GoPro公式サイトでHERO8が50,800円、MAXは61,000円、SDカード付きで販売中(2019.11.17 現在)詳細はこちら

フィットネストラッカーで運動量を記録してダイエットがオススメ!

ガジェット

運動をするならフィットネストラッカーを使用して、
どれぐらいの運動をしたのか消費カロリーや心拍数を測り、記録することで健康管理に役立てることが可能です。ダイエットのお供にフィットネストラッカーはとても便利です。

本日は、自分の体の管理をする上でとても役立つフィットネストラッカーについて紹介します。

スポンサーリンク

フィットネストラッカーとは

フィットネストラッカーとは、

健康の管理が可能なスマートウォッチやスマートバンドなど、身につけるウェアラブル端末のことです。
スマートウォッチやスマートバンドには健康の管理が可能な機能が多数備わっています。
スマートウォッチやウェアラブルディバイス、アクティブトラッカー、スマートバンドなどと呼ばれています。

スマートバンドはスマートウォッチとは違い、文字盤は細く、
スポーツやフィットネスや活量計としての使用に特化されたものが多いです。

これらを利用することで、
消費カロリーや心拍数などを測定し、運動の記録を残すことができ、健康管理を意識的に行うことができます。

健康管理用のスマートウォッチ。腕時計型のウエアラブル端末であり、手首に常時装着することで、歩数・消費カロリー・睡眠時間などの身体活動量を自動的に記録し、健康管理に役立てることができる。

引用:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/287905/meaning/m0u/

引用:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/287905/meaning/m0u/

フィットネストラッカーは、健康面に特化したトラッカーのことを言いますが、多くのウェアラブルディバイスには健康管理機能が備わっています。

どのフィットネストラッカーを選ぶかは、大抵の部分の搭載されている機能は似たものが多いですが、デザインや多少の機能の違い、連続使用時間の違いがあり自分の好みのものを選ぶことをオススメします。

有名なフィットネストラッカー

代表的なフィットネストラッカーを紹介します。

Fitbit

出典:https://amzn.to/2GXmy0C

フィットネスに特化したスマートバンドとして登場した有名なブランドは『Fitbit』です。
販売されているモデル数が多く、バンドの形のものや表示画面が大きいものがあり使用目的に応じたモデルがあります。カラーの種類も多く男女問わず幅広く使用されています。

Fitbit Versaの主な特徴

アクティビティ管理(歩数、距離、消費カロリー)
睡眠の記録
心拍数測定
連続使用時間連:4日以上
アプリ、通知機能
水深50mの耐水

この他に、女性の体調管理や決済の機能があります。

Fitbit Versaには、Fitbit Versa、Fitbit Versa スペシャルエディション、Fitbit Versa Liteがあります。
スペシャルエディションは基本的な性能は同じですが、ベルトの部分が普通のモデルとは違います。
Fitbit Versa Liteは、普通のものよりも機能が少し取り除かれたモデルです。
高度計が付いておらず、水泳の泳いだ距離の測定、音楽の保存ができません。

Apple Watch

出典:https://amzn.to/2YUtWjr

アップルから販売されている『Apple Watch』です。
iPhoneとの同期も簡単で、純正のアプリで健康管理ができます。フィットネスでの使用以外の普段使いでも使うことができます。音楽を聞くこともでき、機能・性能はどのスマートウォッチよりも高いです。

アクティビティ管理(歩数、距離、消費カロリー)
睡眠の記録
心拍数測定
連続使用時間連:18時間
アプリ、通知機能
水深50mの耐水
GPS機能

スマートウォッチの中でも高価な『Apple Watch』です。十分な機能を持っており、iPhoneとの連携もスムーズです。

Xiaomi Band

出典:https://amzn.to/2YXokFf

Xiaomi Band4
Xiaomiは、スマートフォンやスマートウォッチを製造する中国の総合家電メーカーです。
このXiaomi Bandは値段が安いにも関わらず、十分な機能を持つスマートバンドです。

アクティビティ管理(歩数、距離、消費カロリー)
睡眠の記録
心拍数測定
連続使用時間連:20日間
アプリ、通知機能
水深50mの耐水

他のフィットネストラッカーに比べはるかに値段が安いのですが、6軸重力センサー,加速度計、心拍センサー搭載を搭載しており機能も十分あります。最大で20日間の連続使用ができるのはとても魅力的です。

Amazonでスマートウォッチと検索すると多種多様のスマートウォッチやスマートバンドが出てきます。値段も安く、必要な機能が備わっているものも多くあります。
中でも、Xiaomi Bandは特に有名なトラッカーです。

値段も手頃なものが多く、初めてウェアラブル端末を試してみたい方にはオススメです。

フィットネストラッカーの選び方

現在、スマートウォッチ・スマートバンドは多種多様なモデルが販売されています。
その中から一つを選ぶ際は、必要な機能から選ぶことが一つの目安になります。

選ぶ際に一番重要な点は自分に必要な機能があるかという点です。

運動や健康管理で使用する際には、
活動量計、GPS機能や心拍計、また防水機能、睡眠トラッカーなどがあるもの

運動も含めで全てのシーンで使用を考える場合は、
見やすい盤面の大きさや、スマートフォンに受けた連絡の通知の表示、充電の持ち時間なども選ぶ際に気をつけたい点です。

健康管理に必要な機能

  • 活動量計
  • 心拍計
  • 睡眠トラッカー

生活する上で便利になる機能

  • 通知機能
  • GPS機能

フィットネストラッカーとして使用するなら、
健康管理の機能や走った距離を残すGPS機能や汗がついても大丈夫な防水機能があるものがいいです。
このような計測が可能になり数字で見ることでフィットネスへのモチベーションの維持をすることも期待できます。

そのほかに、選ぶ際に注意したい点として、

アプリが対応しているかどうか確認が必要です。
Applewatchを使用する場合は、アンドロイドのスマートフォンでは使えません。
またその逆に、iPhoneのiOSでは使えないものもあるので確認したい点です。

どのぐらい受電が持つのか、また、充電のしやすさも確認しておくといいですよ。

フィットネストラッカーにある機能

フィットネストラッカーにある主な機能について簡単に説明していきます。

活動量計

日常の活動の消費カロリーや歩数を測定することができます。

活動量計とは 活動量計は、形や使い方は歩数と似ていますが、歩数が歩行活動を測定して歩数や歩行時の消費カロリーを表示するのに対し、歩行だけではなく家事やデスクワークなど、さまざまな活動を測定し、1日の総消費カロリーをお知らせします。

引用:https://www.healthcare.omron.co.jp/product/hja/guide/01.html

心拍計

心拍数を測定・表示・記録が可能です。
心拍数を計測することにより、より効果的に有酸素運動を行うことができます。

自身のの脂肪燃焼効率の高い心拍数の出し方は以下の通りです。

実測以外でも次のような計算から、最大心拍数を大雑把に推定することができるので、一般的にはこの方法で最大心拍数を求めます。

最大心拍数=220-(年齢)
これに先程説明した脂肪を効率よく燃焼するための割合をかけて目標心拍数を設定します。まとまると次の式になります

最大心拍数×(運動強度60%~80%)=脂肪燃焼効率が高い心拍数
35歳の男性が運動強度の70%で運動を行う場合は
・最大心拍数 220-35=185
・脂肪燃焼効率が高い心拍数 185×0.7=130 となります。

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/195443/

睡眠トラッカー

睡眠の質を測定することができます。
何時間眠っていたのか、その睡眠の質が深い眠りか浅い眠りか測定か可能です。

睡眠トラッカーにより、睡眠改善から生活改善が期待できます。

防水機能

日常での手洗いや食器洗いなど付け外しをせずに行うことが可能です。
また、汗や雨にも対応しています。

モデルによっては、水泳でも使用できるほど防水機能が高いものもあります。

その他機能

  • 通知機能
    スマートフォンへの着信やSNSの知らせをスマートウォッチやスマートバンドに表示させる機能です。
    安いスマートウォッチやスマートバンドにも、ほとんどのモデルにこの機能は備わっています。
  • GPS機能
    ランニングの際には、ルートや距離、スピードを計測することが可能です。

  • 座り過ぎ防止機能
    長時間の座っている状態を注意する機能です。
  • 紛失防止機能
    スマートフォンを鳴らすことができ、どこにスマートフォンを置いたか確認できる機能です。

※GPS機能、座り過ぎ防止機能や紛失防止機能に関しては、機能のあるものとないものがあります。
これらの機能が必須な場合は、よく確認して購入が必要です。

オススメのフィットネストラッカー

スマートウォッチ・スマートバンドの中でオススメのトラッカーを紹介します。

Fitbit

出典:https://amzn.to/2YVO0ly

フィットネストラッカーといえば、Fitbitが有名です。
2007年に最初のトラッカーを発表してから、現在もフィットネストラッカーを販売しています。
スタイルに合わせて、画面表示幅が大きいものやバンド型のものを選ぶことができます。
フィットネスに特化したトラッカーを探しているなら、まずはFitbitから探すことがオススメです。

現在販売されているFitbitのモデルを選ぶ際に気をつけたい点は、以下の通り。

  • 時計型かバンド型
  • GPSの有無
  • 音楽の保存が可能かどうか

大きくはこの3点で選ぶモデルが変わるかと思います。

時計型なら、Fitbit Versa、Fitbit Versa lite、Fitbit Ionic
バンド型なら、Fitbit InspireHR、Fitbit Charge3

GPSの内蔵されているモデルは、Fitbit Ionic
スマートフォンのGPSに接続するモデルは、Fitbit Versa、Versa lite、Fitbit InspireHR、Fitbit Charge3

音楽保存可能なモデルは、Fitbit Versa、Fitbit Ionic

全ての機能が搭載されているものは、Fitbit Ionicとなります。
スマートフォンを持ち、スマートフォンのGPSと接続するならFitbit Versaという選択肢もあります。

ダイエットでフィットネストラッカーを使うメリット

フィットネストラッカーを使用することで、ダイエットをする上でメリットがあります。

運動量の把握・記録をすることで、どれぐらい運動が必要か把握することができます。
また、記録した情報を利用することでダイエットの効率化も測ることが可能です。

最後に、モチベーション維持がしやすいことも挙げられます。
実際に行なった運動量を数値化するので、自身の体に必要な運動量や達成度を見ることができます。

ダイエットする上でしっかりと数字で管理することができるのは大きなメリットです。

まとめ

フィットネストラッカーについてです。

単純に時計としての機能と使用する以上に、健康管理機能や通知機能など便利な機能があります。
比較的安いスマートウォッチト・スマートバンドもありますが、機能も種類も充実してるものがたくさんあります。

毎日の健康管理やランニング、トレーニングの記録に利用してみてはどうでしょう。

GoProを手に入れて、撮影を楽しむ

GoProを手に入れて、様々なアクティビティーで撮影を楽しみましょう。
防水でコンパクトなボディーにアクセサリーも豊富で、どんな場所でも撮影を行うことができます。またSNSへの投稿も簡単です。
GoProの購入は、お得に購入できる公式サイトがオススメです。

GoPro公式サイトを見る

ガジェット ダイエット
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
satoをフォローする
satowith log – GoProの写真と遊びのまとめ

コメント