DJIからDJI Pocket2が発表と同時に発売開始!詳しくはこちらから

GoProあるある!初心者によくある失敗や解決方法を紹介

はじめてGoProを手にした時には大きな喜びとともに、
いろんな写真が撮れるー!いろんなところに行って写真を撮る!っとワクワクしますよね。
しかし、はじめて使用する時には、機能をよくわかっていなかったり、
GoProに関して、意外なことに気づいたりと初心者ならではの悩みや失敗があります。

本日は、GoProを購入した初心者のありがちな
悩みや失敗などの
よくある『GoPro初心者あるある』を紹介し解決策を提案していきます。

初心者にありがちなGoProあるある

GoProをはじめて購入した方にありがちなことを紹介していきます。
GoPro初心者の方が『あるあるー』と共感するものが多数あるかもしれません。
また、知らなかったことがわかったりするかもしれないので是非一読してみてください。

GoPro撮影でよくありがちな失敗

GoProを購入して、はじめて使う時によくあることです。

  • 写真を見ると指が入っている
  • GoPro撮影でスマホでシャッターを押す時、目線がスマホ
  • 動画を確認して見ると、自分のマヌケ顔が写っている
  • 純正アクセサリーの値段にびっくりする
  • SDカードどれを選べばいいかわからない
  • 防水なのに水につけても大丈夫か不安

写真を見ると指が入っている

写真を見返してみてガッカリする一番の例ですね。
GoProで写真を撮る時に、コンパクトデジタルカメラで撮るように撮影すると
自分の指が画面端に見切れていることがよくあります。

写真撮影する時には、指が写らないように気をつけるか、
スマホのアプリでシャッターを押すようにすることで解決することができます。
その他にもリモートのシャッターボタンを使うことで解決できます。

GoPro撮影でスマホでシャッターを押す時、目線がスマホ

目線がスマホを見ている写真。

GoProを使っている人は必ず1枚はとったことがある写真ではないでしょうか?
スマホのアプリでGoProのプレビューを確認しながらシャッタボタンを押す
っということを使用し始めたばかりの人はよくしてしまいますね。
写りを確認したら、必ず目線はGoProに持っていきましょう。

動画を確認して見ると、始まりは自分のマヌケ顔が写っている

撮影した動画の出だしは、自分のマヌケな顔から始まっている動画。
GoProで動画撮影したことがある人ならあるはずです!
本体から操作すると動画を撮影する時によく起こりがちです。

純正アクセサリーの値段にびっくりする

GoProにはアクセサリー・マウントの使用が便利です。
アクセサリー・マウントを使うことによって目的に応じた撮影の幅が広がります。
そんなアクセサリー・マウントは、いろんなものが販売されているのですがGoProが販売している純正のアクセサリーの値段が高いです。

Amazonなどで販売されているサードパーティーのアクセサリーの値段と比べると、
全然値段が違います。

サードパーティーのアクセサリーを購入しても十分使用できます。純正のアクセサリーにこだわって購入する必要はあまりないですね。
個人的な意見としては、純正もサードパーティー製もあまり変わらないという印象です。

GoProアクセサリーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

マイクロSDカードはどれを選べばいいかわからない

GoProでは動作確認がとれたSDカードを使用することが推奨されています。
4K動画撮影する場合は対応しているSDカードを使用しないとうまく撮影できないことがあります。
オススメマイクロSDカードや撮影可能枚数など詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

最近はGoProの公式サイトからGoProを購入するとマイクロSDカードが無料でプレゼントされます。初めてGoProを購入する方は、公式サイトからの購入がオススメです。

防水なのに水につけても大丈夫か不安

GoProはHERO5以降は防水機能があります。
はじめて水辺で使うときには、防水にも関わらず水につけても大丈夫か不安になります。
ケーブルやバッテリー部分の蓋がしっかりとしまっていることを確認し撮影すれば大丈夫です。

それでも不安ならハウジングを購入して使用するととても安心です。
防水の安心以外にも、ハウジングを使用することでGoPro本体に傷をつくのも防げます。
不安な方は是非ハウジングを使用してください。

ハウジングはカラーフィルター付きのものも販売されています。

GoProの意外と知らないことや機能

はじめての方は、説明書を読まずあまり機能を知らないままGoProを使いがちです。

あるあるとしては、

  • ズームのやり方がわかっていない
  • 動画撮影中はズームできない
  • タイムラプスって何かわかっていない
  • GoProからスマホに写真を転送できる

ズームのやり方がわかっていない

GoPro Hero 6からズーム機能が加わりました。
ズームができるということを知っていてもズームのやり方を知っていますか?
画面を二回タップすることで、ディスプレーにスライダーが出てきます。
そのスライダーを動かすことでズームすることができます。

動画撮影中はズームできない

動画撮影中にはズーム機能が使えません。撮影する前にズームすることはできますが、撮影中にズームできません。
写真撮影は、ズームしてから写真撮影することができます。

タイムラプスって何かわかっていない

写真や動画を撮影する機能の他にタイムラプスの機能もGoProにはあります。
タイムラプス機能を使用すると長時間の変化を短時間の動画にまとめることができます。
使い方を知っているとより面白い動画が撮影できます。

GoProからスマホに写真を転送できる

スマホからGoProを操作するアプリ『Quick』を使用すれば、
プレビュー機能やシャッターをスマホから押すことももちろん、
GoProで撮影した写真や動画をスマホに転送することもできます。
転送ができるので、スマホからSNSに写真をアップすることも簡単にできます。

その他、GoPro初心者の方あるある

その他にも、小ネタのようなGoProはじめて使う時の『あるある』です。

  • 『#GoProのある生活』タグを使いたい
  • SNS投稿や見る頻度が加速する
  • GoProを使いたくて予定を立てる
  • GoProアクセサリーを持ってくるのを忘れる

素敵な写真を撮影して、インスタに写真をアップしたい方にとっては、
GoProを使い始めると、写真を撮ることはもちろんSNSで写真をシェアすることが、
とても楽しくことがたくさんあります。

まとめ

GoProをはじめて購入して使用する方はよくあることではないでしょうか。
使い始め頃は失敗もよくありますし知らないことがたくさんですが使っていくうちに色々とわかってきます。

またGoProで撮影された写真とSNSの相性はとても良いので素敵な写真を撮影してどんどん『#GoProのある生活』をつけて投稿してみてはいかがでしょう。
また、そのタグから他の方の写真を見ることも楽しいし写真撮影の参考になります。

以上、GoProあるあるでした。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoPro
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント