公式サイトでGoProを購入するとマイクロSDカードの無料プレゼント中

GoProをレンタルサービス『enColors』でレンタルする手順から返却を紹介【PR】

レビュー

短期間、カメラをレンタルする。
イベントや旅行の日だけ普段とは違ったカメラをレンタルし、スマートフォンでは撮影できない写真や動画を撮影することができます。新しい機能を持つカメラを毎年販売され、すべてを購入するのは難しい場合もレンタルで機能を試すことができます。必要な時にだけ機能的なカメラを使いたいそんなニーズに応えたレンタルサービスがあります。

本日は、レンタルサービス『enColors』を紹介します。

※当記事は『enColors』様の提供を受けて記事を作成しております。

レンタルサービス『enColors』とは

enColorのサイト

『encolors』は、GoProや防水カメラなどをレンタルすることができるサイトです。
イベントや旅行や遊びに行く時に、機能的なカメラをレンタルすることができます。

enColors(エンカラーズ)では旅行やレジャーシーンを彩るGoPro(ゴープロ)、360度カメラでおなじみRICOH THETA(リコー シータ)、お祝いごとや二次会で大活躍のチェキ・スマホでチェキ、ダイビング、シュノーケルなど水中で使える防水カメラを普段のネットショッピングのように簡単にレンタルすることができます。

引用:enColors

レンタルするメリット

カメラをレンタルすることのメリットとしては、以下の通りです。

  • 高機能なカメラが使える
  • 購入前にレンタルで一度試したい
  • カメラ複数台で撮影したい

一番大きなメリットとして、高機能なカメラが使えることです。
防水機能のあるものや旅行中に持ち運びしやすく環境を問わず使うことのできるカメラをレンタルすることができます。

休みの日のイベントごとや旅行の時にだけ、高機能なカメラをつかって普段とは少し違った写真や動画を残すことができます。

日常的にカメラを使用することは少く、高価で高性能なカメラを年数回のイベントや旅行のために購入するのは気が引けるけど、イベントや旅行は綺麗な写真や動画に残したいという方にはオススメのレンタルです。

また、カメラを購入する前に試してみたい場合もレンタルがとても便利です。
販売店で使うよりもレンタルしてイメージしている撮影をすることで、より具体的なカメラの使用感がわかります。

高価なカメラは値段も高く購入しづらい、また毎年新しいカメラが販売されておりその都度買い換えていくのは金銭的にも負担がかかります。
購入前に一度試してみたい場合はレンタルがとても便利です。

最後に、複数台でカメラ撮影したい場合もカメラレンタルがオススメです。

例えば、GoProのカメラで撮影する際に、1つは主観からまたもう1つのGoProは別のところに取り付けることで同時に違った写真や動画を撮影することができます。

同時に2箇所から撮影したいけど、同じカメラを複数所有するのが気がひけるならレンタルサービスが便利です。

enColorsでレンタルできるカメラ

enColorの商品

enColorsでは以下のカメラをレンタルすることができます。

  • GoPro
  • 防水カメラ
  • 360度カメラ
  • チェキ

enColorsでGoProのレンタル

enColorのGoProの商品一覧

GoProはHERO5 Black、HERO6 Black、HERO7 Blackがレンタルできます。各世代の最上位の機種をレンタルすることができます。

セットでのレンタルが選択可能で、

  • GoPro 初心者セット
  • GoPro カメラアームセット
  • GoPro ミニ延長ポール + 三脚セット

GoProのレンタルは、初心者セットは以下のアクセサリーをまとめてレンタルすることができます。GoProは、HERO5、HERO6、HERO7のどれかを選択します。

  • GoPro
  • ハウジング
  • バッテリー + チャージャー
  • マイクロSDカード
  • カメラアーム

以上のセットでレンタルすることができます。
水中で使用するハウジングや予備のバッテリー、またカメラアームがセットなので、快適に使用することができます。

3つのセットをまとめました。

初心者セットカメラアームセットミニ延長ポール+三脚セット
GoPro(HERO5、HERO6、HERO7)
ハウジング
バッテリー
チャージャー
マイクロSDカード
カメラアーム
ミニ延長ポール + 三脚
HERO5
6,200円(税込)5,200円(税込)5,200円(税込)
HERO67,400円(税込)6,400円(税込)6,400円(税込)
HERO710,200円(税込)8,300円(税込)8,400円(税込)

カメラアームセットやミニ延長ポール+三脚セットにはチャージャーとマイクロSDカードがセットに入っていません。自分で用意する必要があります。このセットの他にも単体のアクセサリーをレンタルすることもできます。

enColorsで防水カメラのレンタル

防水カメラは、Nikon、OLYMPUS、FUJIFILMの機種をレンタルすることができます。

機種料金
Nikon 防水カメラ COOLPIX W1002,800円(税込)
Nikon 防水カメラ COOLPIX W3004,400円(税込)
OLYMPUS 防水カメラ Tough TG-55,400円(税込)
FUJIFILM 防水カメラ XP1304,000円(税込)
FUJIFILM 防水カメラ XP1404,600円(税込)

予備バッテリーが各500円(税込)でレンタルすることができます。

enColorsで360度カメラのレンタル

360度カメラは、RICOH THETAをレンタルすることができます。

機種料金
RICOH THETA SC3,200円(税込)
RICOH THETA S4,600円(税込)
RICOH THETA V6,200円(税込)
360度カメラ RICOH THETA SC一脚兼簡易三脚自撮り棒セット3,200円(税込)
360度カメラ RICOH THETA S一脚兼簡易三脚自撮り棒セット4,600円(税込)
360度カメラ RICOH THETA V一脚兼簡易三脚自撮り棒セット6,500円(税込)

水中ハウジングケースが3,200円(税込)でレンタルすることができます。

enColorsでチェキのレンタル

チェキをレンタルすることもできます。チェキ用のフィルムに関しては販売になっています。

機種料金
チェキ instax mini8プラスインスタントカメラ1,600円(税込)
チェキ instax SQUARE SQ203,000円(税込)
スマホdeチェキ instax SHARE SP-33,000円(税込)
チェキ instax mini 90 ネオクラシック3,000円(税込)
チェキ instax mini8 インスタントカメラ・ミニオン2,800円(税込)
チェキ SQUARE SQ63,100円(税込)
チェキ用フィルム20枚入り1,400円(税込)
スクエアフォーマットフィルム instax SQUARE 20枚入り
2,000円(税込)

※記載している料金に関しては、お届け日から返送日を含めた3日間の料金です。

enColorsでカメラをレンタルする手順

enColorsdでカメラをレンタルするのはとても簡単にできます。
その手順は以下の通りです。

  1. ネットでレンタル
  2. 荷物を受け取る
  3. カメラを使用
  4. コンビニで返却

ネットでレンタルの部分を詳しく記載していきます。

enColorsのネットでレンタルのやり方

まずenColorsのサイトでレンタルしたいカメラを選択し、レンタルする期間を選択します。

enColorのGoPro初心者セット


最低レンタル期間は、お届け日と返送日を含めた3日間です。サイトに記載されている料金もその3日間の料金です。
レンタルの期間を1日プラスするごとに料金が増えていきます。各カメラによってレンタル延長の料金は変わります。(画像の場合はGoPro HERO7 Blackの初心者セットです。1日につき1,500円の料金です。)

レンタルしたい期間を選択したら個数を追加しカートに追加。
カートの追加内容を確認し、お支払いへ進むをタップします。

enColorのGoPro初心者セットの注文

請求書先支払い方法を入力していきます。名前と住所、電話番号、メールアドレスを入力し、
支払い方法にチェックを入れます。

enColorのGoPro初心者セットの注文の入力フォーム

支払い方法は、以下の方法があります。

  • クレジットカード
  • NP後払い
  • 代金引換
  • 銀行振込
  • Line Pay

配達希望日時を選択します。

enColorのGoPro初心者セットの注文の配達希望日時

利用規約に同意するにチェックを入れ、注文するをタップします。

旅行先のホテルに配達してもらうことも可能です。その際には、備考欄にお送り先のホテルの住所、名前を記載します。ホテルに送ってもらう場合はホテル側にも荷物が届くことを伝えておくとスムーズです。

あとは商品を待って使って返送日にコンビニに持っていきレンタルが終わります。

enColorsでカメラをレンタルで注意したいこと

enColorsでカメラをレンタル中に注意したいことがあります。

  • 故障・破損
  • 紛失・盗難

レンタル中に故障や破損した場合の対処ですが、利用方法に過失のない場合の故障に関しては修理の料金の請求はなくレンタルの料金を全額返金していただけます。

しかし、利用中に過失があり故障や破損した場合、修理の料金3,000円を上限とした金額が請求されます。また、修理が不可能な場合には、販売価格の100%を上限とする金額の請求となります。

普通にカメラを使用していれば、故障や破損ということは起こらないとは思いますが、
GoProで撮影しながらアクティビティーを行う際には少し注意したいところです。

また、紛失・盗難に関して、
紛失した場合、レンタル料と別に販売価格の100%を上限とする金額の請求がされます。
盗難は、さらに遅延損害金も請求されるので注意が必要です。

当たり前ですが、レンタルしたものは無くさないこと。
しっかりと自分で管理しておくことが大切です。

トラブルがあるかもしれないのでは、LINEですぐに問い合わせる状態にしておくといいです。

実際にenColorsでGoProをレンタルさせてもらいました

この度実際にレンタルをさせていただきました。

初めてGoProのレンタルサービスを利用したのですが、割と手軽で便利っという印象です。

手元に届いてから返却するまでの具体的な内容を紹介します。

enColorsからGoProが届いた

ネットでレンタルの入力フォームに情報を入れ、配達希望日時通りにレンタル商品が届きました。

レンタルさせていただいたのは、レンタルの期間4月7日から9日の間。
お届け日と返送日含めて3日間でGoPro HERO7 Black 初心者セットをレンタルしました。
このダンボールは返送にも使用するのでそれまでちゃんと保管しておくこと。

開封して、内容物を確認します。
ここでレンタルしたものが全て入っているか確認。

内容物は以下の通りです。

  • GoPro HERO7 Black
  • マイクロSDカード(SDカードケース)
  • ハウジング
  • GoProフレーム
  • カメラアーム
  • 充電ケーブル
  • バッテリー ×2
  • チャージャー
  • スクリュー ×2
  • GoPro取扱説明書
  • 付属品リスト
  • 納品書
  • ご利用ガイド
  • ヤマトの送り状

初心者セットの他にも、付属リストや送り状も同梱されています。

細かいパーツはメッシュケースに入ってます。GoProはキャリーケースに収納されており、マイクロSDカードとバッテリーはすでにGoProに装着された状態で届いています。予備バッテリーはチャージャーに収納されています。

付属品リストが同梱されているので、内容物の確認がしやすく便利です。
返送する前にも忘れ物がないか確認するためにもこの付属品リストは役立ちます。返送日も大きく記載されてます。

ここから、GoProの電源を入れて、正常に動作するか確認。
電源を入れると、言語設定が出てきたのでまず初期の設定をする必要があります。レンタルの際には初期化して送っているようです。

GoProの背面モニターにガラスの保護フィルムが貼られており、若干タッチの反応が良くなかったです。
ガラスフィルムを使用するとタッチが悪くなる場合もあるのでGoPro本体の不具合ではありません。

バッテリーも充電の状態を予備のバッテリー含めて確認したところ満充電の状態で届いています。GoProの初期設定が終わればすぐに使用できる感じです。

ここまでの流れはご利用ガイドにも記載されています。

ご利用ガイドを見るととてもわかりやすく記載されています。
レンタル中の万が一のトラブルが起こった場合、問い合わせ先をすぐ確認できます。

ここまで確認したら、あとは撮影をするだけです。
お届け日の時間を午前中を選択しておけば、届いたその日から使うことができます。

enColorsへGoProを返送する

GoProをenColorsへ返送します。
使用したGoProを最初に届いた状態に戻していきます。

最初開封したダンボールにレンタルしたものを入れていきます。
そして、最後にヤマトの送り状をダンボールに貼り付けます。

ここで注意したいことが、マイクロSDカードのデータをスマートフォンやパソコンなどに移しておくことを忘れずにしておくこと。

データを移したら箱詰めしていきます。
ここでも付属品リストを確認しながら作業すると忘れ物なく返送できます。

全て確認ができたら箱に詰めていきます。最後にご利用ガイドにある返却時の注意事項を確認してから箱を閉めます。

箱を閉めたら、ヤマトの送り状に名前、住所、電話番号を記載します。

ここまでできたら返送日の24時までにコンビニへ持っていくと返送が完了となります。ギリギリにコンビニに持って行くよりも余裕を持って返送の作業をしてコンビニに持って行くほうが忘れ物なく安心です。
返送に関しては着払いになっております。

以上が、実際にenColorsでレンタルさせていただいた流れです。

enColorsでレンタルの良い点・注意したい点

enColorsでGoProをレンタルしてみて感じた良い点と注意したい点について書いていきます。

enColorsでレンタルの良い点

enColorsでレンタルの良い点は以下の通りです。

  • GoPro初心者セット
  • バッテリーが満充電
  • 付属品リスト

GoProの初心者セットは、必要なアクセサリーがまとまってるので便利でした。
セットでレンタルできるのは楽で良いです。初めてGoProを使う方でも使いやすいアクセサリーがセットになっており、カメラアームは三脚や自撮り棒の代わりにもなるので便利です。バッテリーも2個と予備があるので交換する事で長時間の使用が可能になります。

GoProを持ち運ぶのに便利なキャリーケースも便利です。また、カメラアームストラップがあり手に通しておくと激しいアクティビティーでカメラアームを放しても紛失する可能性が少なくなります。

手元に届いた時にバッテリーは充電された状態で届く点もいい点です。
充電の待つ時間なく設定を済ませてすぐ撮影することができます。

また、レンタルしている商品を確認する付属品リストがとても良いです。
手元に届いた時や返送時には、この付属品リストがあると確認作業がとても楽です。

enColorsでレンタルの注意したい点

実際使用してみてレンタル時注意しておきたい点としては以下の通り。

  • マイクロSDカードのデータの取り込み
  • 返送時に忘れ物や私物を間違って入れる
  • コンビニ返却

マイクロSDカードのデータをスマートフォンやパソコンに取り込んでから返送すること。
撮影に満足してデータを取り込み忘れるということがないようにしたいです。

返送時にマイクロSDカードや充電ケーブルなどの入れ忘れに注意です。
パソコンにマイクロSDカードを差し込んだまま。コンセントに充電ケーブル刺したまま。っというような忘れ物が起こらないように付属品リストを確認することです。

また、私物を間違って送ってしまわないようにすること。充電ケーブルは似たタイプのものが多いので注意が必要です。私物とレンタル品は分けて管理するようにしておくことです。

最後に、コンビニでの返却ですが、ローソンでは返却できません。
コンビニ返却っと思い、近くのローソンで返却しようとしたところローソンではヤマトを受け付けてないとのこと。ローソン以外のコンビニなら返送可能です。

後々、ご利用ガイドの写真を見返してみるとローソンのマークは書かれていませんでした。


その他レンタルにおいて、故障・破損や紛失・盗難は注意したいところです。

enColorsでGoProのレンタルはオススメ

初めてenColorsでGoPro初心者セットをレンタルしてみて、便利と感じます

ネットでレンタルして返送までの流れがサイトにとてもわかりやすく記載されており、スムーズに全てを行うことができました。

また、カメラアームにハンドストラップが付いていたり、届いてから充電が不要だったり、予備のバッテリーがあるのは、細かいところにも気配りがされていると感じます。

何か問い合わせしたい場合はLINEで行うことができ、何かわからないことはすぐ聞ける状態があるのはとても安心感があります。

GoProを使いこなせるかわからない方やGoProを使ってみたい方には、enColorsのGoPro初心者セットはとてもオススメです。

GoProを手に入れて、撮影を楽しむ

GoProを手に入れて、様々なアクティビティーで撮影を楽しみましょう。
防水でコンパクトなボディーにアクセサリーも豊富で、どんな場所でも撮影を行うことができます。またSNSへの投稿も簡単です。
GoProの購入は、お得に購入できる公式サイトがオススメです。

GoPro公式サイトを見る

レビュー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
satoをフォローする
satowith log – GoProゴープロの写真と遊びのまとめ

コメント