 頑丈で貼りやすい強化ガラス製レンズガードで、衝撃や傷から完全に保護します。
  • 光学性能が向上し、よりクリアで明るい映像で撮影できます。
  • 取り外し可能で、取り付けと取り外しが素早く簡単に行えます。
https://www.insta360.com/sal/x4?utm_term=INRAW2W

X4のプレミアムレンズガードの内容物

プレミアムレンズガードの内容物は以下の通りになります。

  • プレミアムレンズガード ×2
  • レンズクロス
  • ユーザーマニュアル

プレミアムレンズガードの特徴

X4のプレミアムレンズガードは強化ガラス製で傷がつきにくく、指紋汚れもクロスで拭き取りしやすいです。

赤い丸を目安にX4に取り付けます。

同梱されている内箱にレンズガードの取り付けやX4での設定について記載されてます。

プレミアムレンズガードを取り付けしてみたイメージです。

スポンサーリンク

プレミアムレンズガードと標準レンズガードの比較・違い

プレミアムレンズガードと標準レンズガードをですが球面の部分で違いがあります。

プレミアムレンズガードは標準レンズガードより丸く、高さがあります。

レンズガードをつまむ部分にはギザギザの引っかかりがあります。

X4に取り付けてみましたが

スポンサーリンク

X4にプレミアムレンズガードをつけて撮影

X4の360°で、72MP・メガ広角で撮影(詳細設定は初期設定のまま)

標準レンズガードとレンズガードなしで撮影した写真と比較

撮影してみてわかったことですが、レンズガードをつけると光の反射が映るような印象です。

レンズガードなしでは光の反射は気にならない印象。

太陽の方を向けて写真の書き出しをしてみました。

スポンサーリンク

X4にプレミアムレンズガードを使ってわかったこと

Insta360 X4にプレミアムレンズガードを取り付けて使用してみてわかったことは以下の通りになります。

いい点
気になる点
  • X4のレンズをしっかり保護
  • ポーチやレンズキャップに対応
  • 着脱の後に指紋の拭き取り
  • 光の反射

X4のレンズをしっかり保護

プレミアムレンズガードは強化ガラス製なのでしっかり保護がされてる安心感があります。

軽く触ってみても標準レンズガードよりも硬く強化ガラス製の素材感がありレンズガード自体も傷つきにくいような印象です。

しっかりレンズを保護して、レンズガード自体も傷つきにくいようにしたい場合にはプレミアムレンズガードがいいと感じます。

ポーチやレンズキャップに対応

X4のプレミアムレンズガードですが、標準レンズガードよりも球面が大きく飛び出た感じになりますが、X4に同梱されるポーチや別途販売されてるレンズキャップにも対応してます。

レンズガードですが、レンズガード自体に傷をつけたくない場合にはポーチやレンズキャップがあると安心で、そう言ったアクセサリーにも対応。

傷の心配なく持ち運びができます。

着脱の後に指紋の拭き取り

プレミアムレンズガードですが、X4に取り付けるときや外す時にどうしてもガラス面に指が当たってしまいます。

標準レンズガードの場合は、周りのギザギザの部分が少し広くあり指を当てずに着脱が可能ですが、プレミアムレンズガードは球面が大きくなっているからかギザギザのみをつまむというのが難しい感じです。

プレミアムレンズガードの着脱では指がガラス面に触れるので指紋の拭き取りが必要になります。

ガラス製なのでさっと拭き取りはできますが、撮影前には注意したいところです。

光の反射

プレミアムレンズガードをつけて撮影してみましたが、環境によっては光の反射があるように感じます。

プレミアムレンズガード

写真の中央にはおそらくですがX4自体のレンズの反射がレンズガードのガラス面に写っているような印象です。

この辺りX4とプレミアムレンズガードを使用する環境によっては光の反射の映り込みがあるかもしれません。

スポンサーリンク

X4のプレミアムレンズガード まとめ

Insta360 X4のプレミアムレンズガードですが、強化ガラス製でX4のレンズ自体をしっかりと保護することやレンズガード自体の傷つきにくさがあるように感じます。

また、持ち運びするためのアクセサリー類にも対応しているので、安心して持ち出しできます。

撮影面ですが、使用する際にはレンズガードの拭き取りやX4自体の設定をすることが必要、また環境によっては光の反射等が考えられます。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

アクセサリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント