GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

GoPro HERO10 Blackが発売開始!わかった特徴とスペック

2021年9月16日にGoPro HERO10 Blackが発売されました。HERO9の発売からちょうど1年後になります。HERO10の特徴やスペックがわかったので記載していきます。

GoPro HERO10 Blackの特徴

GoPro HERO10 Blackの主な特徴としては以下の通りになります。

GoProHERO10HERO 9HERO 8
写真23MP+ SuperPhoto with HDR20MP + SuperPhoto(HDR搭載)12MP + SuperPhoto(HDR搭載)
ビデオ5.3K605K304K60
100Mbps
ビットレート
5.3K / 4K / 2.7K5K / 4K / 2.7K4K / 2.7K
ビデオ安定化HyperSmooth 4.0HyperSmooth 3.0HyperSmooth 2.0
水平維持機構カメラ内蔵カメラ内蔵GoProアプリを使用
レンズSuperView、広角、リニア、リニア+水平維持、狭角SuperView、広角、リニア、リニア+水平維持、狭角SuperView、広角、リニア、狭角
前面スクリーン1.4インチカラーLCD(プレビュー+ステータス)1.4インチカラーLCD(プレビュー+ステータス)ステータスのみ
背面タッチスクリーン
バッテリー取り外し可能取り外し可能取り外し可能
防水性10m10m10m
モジュラー対応
TimeWarp ビデオTimeWarp 3.0TimeWarp 3.0TimeWarp 2.0
タイムラプスビデオ
ナイトラプスビデオ
スローモーション8×(2.7K, 1080p)8×(1080p)
ハインドサイト
LiveBurst
スケジュールキャプチャー
デュレーションキャプチャー
設定プリセット
ショートカット
音声コントロール
音声起動
ライブストリーミング1080p1080p1080p
ウェブカメラモード
GPS
より詳しくはこちらをご覧ください
https://gopro.com/ja/jp/compare

新しいイメージセンサーやGP2チップが搭載され動作感も良くなっているとのことです。

主な特徴としては23MPになっていることやHyperSmooth4.0へと変わっています。ビデオは5.3K60で撮影できるようになっています。スローモーションも2.7Kに対応しています。

TimeWarpに関しては以前と同じTimeWarp3.0で、HERO10では音声起動がなくなってます。

本体サイズは以前と一緒

本体サイズは以前のHERO9と一緒のようでメディアモジュラーやバッテリーがそのまま使えるようです。

HERO10 Blackの本体サイズは、55.0mm × 71.0mm × 33.6mmになります。HERO9と同じサイズです。

GoPro HERO10 Blackの販売価格

出典:https://gopro.com/ja/jp/shop/cameras/hero10-black/CHDHX-101-master.html

今回もHERO9と同様にサブスクリプション付きの値段で割引購入できるようになっています。

GoPro HERO10 Black単体とGoPro HERO10 Black+アクセサリーキットがあります。

GoPro HERO10 Black単体
サブスクリプション付きでは、54,000円
サブスクリプションなしでは、64,000円

GoPro HERO10 Black+アクセサリーキット
サブスクリプション付きでは、60,000円
サブスクリプションなしでは、70,000円

2021年9月16日現在

GoPro HERO10 Blackの単体はSDカードもセットでついてくるようです。

アクセサリーセットはマグネット付きスイベルクリップ、スペアバッテリー、ショーティー、SDカード、カメラケースのセットになります。

GoPro HERO9 Blackの販売時の値段と比べても今回のHERO10は以前よりも値上がりしています。比べると以下の通りになります。

GoPro HERO9 Black単体とHERO10
サブスクリプション付きでは、43,000円(HERO10は54,000円)
サブスクリプションなしでは、54,000円(HERO10は70,000円)

サブスクリプション付きでは、49,000円(HERO10は60,000円)
サブスクリプションなしでは、60,000円(HERO10は70,000円)

※HERO9の値段は発売当初の値段と比較しています。

GoPro HERO10の気になるところ

出典:https://gopro.com/ja/jp/shop/cameras/hero10-black/CHDHX-101-master.html

新しいGoPro HERO10 Blackは以前のモデルよりも変更された部分が多数あり気になるところがあります。

大きな特徴としてはイメージセンサーとGP2チップになったことがあります。撮影したイメージがどのような感じになるのか、またGP2チップでどれぐらい動作感が変わるのかが期待したいところです。

HERO9ではスクリーンタッチの反応が悪くてアップデートで多少改善されたことがありましたが十分納得のいくような感じではありませんでした。

新しいイメージセンサーとGP2がどうなるのか気になります。

あと、HyperSmooth4.0で手ぶれ補正がどのぐらい強化されたのかも気になるところです。

公式のイメージ映像では犬に乗せて走らせた映像が出てましたが、かなりブレの少ない映像でした。HyperSmooth4.0は非常に気になるところ。

そして一番気になるのが暗所での撮影でどれぐらい使えるかが気になるところです。

最後に

GoPro HERO10 Blackは発表され販売がされました。また公式サイトでの購入をするとサブスクリプション加入で割引がされます。

家電量販店でも販売が開始されてます。是非確認してみてください。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoPro
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント