Insta360から新しい360度カメラ『X4』が発売!詳細はこちらから▶︎
PR

Insta360 X4 レンズキャップレビュー!傷や汚れを防ぎ手軽に持ち運び!

記事内に広告が含まれています。

Insta360 X4を持ち運ぶ時ですが、2つのレンズに傷つけず汚れないよう持ち運びができるアクセサリーがあると便利です。

本記事では、Insta360 X4をより手軽に傷から守り持ち運びしやすいレンズキャップについてレビューします。

レンズキャップを実際に使用して感じた簡易なまとめは以下のとおりです。

いい点
気になった点
  • レンズの保護
  • 着脱のしやすさ
  • レンズガードをして取り付け可能
  • シリコン製でホコリがつきにくい
  • レンズガードによって隙ができる
  • 砂・小石のあるところでは気をつけたい
  • ポーチとの併用ができない

以下、詳細について記載していきます。

スポンサーリンク

Insta360 X4 レンズキャップ

X4のレンズキャップ

Insta360 X4のレンズキャップになります。

レンズキャップはX4とX3とでサイズが違うので対応しているレンズキャップを選ぶ必要があります。

レンズキャップの内容物

X4のレンズキャップの内容物

内容物は以下の通りです。

  • レンズキャップ本体
  • 書類

レンズキャップ本体の特徴

X4のレンズキャップ

レンズキャップの特徴は以下の通りになります。

  • 素材:シリコン
  • 重さ:28g
  • サイズ:53.3 × 56.51 × 49.45 mm

触った感じスベスベした印象で、ホコリがつきにくいレンズキャップです。

内側もスベスベしたような感じです。

X4のレンズキャップ内側
スポンサーリンク

X4にレンズキャップを取り付け

X4にレンズキャップ取り付け

X4にレンズキャップの取り付けですが、上からかぶせるだけで取り付けができます。

取り付けする際にはレンズキャップを少しつまんで開いてからX4を押し込むような感じです。

X4に標準レンズガードまたはプレミアムレンズガード、サーモグリップカバーを取り付けた状態でもレンズキャップを取り付けできます。

レンズキャップを取り付けた状態では、タッチスクリーンに干渉せず、USB-Cポートも開いて宮殿をすることもできます。

レンズの部分のみを覆います。

スポンサーリンク

X4にレンズキャップを使用してわかったこと

X4にレンズキャップを使用してわかったことは以下の通りになります。

いい点
気になった点
  • レンズの保護
  • 着脱のしやすさ
  • レンズガードをして取り付け可能
  • レンズガードによって隙間ができる
  • ポーチとの併用ができない

レンズの保護

手軽にレンズ保護ができるのはよく感じるところです。

レンズキャップをつけた状態であればそのまま置くこともできるので、この辺りは使ってて楽に感じるところです。

着脱のしやすさ

レンズキャップを引っ張って外してすぐ撮影が快適です。

X4には同梱されるポーチもありますが、X4の利用シーンで水辺や手袋をしている際はポーチではなくレンズキャップを使用する方が手軽にレンズの保護や着脱が可能です。

サッと撮影開始できる点はレンズキャップの方が良く感じます。

レンズガードをして取り付け可能

Insta360 X4にレンズガード(標準レンズガード・プレミアムレンズガード)を取り付けた状態でもレンズキャップを取り付けることができます。

Insta360 X4に同梱されるアクセサリーを全て取り付けた状態でレンズガードの使用ができるのは便利に感じるところです。

レンズキャップをつけるために何かアクセサリーをはずすという手間なしに使えます。

レンズガードによって隙ができる

気になった点としては、使用するレンズガードによってレンズキャップ内に隙間ができます。

プレミアムレンズガードをX4に取り付けた状態でレンズキャップを使用するとピッタリという感じですが、標準レンズガードやレンズガードなしでレンズキャップを使用すると隙間があるように感じます。

持ち運びやレンズ保護をする点では大きな問題ではないですが気になった部分です。

ポーチとの併用ができない

X4に同梱されるポーチにレンズキャップをつけて入れてみたところ、チャックが閉まりきりませんでした。

レンズキャップ分の厚みができるので収納が難しくなるような感じです。

レンズ保護で手軽に持ち運びしたいという場合にはレンズキャップのみの使用がいいです。

スポンサーリンク

Insta360 X4 レンズキャップ まとめ

Insta360 X4のレンズキャップですが手軽に着脱できることやしっかりとレンズの保護をすることができます。

私はプレミアムレンズガードと併用してますがレンズガードがぴったりとハマるような感じで保護の安心感がありあます。

Insta360 X4では新しいレンズガードもついて本体のレンズの保護がよりしやすくはなってますが、レンズガード自体にも傷がつくことは防ぎたいというところです。

レンズキャップ自体は価格も安く汚れても気にならないアクセサリーなので1つはあるとよりX4を使用する安心ガンが増えるかと思います。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

アクセサリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント