楽天 お買い物マラソン開催中!ポイント最大46倍!7月26日まで!こちらから▶︎
PR

Insta360 GO 3Sが発売開始!特徴やスペック、前モデルのGO 3と比較まとめ

記事内に広告が含まれています。

2024年6月13日にInsta360からコンパクトなカメラ『Insta360 GO 3S』の発表があり発売されました。

本記事では、新しいInsta360 GO 3Sについてカメラの特徴やスペックの紹介、前のモデル「GO 3」からどれだけ変わったか比較の情報を記載します。

新しいInsta360 GO 3Sは4Kの撮影に対応したことやメガ広角の選択など大きな特徴があります。

この記事からわかること・結論
  • Insta360 GO 3S・情報についての詳細・新機能
  • 新しいGO 3Sと前のモデルGO 3との特徴・スペックの違い
  • ストレージによる価格の違いやカメラ単体購入が可能
  • 4Kで動画制作するならGO 3Sの128GBのモデルがおすすめ
  • GO 3Sはカメラ部分のみの購入が可能で、購入は公式ストアからがおすすめ

Insta360 GO 3SとGO 3の特徴的な違いを簡単にまとめると以下の通りです。

GO 3S
GO 3
  • 動画:
    4K30fps
    1080p200fps
  • 最大動画ビットレート:120Mbps
  • 簡単切り替え
  • メガ広角FOV
  • インターバル撮影
  • ジェスチャー操作
  • Apple Find My
  • 防水10m
  • 動画:
    2.7K30
    1080p100fps

公式から詳細の確認できます。

Insta360 GO 3の使用レビュー記事は以下のリンクから確認できます。

スポンサーリンク

Insta360 GO 3Sの特徴・スペック

Insta360 GO 3Sの特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

Insta360 GO 3Sの特徴
  • 4K30fps
  • メガ広角FOV
  • 簡単切り替え(カメラの向きを変えて縦横の向きを簡単切り替え)
  • FlowState 手ぶれ補正
  • クイックキャプチャー(電源オフの状態でもすぐに撮影可能)
  • ジェスチャー操作
  • 音声制御 2.0(日本語に対応)
  • インターバル撮影
  • Apple Find My(Appleの探すアプリに対応)
  • 磁気ペンダント、簡易クリップ、ピポットスタンドに対応
  • 長時間バッテリー
  • アクションポッド

Insta360 GO 3Sは4K30fpsでの撮影が可能となってます。

Insta360 GO 3Sの本体の特徴

Insta360 GO 3Sの本体の特徴は以下の通りになります。

  • GO 3S
    重さ:39.1g
    サイズ:25.6 × 54.4 × 24.8mm
  • アクションポッド
    重さ:96.3g
    サイズ:63.5 × 47.6 × 29.5mm(画面格納時)
    サイズ:63.5 × 86.6 × 29.9mm(画面展開時)
  • カラー:アークティックホワイト、ミッドナイトブラック
  • ストレージ:64GB、128GB
  • フリップ式タッチスクリーン
  • バッテリー容量:
    GO 3S:310mAh
    アクションポッド:1270mAh
  • 充電時間:
    GO 3S:80%まで23分/100%まで35分
    アクションポッド:80%まで47分/100%まで65分
  • 連続撮影時間:
    GO 3S:38分
    GO 3S+アクションポッド:140分
    ※公式サイトに記載のある連続撮影時間になります。
  • Type-C USB 2.0

Insta360 GO 3Sのレンズの部分はレンズガードの取り外し可能となってます。

アクションポッドは以前のGO 3と違いはありません。

Insta360 GO 3Sではストレージ内蔵で前のモデルでは32GBがありましたがGO 3Sは64GBと128GBの2つのストレージでの販売となってます。

4Kが撮影可能ということで、動画容量が大きくなるからか64GBからになったのではないかと思います。

スポンサーリンク

Insta360 GO 3Sの販売されてるモデル・価格

Insta360 GO 3Sはカラーが2色、ストレージは64GBと128GBとあり、GO 3Sのカメラ部分のみの購入も可能です。

Insta360 GO 3S
カラーアークティックホワイト
ミッドナイトブラック
ストレージ64GB
128GB
価格64GB:61,800円
128GB:65,800円
GO 3S単体価格64GB:36,800円
128GB:41,800円
アクションポッド単体価格22,800円
2024年6月13日の公式ストアの価格になります

前のモデル「GO 3」を所有されている方はGO 3Sのカメラの部分だけを購入して使用も可能です。

GO 3SはInsta360のアクセサリー一覧から確認することができます
公式ストアURL:https://store.insta360.com/accessory

スポンサーリンク

Insta360 GO 3SとGO 3の詳細スペック比較

Insta360 GO 3SとGO 3の詳細なスペックの違いになります。違いのある部分は赤になってます。

Insta360 GO 3SGO 3
重量・サイズGO 3S
重さ:39.1g
サイズ:25.6 × 54.4 × 24.8mm
アクションポッド
重さ:96.3g
サイズ:63.5 × 47.6 × 29.5mm(画面格納時)
サイズ:63.5 × 86.6 × 29.9mm(画面展開時)
GO 3
重さ:35.5g
サイズ:25.6 × 54.4 × 23.2mm
アクションポッド
重さ:96.3g
サイズ:63.5 × 47.6 × 29.5mm(画面格納時)
サイズ:63.5 × 86.6 × 29.9mm(画面展開時)
絞り
焦点距離(35mm判換算)
F2.8
16mm
F2.2
11mm
写真解像度4000 × 2250(16:9)
2880 × 2880(1:1)
3968 × 1472(2.7:1)
4000 × 3000(4:3)
2560 × 1440(16:9)
2560 × 2560(1:1)
1440 × 2560(9:16)
2936 × 1088(2.7:1)
動画解像度動画:
4K: 3840×2160 30/25/24fps
2.7K: 2720×1536 30/25/24fps
2752×1530 50fps
1080p: 1920×1080 50/30/25/24fps

FreeFrame動画:
4K: 3840×2160 30/25/24fps
2.7K: 2720×1536 50/30/25/24fps
1080p: 1920×1080 50/30/25/24fps

タイムラプス:
4K: 4000×3000 30fps
(Insta360 Studioを使って最適な画質で書き出し)

タイムシフト:
4K: 4000×3000 30fps
(Insta360 Studioを使って最適な画質で書き出し)
2.7K: 2720×2040 30fps

スローモーション:
2.7K: 2720×1530 100fps
1080p: 1920×1080 200/120fps

プリ録画:
4K: 3840×2160 30/25/24fps
2.7K: 2720×1536 30/25/24fps
2752×1530 50fps
1080p: 1920×1080 50/30/25/24fps

ループ録画:
4K: 3840×2160 30/25/24fps
2.7K: 2720×1536 30/25/24fps
2752×1530 50fps
1080p: 1920×1080 50/30/25/24fps
動画:
2.7K: 2720×1536 30/25/24fps
1440p: 2560×1440 50/30/25/24fps
1080p: 1920×1080 50/30/25/24fps

FreeFrame動画:
1440p: 2560×1440 50/30/25/24fps
1080p: 1920×1080 50/30/25/24fps

タイムラプス:
1440p: 2560×1440 30fps

タイムシフト:
1440p: 2560×1440 30/15fps

スローモーション:
1080p: 1920×1080 120fps

プリ録画:
2.7K: 2720×1536 30/25/24fps
1440p: 2560×1440 50/30/25/24fps
1080p: 1920×1080 50/30/25/24fps

ループ録画:
2.7K: 2720×1536 30/25/24fps
1440p: 2560×1440 50/30/25/24fps
1080p: 1920×1080 50/30/25/24fps
ISO感度100-3200100-3200
シャッター速度写真:1/8000~120秒
動画: 1/8000 – フレームレートの逆数
写真:1/8000 – 120秒
動画:1/8000 – フレームレートの逆数
ホワイトバランスオート、2000K – 10000Kオート、2000 – 10000K
写真フォーマットJPG
DNG(アプリまたはStudioで書き出し可能)
INSP(アプリまたはStudioで書き出し可能)
DNG(アプリまたはStudioで書き出し可能)
動画フォーマットMP4MP4
写真モード写真、HDR写真、インターバル、スターラプス写真、HDR写真、インターバル、スターラプス
動画モード動画、FreeFrame動画、タイムラプス、タイムシフト、スローモーション、プリ録画、ループ録画、インターバル録画動画、FreeFrame動画、タイムラプス、タイムシフト、スローモーション、プリ録画、ループ録画
カラープロファイル標準、鮮やか、フラット、ポートレート標準、鮮やか、フラット
最大動画ビットレート120Mbps80Mbps
Live Streaming
防水10m5m
ジャイロスコープ6軸ジャイロスコープ6軸ジャイロスコープ
露出値±4EV±4EV
音声モード風切り音低減
ステレオ
方向性強調
風切り音低減
ステレオ
方向性強調
音声ファイル形式48kHz、24bits、ACC48kHz、24bits、ACC
BluetoothBLE 5.0BLE 5.0
Wi-Fi5GHz
802.11a/n/ac
5GHz
802.11a/n/ac
ストレージ64GB、128GB32GB、64GB、128GB
バッテリー容量GO 3S:310mAh
アクションポッド:1270mAh
GO 3:310mAh
アクションポッド:1270mAh
USBType-C USB 2.0Type-C USB 2.0
充電時間GO 3S:80%まで23分/100%まで35分
アクションポッド:80%まで47分/100%まで65分
GO 3:80%まで23分/100%まで35分
アクションポッド:80%まで47分/100%まで65分
動作温度-20℃ ~ 40℃-20°C〜40°C
スポンサーリンク

Insta360 GO 3Sがおすすめ人

Insta360 GO 3Sは普通のカメラとしての使用や両手をフリーに撮影が可能で超コンパクトなカメラで使い勝手が広く初心者の方でもいろんな撮影を試すことができるカメラです。

以下のような撮影をしたい方にはおすすめです。

Insta360 GO 3Sがおすすめな人
  • コンテンツ制作で撮影したい人
    子供を胸から撮影
    ペットの首輪につけて動物目線の撮影をしたい
  • 4Kでいろんなアングルから撮影したい人

撮影を楽しみたいという方にはおすすめなカメラです。

Insta360 GO 3Sは128GBがおすすめ

Insta360 GO 3Sはどのストレージの購入がいいかですが、128GBがおすすめです。

Insta360 GO 3Sはストレージが内蔵されてるので後からストレージを増やしたりすることができません。

また4Kでの撮影をしたい場合には、ストレージは大きいほうが安心して撮影ができます。

価格を見ても大きな差がないこともあります、64GBと128GBとでは4,000円ほどの価格差なので128GBがおすすめ。

Insta360 GO 3Sのキット

Insta360 GO 3Sは撮影したい目的にあわせたキット販売がされてます。

  • 通常版:Insta360 GO 3S 本体 ×1、レンズガード(レンズに装着済み)×1、アクションポッド ×1、磁気ペンダント ×1、ピボットスタンド ×1、簡易クリップ ×1
  • トラベルキット:通常版の内容物、クイックリリースマウント ×1、ミニ三脚付き自撮り棒 ×1、収納ケース ×1
  • アクションキット:通常版の内容物、磁気ペンダント安全コード ×1、スクリーンプロテクター ×1、風防カバー ×1、縦&横アクションマウントセット ×1
  • ウォータースポーツキット:通常版の内容物、潜水ケース ×1、フローティングハンドグリップ ×1、磁気ペンダント安全コード ×1
  • オールインワンキット:通常版の内容物、クイックリリースマウント ×1、ミニ三脚付き自撮り棒 ×1、収納ケース ×1、磁気ペンダント安全コード ×1、スクリーンプロテクター ×1

アクセサリーはあると撮影の幅が広がり、撮影したい目標がある場合にはキット販売がおすすめ。

またGO 3Sを使用する際にはmicroSDカードも合わせて用意がおすすめです。

スポンサーリンク

Insta360 GO 3Sの特徴と前モデルGO 3との比較 まとめ

Insta360 GO 3Sですが4K30fpsで撮影ができるようになって、他の4K映像ともあわせて編集もしやすくなりました。

また、コンパクトなカメラで万が一紛失した際にもAppleの探すアプリに対応してるので見つけやすくもなってます。

ジェスチャー操作や音声制御もできて、細かいところでも使いやすさがよくなっている印象です。

Insta360の新しい360度カメラ『GO 3S』は一風変わったアングルからの撮影やおもしろい・楽しい動画を残したいという方には非常におすすめなカメラです。

この記事を書いた人
satoshi

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI、Insta360のカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Black、HERO11 Blackを使用。

DJI製品は主にPocketシリーズを使用しており、
Insta360の製品は全般的に使用させていただいてます。

アクションカメラやガジェット、アクセサリーのレビューを記事にしてます。

GO
スポンサーリンク

コメント