年に一度のAmazonプライムデーがくる!キャンペーンやポイント還元を多くもらう!詳細はこちらから

GoProアクセサリー『チューブマウント大』レビュー!自転車フレームにマウント

アクセサリー

GoProのアクセサリー『ポールマウント』より大きいバーやパイプにGoProをマウントできる『チューブマウント大』があります。今回は自転車のフレームにGoProをマウントするために『チューブマウント大』を購入。

GoProアクセサリー『チューブマウント大』や使用して撮影した動画のレビューになります。

GoProアクセサリー『チューブマウント大 (ロールバーマウント)』

GoProアクセサリー『チューブマウント大 (ロールバーマウント)』

チューブマウント大 (ロールバーマウント)
棒や筒状のものにGoProをマウントができるアクセサリー。直径約3.5~6.35cmの筒状のもの(バーやパイプ)に取り付けが可能。

GoProアクセサリー『チューブマウント大』内容物

GoProアクセサリー『チューブマウント大 (ロールバーマウント)』

チューブマウント大の内容物は以下の通りです。

  • チューブマウント大
  • サイズ調整のアダプタ
  • 書類

『チューブマウント大』特徴

ポールマウントのサイズを大きくしたチューブマウント大。取り付けはポールやパイプなどに取り付けて、ネジのついたバーを引っ掛けて閉じます。

GoProアクセサリー『チューブマウント大 (ロールバーマウント)』本体

アクセサリーの内側は滑りにくい素材になっています。アダプタでサイズに合わせることができます。直径約3.5~6.35cmのものに取り付けが可能。

GoProアクセサリー『チューブマウント大 (ロールバーマウント)』本体

マウントのベースの部分は向きを変えることができて、360度で開店が可能で16箇所で位置を固定できます。

GoProアクセサリー『チューブマウント大 (ロールバーマウント)』本体

アクセサリーの外観の印象としてはポールマウントをより大きくした感じです。

GoProアクセサリー『チューブマウント大 (ロールバーマウント)』本体

チューブマウント大とポールマウントの比較

チューブマウント大とポールマウント

チューブマウントとポールマウントの大きさの比較です。

  • チューブマウント大:直径 約35~63.5mm
  • ポールマウント:直径 約9~35mm 

それぞれの内容物は同じで、取り付けや使用に関しても同じになります。サイズの違い以外は同じです。

チューブマウント大の購入理由

今回チューブマウントを購入した理由として、クロスバイクに取り付けての撮影を考えています。

ポールマウントでクロスバイクのハンドルバーに取り付けて撮影することはできますが、ハンドルに取り付けるのでハンドルの動く方にカメラが向いて左右に揺れる映像になってしまいます。

ハンドルの左右の揺れがない映像を撮影したく、クロスバイクのフレーム前方にGoProを取り付ければ左右の揺れのない映像を撮影できるかと思いチューブマウント大を購入。

チューブマウント大 (ロールバーマウント)で撮影

チューブマウント大をクロスバイクのフレームに取り付けて撮影してみました。ポールマウントとの映像の比較をしています。

GoProアクセサリー、ポールマウントとチューブマウント

撮影では以下のようにGoProを取り付けて撮影。ポールマウントはハンドルバーに取り付け、チューブマウントはフレームの前方に取り付けて撮影しています。

GoProの設定は4K60、GoProカラー、シャープネス中

チューブマウント大のイメージは安定してる

ポールマウントではハンドルを左右に動かすと映像も左右に振れる感じがあります。チューブマウントで撮影した映像は、多少低い位置になりますが左右の揺れが少ない映像です。

チューブマウントの映像の方がクロスバイクに取り付けた時には安定している感じがあります。

街の中を走行しながら撮影する際は信号で止まると無意識的にハンドルが左右のどちらかに傾いたりすることがあると思います、そういった場合正面を向ける意識が必要です。

チューブマウント大はハンドルの向きを気にすることなく撮影できるのでいいかと思います。また、GoPro HERO9なら水平維持の機能があるのでクロスバイク自体のフレームが多少傾いても水平は維持してくれます。

チューブマウント大の取り付けには工夫がいる

チューブマウント大をフレームに取り付けをしてみましたが、私のクロスバイクではブレーキのケーブルが出てるので取り付けには工夫が必要でした。

チューブマウント大とクロスバイク

また撮影時にはブレーキケーブルが動くのでケーブルがGoProに当たります。ケーブルの当たる音が入ります。

ケーブルがフレーム内に収納されているタイプのクロスバイクなら簡単に取り付けることができるかと思います。

両方ともクロスバイクの音を拾う

ポールマウントやチューブマウントをクロスバイクに取り付けて撮影してみて一番気になったのは、音の部分があります。クロスバイクからの振動音が映像に入っています。

最後に

チューブマウントのレビューになります。チューブマウントでクロスバイクのフレームに取り付けて撮影することで安定した映像を撮影できました。

ポールマウントでは対応できないサイズのポールにはチューブマウントの利用で、バックルでベースマウントに取り付けるので取り外しも簡単にすることができます。

自転車・クロスバイクで撮影を考えている方にはいいアクセサリーです。

コメント