GoPro公式サイトでHERO8が50,800円、MAXは61,000円、SDカード付きで販売中(2019.11.17 現在)詳細はこちら

GoPro HERO8 BlackとHERO7の動画比較!HyperSmooth2.0がスゴイ!

GoPro

GoPro HERO7 BlackからHyperSmoothの機能が追加されて手振れ補正が強化され動画の安定性が増しています。そして、GoPro HERO8 BlackではHypersmooth2.0になりどれぐらい進化したか気になるところです。GoPro HERO8 Blackと前モデルのHERO7 Black、それぞれで同時に撮影した動画の比較しました。

本日は、GoPro HERO8 Blackは前モデルHERO7からどれぐらい動画の安定性が変わったのか、また動画を見て気づく点について紹介します。

スポンサーリンク

GoPro HERO8 BlackとHERO7の動画比較

GoPro HERO8 Black and HERO7 Blackの動画の比較!手振れ補正が進化を感じる!

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Blackの比較の動画です。
この動画2つのGoProの設定を同じにして撮影をしています。撮影環境や設定は以下の通りです。

  • 撮影時間:日中(おおよそ14時ごろ)
  • GoPro HERO8 Blackの設定:4K30 広角 HyperSmooth ブースト。その他、デフォルト
  • GoPro HERO7 Blackの設定:4K30 広角 安定化、自動。その他、デフォルト
  • GoPro本体を手持ちで撮影

カメラを正面に向けることのみを意識して撮影しています。手振れを抑えるように歩くことは全く意識せずに歩いたり、走ったりしています。

GoPro HERO8とHERO7の動画の違い

GoPro HERO8 BlackとHERO7の動画比較

GoPro HERO8 BlackとHERO7の比較動画のスクリーンキャプチャです。
動画を見てわかる違いは以下の通りです。

  • HERO8とHERO7の色味の違い
  • HERO8とHERO7の手振れの違い

これを見てわかると思いますが、空の青さや地面の色の濃さはGoPro HERO8 Blackの方がしっかりとしています。彩度が強い印象です。

GoPro HERO8 BlackとHERO7の動画比較

光が当たるシーンでは、はっきりと違いが分かります。HERO7 Blackの方は白飛びのような感じになっています。

GoPro HERO8 BlackとHERO7の動画比較

このシーンでも同様な感じです。

色味に関して、GoPro HERO8 Blackで以前のモデルよりもがよくなったのではないかと感じます。

また、動画の2分ごろから手持ちで走ってみることで手振れ補正を比較しているのですが、
走っての撮影はブレを全く意識せずにGoProを手に持って走っています。

動画を見ればはっきりとわかるのですが、GoPro HERO8 Blackの手振れ補正が強化されており動画の安定性を確認することができます。HyperSmooth2.0はスゴイです。

  • 色味が以前のモデルよりも良くなっている
  • HyperSmooth2.0で手振れ補正が強化されている

GoPro HERO8とHERO7の撮影時の使いやすさ

GoPro HERO8とHERO7を使用してみて、使用感にも大きな違いがあります。
使用感の違いとしては以下の通り。

  • プリセット機能で操作性が向上
  • 背面モニターのタッチ感度向上
  • その他

プリセット機能によりGoPro HERO8の操作性はよくなっていると実感しています。
GoPro HERO8 Blackには、以下のプリセットが設定されています。自分の好みのプリセットも設定することができます。

  • 標準 1080|60|リニア
  • アクティビティ 2.7K|60|SuperView
  • スローモーション 1080|240|広角
  • シネマティック 4K|30|リニア

解像度やフレームレートやレンズなどをプリセットとして設定しておくことができます。
これによって、解像度などの設定を一括で変更できます。

GoPro HERO7 Blackにて解像度やフレームレートの変更は各項目を1つずつ変更する必要がありましたが、GoPro HERO8 Blackのプリセットは数回のタッチで簡単に設定をできます。

プリセットでの設定変更のほかに、背面モニターのタッチ感度がよくなっていることもあります。
小さいモニターですが、タッチの反応はよくストレスなく操作することができます。
あくまでも私の体感ですが、HERO7よりもいい反応をすると感じています。

その他に、GoProの電源を切るときに『電源をオフにしています』とメッセージが出ます。
しっかりと電源をオフにしたという確認になるので使い勝手が良くなったと感じる一因です。

GoPro HERO8 Blackの電源をオフにしている画面

私のGoPro HERO7 Blackでは、電源をオフにするときにはモニターが暗くなって電源がオフになりますが、たまに電源をオフにした後にモニターが再びつくということがよくありあました。

  • 設定の変更がプリセット機能でより快適になっている
  • 背面モニターのタッチの反応がよくなっている
  • 電源をオフにしますのメッセージで電源オフの確認が可能

GoPro HERO8とHERO7の比較のまとめ

GoPro HERO8とHERO7で撮影した動画での比較で感じること

  • 色味が以前のモデルよりも良くなっている
  • HyperSmooth2.0で手振れ補正が強化されている

GoPro HERO8とHERO7で撮影時に感じる使用感の違い

  • 設定の変更がプリセット機能でより快適になっている
  • 背面モニターのタッチの反応がよくなっている
  • 電源をオフにしますのメッセージで電源オフの確認が可能

GoPro HERO8 BlackとHERO7の夜間撮影比較

GoPro HERO8 Black & HERO7 Black Night Test 暗所はどうか比較

GoPro HERO8 BlackとHERO7の夜間撮影の比較動画です。
設定や撮影環境は以下の通りです。

  • 撮影時間:夜間(おおよそ21時ごろ)
  • GoPro HERO8 Blackの設定:4K30 広角 HyperSmooth ブースト。その他、デフォルト
  • GoPro HERO7 Blackの設定:4K30 広角 安定化、自動。その他、デフォルト
  • GoPro本体を手持ちで撮影

日中の撮影と同じ設定で同じように撮影しました。

動画をみてもわかるのですが、夜間の撮影に関してはほとんど変わらないように感じます。
今後、動画にナイトモードの機能が追加されることを期待したいと思います。

まとめ

GoPro HERO8 BlackとHERO7の動画比較でした。
比較動画を見て、GoPro HERO8 Blackで撮影した動画の方が色味もよく手振れの少ない動画ということがわかります。

以前のモデルGoPro HERO7 Blackが発売された当初は手振れ補正が強化された動画にとても強いインパクトがありました、今回のGoPro HERO8 Blackは強いインパクトというものは少ないものの着実な進化と利便性の大幅な向上を感じます。

GoPro HERO8 Blackはオススメです。

GoProを手に入れて、撮影を楽しむ

GoProを手に入れて、様々なアクティビティーで撮影を楽しみましょう。
防水でコンパクトなボディーにアクセサリーも豊富で、どんな場所でも撮影を行うことができます。またSNSへの投稿も簡単です。
GoProの購入は、お得に購入できる公式サイトがオススメです。

GoPro公式サイトを見る

GoPro
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
satoをフォローする
satowith log – GoProの写真と遊びのまとめ

コメント