GoPro公式サイトでHERO8とマウントのバンドル、メディアモジュラー販売中、詳細はこちら

GoProでボディーマウントPOV撮影!使用アクセサリーの比較検証

GoPro

アクティビティーやVlogなどの撮影をする際、体にGoProを取り付けると両手を自由にして撮影することができます。体のどこかにGoProをマウントして撮影するアクセサリーはたくさんあります。GoProでボディーマウントのPOV撮影をする際、使用するアクセサリーで映像がどれぐらい変わるか気になり、複数のアクセサリーをマウントして映像の撮り比べをしてみました。

本日は、GoProをボディーマウントで複数のアクセサリーで歩きながら撮影した映像の比較や使用感を紹介します。

GoProを購入するなら公式サイトでの購入がお得です。
GoProの購入は公式サイトがオススメ!お得に賢く購入する方法
GoPro公式サイトでの購入のフォーム入力についてはこちらをご覧ください
GoProを公式サイトで購入する!購入方法や支払い方法を紹介
GoProを購入するのはいつのタイミングがいいか。
GoProを購入するタイミングいつが一番?お得に購入できる時期

今回使用した体にマウントするGoProアクセサリー

今回使用したGoProのアクセサリーは以下の通りです。

  • クリップマウント
  • ネックマウント
  • バックパックのストラップマウント
  • チェストマウント

それぞれのアクセサリーを体に取り付けて撮影、映像の比較していきます。

GoProのボディーマウントイメージ

◾️ クリップマウント
帽子にクリップマウンドで取り付けて使用。

帽子にクリップマウント

◾️ ネックマウント
首にかけることができるアクセサリーを使用。

ネックマウント

◾️ バックパックのストラップマウント
バックパック(Seeker)のストラップにマウントを使用。

ストラップマウント

◾️ チェストマウント
バックパック(Seeker)付属のチェストマウントを使用。

チェストマウント

各アクセサリーで撮影した動画

実際に撮影した動画はこちら。プレビュー確認せずマウントしてすぐに撮影した映像です。

GoPro Body mount POV *mount roughly:GoProのボディーマウントPOV比較 ※スマホプレビューなしで取り付けてすぐ撮影

動画を見てわかることとして、
ボディーマウントをして撮影する場合は、スマートフォンでのプレビューをする方がいいです。

プレビューをしてから撮影をした動画はこちらになります。

GoProプレビュー確認してボディーマウント!各アクセサリーの見え方比較

各アクセサリーの使い勝手や動画での見え方

それぞれのアクセサリーを使用して感じた点やアクセサリーの使い勝手などについて書いていきます。

クリップマウント

クリップマウントで帽子にGoProを取り付けて撮影。
他のアクセサリーに比べて高い位置の視点の動画になります。プレビュー確認である程度、斜めや上下を調整が可能です。
使用してみた感じとしては以下の通りです。

歩くとGoProの重さで帽子が揺れる

取り付けに関しては、簡単クリップで挟むだけなので手軽にできます。
付け替えも簡単にできます。

歩き撮影には不向きな印象がありました。というのはGoProの重みで帽子がズレます。
歩く動きで帽子がズレるので、頭部にGoProをマウントしたい場合はヘルメットマウントのようなアクセサリーがいいかと感じます。

ネックマウント

ネックマウントを使用して撮影。
ネックマウントもスマートフォンでプレビューで確認してからの撮影が必須です。
プレビューをせず撮影をすると斜めに傾いている・空を映した状態になってしまうことがあります。

帽子にクリップマウントより低く、チェストマウントやストラップマウントとほとんど同じ高さの映像になります。

歩いているうちに角度が変わる

ネックマウントは首からかけるだけで楽に撮影ができるのはとてもいい点です。

ですが、最初にプレビューで映りを確認しても、歩いている動きでカメラの角度が変わる可能性があります。自転車など体の上部が揺れにくい時にこのアクセサリーが向いているかと感じます。

取り付けに関して注意したい点は、
マウントのネジをしっかり締めて、動いてもGoPro上に向かないようにすることとを感じました。

バックパックのストラップマウント

バックパック(Seeker)のストラップにマウントして撮影。
ただ取り付けて撮影してみたところ、かなり斜めの映像になっています。
プレビュー確認して撮影してもまだ少し斜めになっています。

スイベル式マウントは必須かと

歩いて撮影してても簡単に向きが変わることがないのはいい点です。

プレビューをしても斜めに向いてしまいます。体によって変わるかと思いますが、安定してGoProをまっすぐに向かせるため、細かい角度が調整できるスイベル式マウント必須と感じます。

チェストマウント

Seekerのチェストマウント使用して撮影。
チェストマウントはプレビューをせず撮影をしてもGoProをまっすぐに傾きの少ない映像が撮影できます。Seekerのチェストマウントはバックパックを背負ってから4箇所に引っ掛けて取り付けます、他のアクセサリーに比べると手間がかかりますが比較的簡単に取り付けが可能です。

取り付けるとバックパックを下ろせない

このチェストマウントでは特に不便さを感じることはなかったです。一点だけ無理やり上げるとするなら、バックパックを下ろす際にはチェストマウントの取り外しが必要です。

使用して使いやすいボディーマウントアクセサリー

チェストマウント

今回の各アクセサリーでボディーマウントでPOV撮影をしてみて感じたこととして、
取り付けは他に比べて少し面倒ですが、歩きながらの撮影をするならチェストマウントがプレビューもせず楽に撮影できると感じました。その他のアクセサリーは取り付けは簡単ですが、スマートフォンでのプレビューで確認が必須です。

また、帽子にクリップマウントやネックマウントは取り付けは簡単ですが撮影中にカメラの向きが変わるということがあります。ストラップマウントやチェストマウントは最初にプレビューしてその映像のまま撮影を続けることがしやすいかと感じます。

個人的な理想としては、
ストラップマウントでプレビューをして簡単にGoProをまっすぐに撮影ができるといいかと。

まとめ

GoProにボディーマウントでPOV撮影をする際には、スマートフォンでプレビュー確認は必須ということと歩いている最中にカメラの向きが変わらないようにする必要があると感じます。

ボディーマウントは両手も自由に撮影できて楽ですが、最適な状態を考えるとなかなか難しくも感じます。少しでも参考になればと思います。

GoProを手に入れるなら...

GoProを手に入れて、様々なアクティビティーで撮影を楽しみましょう。
防水でコンパクトなボディーにアクセサリーも豊富で、どんな場所でも撮影を行うことができます。またSNSへの投稿も簡単です。
GoProの購入は、お得に購入できる公式サイトがオススメです。

GoPro公式サイトを見る

GoPro
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
satoをフォローする
GoProとマウントの使い方レビュー

コメント