GoPro HERO11 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProアクセサリー『バイトマウント』がサーフィン以外でも使えて便利

GoProで目線の高さから撮影する際には『バイトマウント』があると便利です。

バイトマウントを口に加えて撮影するので両手を自由にしながら撮影することができます。バイトマウントがよく使われる例としてはサーフィンがありますが、サーフィン以外でも使えるアクセサリーでもあります。

本日は、GoProアクセサリー『バイトマウント』のレビューを紹介します。

スポンサーリンク
新しいGoPro HERO 11 Blackが発売開始!

2022年9月14日、新しいGoPro HERO11 Blackが発表されました。

GoProアクセサリー『バイトマウント』

GoPro バイトマウント+フローティー

GoPro バイトマウント+フローティー
GoProを取り付けて口に加えて撮影することができるアクセサリーになります。
水上のアクティビティーでの撮影にも使いやすく、ハンズフリーでの撮影にも役立つバイトマウントです。

こちらのバイトマウントはGoPro HERO5、6、7用のタイプになります。
フレームの背面のフタを交換してそこにふフローティーを取り付けます。フローティーをつけない場合はGoPro HERO8でも使用できます。

HERO8用のバイトマウントも販売されています。こちらはフローティーをGoProにかぶせるような形になっています。

バイトマウントの内容物

GoPro バイトマウント+フローティーの内容物

バイトマウント+フローティーの内容物は以下の通り。

  • バイトマウント
  • フローティー
  • フレーム背面パネル
  • ネジ×2
  • マウントアダプタ
  • 取扱説明書

バイトマウント

口にくわえる部分は柔らかく、しっかりと噛める感じがあります。その反対側には他のアクセサリーにマウントが可能なバックルになっています。

GoPro バイトマウント

各パーツの取り付け

GoPro バイトマウント

フレーム背面とフローティー

GoPro HERO5、6、7のフレームの背面部分を取り替えて、フレーム背面にフローティーを取り付けて使用します。GoPro HERO8ではフレームはないのでカメラを覆うタイプのフローティーが付属したバイトマウントが販売されています。

GoProフローティー

バイトマウントの特徴

GoProとバイトマウント

バイトマウントの特徴として、POV撮影に便利なアクセサリーということやGoProの他のマウントにも接続が簡単にできます。

バイトマウントは口にくわえて撮影するので目線に近い位置で撮影することができます。両手を自由にして撮影することができるので手元の作業を映すなどに使用ができます。

また、GoProをバイトマウントに取り付けたまま別のアクセサリーに取り付けることも可能です。

GoProとバイトマウント

バイトマウントの口でくわえる側の反対はマウントに接続が可能なバックルになっています。

スポンサーリンク

GoProアクセサリー『バイトマウント』の使用感

GoProとバイトマウント

このバイトマウントは目線に近い撮影をするなら便利なアクセサリーです。作業をしながら手元を撮影することができます。日常を撮影するVlogの1つの映像の表現をする際にも便利なアクセサリーという印象。

自分視点の映像を撮影するならバイトマウントは最適かと思います。

バイトマウントのイマイチな点

バイトマウントのイマイチな点をあげるとすると長時間の使用はアゴが疲れます。また、バイトマウントをくわえている間はしゃべれません。話をしながら撮影をするということは難しいです。

バイトマウント
スポンサーリンク

バイトマウント部分はHERO8・HERO9でも使える

GoPro HERO5、6、7用のバイトマウント+フローティーですが、GoPro HERO8やHERO9で使用しています。

というのも、手元の作業を動画で撮影するためにバイトマウントの部分が欲しく購入。

フローティングを使いたい場合、前購入したサードパーティー製のハウジングにフローティーを取り付けることができるのでGoPro HERO8やHERO9の対応のバイトマウント+フローティーでなくても問題がないためです。

サードパーティー製のハウジングにフローティーの取り付けが可能。

GoProとサードパーティー製ハウジングとフローティー

バイトマウントはGoPro HERO8・HERO9でも問題なく使用できています。

バイトマウントの使用イメージ

バイトマウントを使用して撮影しましたが、目線に近い感じで撮影できます。
(以下の写真は、撮影した動画の一部を写真として保存して写真アプリで加工しています)

GoProとバイトマウントで撮影
スポンサーリンク

最後に

口にくわえて目線からの位置に近い撮影ができるバイトマウントです。
フローティーをつけてサーフィンなどの水辺のアクティビティーで活躍するバイトマウント+フローティーですが、Vlogや作業を撮影する際にも使えるアクセサリーです。

動画表現の幅を広げる、1つは持っていたいアクセサリーです。

Amazonで買い物する

Amazonで買い物するならプライム会員になるのがオススメです。
Amazonプライムは年間4,900円(税込)または月間500円(税金)

Amazonプライム特典
  • 無料の配送特典
    ー 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • Prime Video
    ー 会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
  • Prime Music
    ー 200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なし
  • Amazon Photo
    ー Amazon Driveに写真を容量無制限で保存い
  • プライム会員限定先行タイムセール
    ー タイムセールの商品を、通常より30分早く注文可能
  • Prime Reading
    ー 対象のKindle本を追加料金なしで読み放題
 \月額500円で無料配送、映画や音楽を楽しめる/

この記事を書いた人

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black
HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Black
HERO10 Blackを使用。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

GoProアクセサリー
スポンサーリンク
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント