新しい廉価版GoPro HeroとHero5、Hero6スペック比較

GoPro
スポンサーリンク

エントリーモデルの「GoPro Hero」が新しく発表されました。

値段は、日本円で2万6000円。

GoPro Hero5やHero6に比べて買いやすい値段になってますね。

では、何が新しくなったのか、以前のモデルや

GoPro Hero5やHero6と比較しながらみていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前のGoPro Heroとの比較


出典:GoPro

新しいGoPro Heroの特徴と、以前のGoPro Heroから変わったところ。

  • 外観が、Hero5、hero6と同じに
  • 背面タッチパネル
  • 音声コントロール対応
  • 10 MP / 10 fps で連写
  • 1080p60の動画撮影が可能

主だった特徴と変化は以上の通りです。

音声コントロールが可能になったことでより利便性が上がりましたね。

新しいGoPro Heroが販売されるからか、以前のモデルは販売終了となっております。

 

新しいGoPro HeroとHero5、6の比較

新しいGoPro Heroは見た目は、よりHero5やHero6に近づきました。

スペックとしてはどうなのか比較しました。

主にスペックとして違うところをピックアップしております。

 

新しいGoPro HeroHero5Hero6
ビデオ1080p604k304k60
写真10MP/10fps12MP/30fpsバースト12MP/30fpsバースト
音声コントロール
音声起動××
HDR写真××
タッチズーム×× ◯
露出コントロール× ◯ ◯
オーディオマイク入力× ◯ ◯
GPS× ◯ ◯

 

新しいGoPro Heroでは、4K動画やHDR形式の写真撮影に対応しておらず、

GPS、露出コントロール、オーディオマイク入力などが省略されてています。

エントリーモデルとしては十分であると感じます。

新しいGoPro Heroはこんな人にオススメ

エントリーモデルなので、基本的に誰にでもオススメできますが、

個人的には、インスタグラムに写真を上げている方にオススメ。

「#Goproのある生活」のタグ付けしてアップしたい方には、

値段も、性能もちょうどいいスペックだと思います。

今まで、値段が高くて買えなかった人や、

4k動画とかそこまでの機能はいらないという方にもいいモデルです。

また、

GoPro複数台で撮影したい方にもオススメです。

Hero5やHero6よりも値段が安く、

2台目、3台目 のGoProのとしての購入しやすいので、

より撮影の幅が広がるかと思います。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

値段も安く、性能も必要十分にある新しいGoPro Hero。

これを機にGoProでインスタグラムを更新してみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい記事

Goproゴープロのマウントやアクセサリー記事一覧まとめ
Goproゴープロのアクセサリーというのはどういうものがあるのか、 また、その使い方や撮影できる写真について紹介している記事の一覧まとめです。 Goproゴープロのアクセサリー選びを考えている方はぜひ参考にしてみてください。 ...
インスタにシェアするためのGoproゴープロの簡単な最適設定!
Goproゴープロを購入したら、いろんな撮影が可能です。 ただ、インスタにアップするのは、どの設定いいの? この設定は自分には必要なの? などなど。 とにかく簡単にどの設定がいいのか、あくまで私なりの認識でまとめておこうと...
GoProゴープロにオススメのmicroSDカードと容量を紹介!
GoProゴープロを購入すると合わせて購入が必要なmicroSDカード。 本日はそのmicroSDカード(マイクロSDカード)について、 microSDカードや注意点、選び方、用途に合わせ必要な容量を紹介していきます。 ※主に...

 

 

GoProゴープロ、趣味、レビュー等、役立つ情報発信。
遊び場、アイデアの参考になるようなブログを目指し運営。
自称、一人旅や海外が好きな人

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
GoPro
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
satoをフォローする
スポンサーリンク
satowith log – Goproゴープロの写真と遊びのまとめ

コメント