DJIからDJI Pocket2が発表と同時に発売開始!詳しくはこちらから

DJI Pocket2が発表と同時に発売開始!特徴・スペックまとめ

DJI

2020年10月20日に小型手ぶれ補正カメラの『Osmo Pocket』の後継機『DJI Pocket2』が発表され同時に販売が開始されました。

以前の『Osmo Pocket』という名前から『DJI Pocket2』へ名称も変わっています。

本日は発売されたばかりの『DJI Pocket2』の特徴やスペックをまとめました。

追記:2020年11月1日手元にDJI Pocket2が届きました。

DJI Pocket2の特徴・スペック

DJI Pocket2の特徴としては、以前のモデルと同じような形状で2軸手ぶれ補正搭載のカメラになります。レンズ周りが赤いのが特徴的です。

スペックに関しては、Osmo Pocketと比較して記載しています。

DJI Pocket2Osmo Pocket
サイズ124.7×38.1×30 mm121.9×36.9×28.6 mm
重さ117g116g
センサー1/1.7インチCMOS
有効画素数 64MP
1/2.3インチCMOS
有効画素数 12MP
レンズFOV 93° F1.8
焦点距離:20 mm(35mm版換算)
FOV 80° F2.0
焦点距離:26 mm(35mm版換算)
ISO感度静止画:100〜6400 (16 MP)、
100〜3200 (64 MP)
動画:100〜6400
スローモーション:100~3200
静止画:100〜3200
動画:100~3200
最大静止画サイズ9216×6912 ピクセル4000×3000 ピクセル
静止画モードシングルショット:16 MP、64 MPシングルショット:12 MP
動画解像度4K60fps4k60fps
HDR動画解像度2.7K30fps
108030fps
非対応
モーションラプス左から右
右から左
カスタム動作(最大4点)
カスタム動作(最大4点)
スローモーション1080p/240fps1080p/120fps
対応SDカード最大256 GB SDHC/SDXC UHS-I
スピードクラス1またはUHS-I スピードクラス3のmicroSD
最大256 GB SDHC/SDXC UHS-I
スピードクラス1またはUHS-I スピードクラス3のmicroSD
DJI公式サイト

スペックの比較を見てわかるのは、
レンズの焦点距離が20mmで、Osmo Pocketで不満としてあった画角ですがDJI Pocket2で少し広くなっています。また、HDR動画の撮影が可能になっています。HDR動画の撮影はファームウェアv1.01以降で利用ができるようです。DJI マトリクス ステレオでオーディオのクオリティーも上がっているようです。

WiFiの搭載はされておらず、別途アクセサリーを購入する必要があります。以前のモデルと同様バッテリーの交換はできません。

【国内正規品】 DJI POCKET 2
DJI
デュアルスクリーン搭載のアクションカメラ。驚くほどブレない美しい映像に、前面ディスプレイで自撮りも簡単。

DJI Pocket2の販売

DJI Pocket2ですが、『DJI Pocket2』の単体と『DJI Pocket2 Creatorコンボ』が発売されています。

DJI Pocket2の内容物は以下の通り。

  • 本体
  • ミニ操作スティック
  • 本体カバー
  • 三脚マウント
  • スマートフォンアダプタ(Lightning、USB-C)
  • 充電ケーブル

『DJI Pocket2 Creatorコンボ』は上記の内容物にアクセサリー類が付属しています。

  • 二股充電ケーブル
  • ワイヤレスマイク トランスミッター
  • ウインドスクリーン
  • Do-It-Allハンドル
  • 広角レンズ
  • マイクロ三脚

価格は以下の通り。
『DJI Pocket2』は、49,500円
『DJI Pocket2 Creatorコンボ』は、64,900円

【国内正規品】 DJI POCKET 2
DJI
デュアルスクリーン搭載のアクションカメラ。驚くほどブレない美しい映像に、前面ディスプレイで自撮りも簡単。

最後に

以前のモデル『Osmo Pocket』から更なる進化を感じる『DJI Pocket2』になります。小型で携帯性もよく手ブレのない動画撮影が可能なカメラでVlogの撮影をする方にはとてもいいカメラになるのではないかと予想できます。

コメント