DJIからDJI Pocket2が発表と同時に発売開始!詳しくはこちらから

GoPro HERO9 Blackが発表・発売!前面スクリーンに新しいモジュラー

2020年9月16日、新しいGoPro HERO9 Blackが発表され発売が開始されました。
新しいGoProと新しいモジュラーが発表されています。カメラの強化やHypersmooth3.0など楽しみな特徴がたくさんあります。

本日は、新しく発表されたGoPro HERO9 Blackと新しいモジュラーを紹介します。

2020年09月17日 GoPro HERO9 Blackが販売開始されています。

新しいGoPro HERO9 Black

画像はHERO8 Black

新しいGoPro HERO9 Blackの特徴は以下の通り。

GoProHERO9 BlackHERO8 BlackMAXHERO7 Black
カメラ20MP
+SuperPhoto(高性能HDR搭載)
12MP
+SuperPhoto(高性能HDR搭載)
16.6MP 360度写真/5.5MP HEROモード写真12MP
+スーパーフォト(HDR搭載)
LiveBurst
PowerPano270度 6.2MP
パノラマ写真
ビデオ4K60
5K30
4K60
1080p480
360度ビデオ:
5.6K30
HEROモード:
1440p60/1080p60
4K60
1080p240
HindSight
100Mbpsビットレート
スケジュールキャプチャー
デュレーションキャプチャー
デジタルレンズ/FOVSuperView、広角、リニア、リニア+ホライゾンレベリング、狭角SuperView、広角、リニア、狭角Max SuperView、広角、リニア、狭角SuperView、広角、リニア
防水性能○ 10m◯ 10m◯ 5m○ 10m
音声コントロール
前面スクリーン○ 1.4インチカラーLCD
タッチスクリーン
スローモション8倍8倍2倍8倍
GPS
HyperSmooth ビデオ○ 3.0◯ 2.0Max HyperSmooth
TimeWarp ビデオ○ 3.0◯ 2.0Max TimeWarp
ライブストリーミング○1080p◯ 1080p
◯ 1080p○ 720p
価格54,000円※50,800円61,000円30,800円

値段は公式サイトの価格(2020年09月16日 現在)

GoPro HERO9 Blackは以前のモデルよりも本体が少し大きく、前面ディスプレイが搭載されています。重量も158gとHERO8より32gほど重くなっています。

そして、HERO7と同じようにレンズが交換できるになっております。HERO8ではレンズの交換ができない仕様になっていましたが、HERO9ではHERO7と同様レンズ交換に対応。

Hypersmooth3.0ではカメラ内ホライゾンレベリングが可能になったとの記載があり(水平維持機構)、水平を保つことやさらなる手ブレ補正があるようです。

HindSightの機能で録画開始前の映像を30秒記録が可能になっているようです。撮影始めを出遅れることがなくなるような機能です。

そして、新しい機能にスケジュールキャプチャーとデュレーションキャプチャーがあります。
スケジュールキャプチャーでは、録画開始時間の設定ができます。
デュレーションキャプチャーでは、録画する時間の長さの設定ができます。

GoProの価格について、
今回のGoPro HERO9 Blackの価格について、GoPro単体で購入するか、バンドルで購入するか、またサブスクリプションを申し込んでいると少し安く購入することができるようになります(GoPro公式サイトでの価格です)。

GoPro HERO9 Black 単体54,000円(税込) 
GoPro HERO9 Black 単体
(1年間サブスクリプション登録時)
43,000円(税込)
GoPro HERO9 Black バンドル60,000円(税込)
GoPro HERO9 Black バンドル
(1年間サブスクリプション登録時)
49,000円(税込)

バンドルセットでは、GoPro HERO9 Blackにフローティーグリップ、マグネット付きスイベルクリップ、スペアバッテリー、32GB SDカードになります。

サブスクリプションは、GoPro Plusで年間6,000円で様々なサービスを受けることができます。

サブスクリプションに申し込んでからGoPro HERO9 Blackを購入する方がかなりお得です。サブスクリプションはいつでも止めることができます。

新しいメディアモジュラーにレンズモジュラー

GoPro HERO9 Blackと同時にHERO9用のメディアモジュラーが販売されています。

メディアモジュラーはHERO8の際に販売されていたメディアモジュラーと同じような形状をしています。サイズの違いがありモジュラーを購入する際は、HERO8用とHERO9用を間違えないようにすることが必要です。

指向性マイクが搭載されていることや外部マイクを接続できるマイク端子やHDMI出力端子やコールドシューマウントがあります。
この辺りはHERO8用のメディアモジュラーと同じです。

1点違うのは取り外し可能なフォームマイクカバーがあること。
メディアモジュラー本体内蔵のマイクをカバーし風切音を軽減させることができるようです。

新しいレンズモジュラーは超広角デジタルレンズでブレの補正が可能のようです。HERO 9がレンズ取り外し可能になりこういったレンズが利用できるようです。

新しく撮影の幅が大きく広がるモジュラーです。

ディスプレーモジュラーに関してはHERO8、HERO9の両方のメディアモジュラーに接続して使えるようです。

最後に

GoPro HERO 9 Blackが発表と同時に発売が開始されました。
新しく前面スクリーンや手ぶれ補正の強化などアクションカメラとしても優秀なGoProがVlogカメラとしても使いやすくなっているように感じます。

もう購入の手続きはしましが、いつ手元に届くのかが気になります。
手元に届き次第撮影を試したり、HERO8、7との比較をしたいと思います。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoPro
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント