GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

GoPro HERO8 Blackの写真モードを紹介!各設定やナイトフォト、HERO7と比較

GoPro HERO8 Blackではスーパーフォト+高性能HDRでより迫力のある写真の撮影が可能になりました。写真モードでは以前のHERO7よりも設定できる項目が増えています。

本記事は、GoPro HERO8 Blackで撮影した写真やHERO7との写真の比較を紹介します。

ここではレンズ・出力を変更しています。Protune等の設定はしていません。
ほぼデフォルトの状態でどんな写真になるのかを伝えていきます。

スポンサーリンク

GoPro HERO8 Blackの写真モード

GoPro HERO8 Blackで撮影した写真を紹介していきます。ここでは、レンズ(広角・リニア・狭角)と出力(スーパーフォト・HDR・標準・RAW)の項目を変更して撮影しています。Protuneの設定は何もせずに、誰でもできる撮影の設定での撮影です。

GoPro HERO8 Blackのレンズを変更して撮影

GoPro HERO8 Blackからレンズの設定が、広角・リニア・狭角と3つの選択となりました。

それぞれのレンズ設定でどのぐらいの範囲が写るか紹介します。(HERO7の視野角は、広角と魚眼無効の2つです。)※ここでの出力はスーパーフォトに設定しています。

レンズ、広角

GoPro HERO8 Blackで広角でスーパーフォト

広角での撮影時はやはり広い範囲が写ります。また、写真の四方が丸みがみえます。

リニア

GoPro HERO8 Blackでリニアでスーパーフォト

リニアでは、広角よりも写る範囲が狭くなっています。

広角の写真と比べて階段がほとんど写っていません。写真に丸みがなく、HERO7の魚眼無効の設定と同じような感じです。

狭角

GoPro HERO8 Blackで狭角でスーパーフォト

狭角では、右側の階段が写っていません。石台も少しだけ見えている状態です。

GoPro HERO8 Blackの出力を変更して撮影

GoPro HERO8 Blackから出力の設定が、スーパーフォト・HDR・標準・RAWがあります。

それぞれの設定で撮影した写真を紹介します。(HERO7の視野角は、自動・オン・オフの3つです。)※ここでのレンズは広角に設定しています。

スーパーフォト

GoPro HERO8 Blackで広角でスーパーフォト

HDR

GoPro HERO8 Blackで広角でHDR

標準

GoPro HERO8 Blackで広角で標準

RAW

GoPro HERO8 Blackで広角でRAW

スーパーフォトで撮影した写真がはっきりとした印象です。

GoPro HERO7 Blackとの写真の比較

GoPro HERO8 BlackとGoPro HERO7 Blackの写真の比較です。
※写真上の画面のバーを左右に動かすことで写真を見比べることができます。

GoPro HERO8 Blackで広角でスーパーフォトGoPro HERO7 Blackで広角でスーパーフォトオン

GoPro HERO8 Blackの設定は、広角でスーパーフォトで撮影。
GoPro HERO7 Blackの設定は、広角でスーパーフォトオンで撮影。

スポンサーリンク

GoPro HERO8 Blackのナイトフォトモードで撮影した写真

GoPro HERO8 Blackのナイトフォトモードでは、レンズ(広角・リニア・狭角)やシャッターを開く時間の設定、出力(標準・RAW)を設定することができます。

撮影した設定は、広角、シャッター自動、出力に標準で撮影しています。
GoPro HERO7 Blackで撮影した写真も比較しながら確認してみてください。

GoPro HERO8 BlackでナイトフォトGoPro HERO7 Blackでナイトフォト

GoPro HERO8 Blackのナイトフォトモードはオレンジ色が強く暖かみのある感じがします。

GoPro HERO8 Blackでナイトフォト

ナイトモードに関しては違った印象の写真になります。

GoPro HERO8 Blackの夜間撮影GoPro HERO7 Blackの夜間写真

GoPro HERO7 Blackは青味が強い印象があり、ビルの撮影はHERO7の方が雰囲気がいいように感じます。

スポンサーリンク

GoPro HERO8 Blackの写真設定

GoProで写真を撮影するとGoProっぽい色味が出ます。特に空の色がきれいです。

GoPro HERO8 Blackで広角でスーパーフォト

これは、GoPro HERO8 Blackでレンズを広角でスーパーフォトで撮影した写真です。

空の色がとてもきれいに出てるのでGoProでの撮影をオススメ。

広角で撮影すると写真の端が丸くなります、ですがリニアで撮影するとこの丸みがなくなります。

レンズを好きなイメージに切り替えができます。

出力に関しては、スーパーフォトで撮影するとキレイに撮影できます。

  • 写真を広く写したい場合は、広角でスーパーフォトでの撮影がオススメ
  • 写真に丸みなしで写したい場合は、リニアでスーパーフォトで撮影がオススメ
スポンサーリンク

GoPro HERO8 Blackの写真の設定の変更

GoPro HERO8 Blackでは、プリセット機能により設定の変更が簡単にできるようになりました。

また、レンズや出力の変更などの項目も簡単に設定を変更することができます。

画面上に合計で5つのアイコンが表示されています。

  • 左上(1)、ストップウォッチのアイコン:撮影のタイマーを設定(3秒、10秒)
  • 左下(2)、Wのアイコン:レンズの設定を変更(Lでリニア、Nで狭角)
  • 中央下(3)、写真モード:プリセットの変更
  • 右上(4)、出力の変更が可能
  • 右下(5)、ズーム(1×〜2×)※狭角を使用時ズームは使用できません。

画面を数タップするだけで設定の変更が可能になったのはとても便利な点です。

スポンサーリンク

まとめ

GoPro HERO8 Blackの写真モードの各設定を変更して撮影した写真です。

個人的な印象としては、以前のモデルよりもはるかに写真が綺麗になっていると感じています。

GoPro特有のキレイな色もはっきり出ています。

また、操作性も良く、設定の変更が簡単になり扱いやすくなったので初めてGoProを使う人でも扱いやすいと思います。

Amazonで買い物する

Amazonで買い物するならプライム会員になるのがオススメです。

Amazonプライムは年間4,900円(税込)または月間500円(税金)

学生なら、Prime Student!6ヶ月間の無料期間にその後は月額250円。

Amazonプライム特典
  • 無料の配送特典
    ー 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • Prime Video
    ー 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
  • Prime Music
    ー 200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なし
  • Amazon Photo
    ー Amazon Driveに写真を容量無制限で保存い
  • プライム会員限定先行タイムセール
    ー タイムセールの商品を、通常より30分早く注文可能
  • Prime Reading
    ー 対象のKindle本を追加料金なしで読み放題
 \月額500円で無料配送、映画や音楽を楽しめる/
この記事を書いた人

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black、HERO10 Blackを使用。
現在はHERO11を使用してます。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

モデル比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント