DJIからDJI Pocket2が発表と同時に発売開始!詳しくはこちらから

Amazonのスマートスピーカー『Echo シリーズ』使ってできる10のこと

スマートスピーカーは、天気予報やニュースを聞くことやスピーカーとして音楽を聞くことなど、
スマートフォンを使用することなく音声操作で簡単に利用する事ができます。
なかでもAmazonからは、Echo、Echo Plus、Echo Dot、スクリーン付きのEcho Spot、Echo Showと多数のモデルが販売されています。

このEchoシリーズのスマートスピーカーで、一体どういう事ができるのか?
スマートスピーカーは近年販売され、どのように生活する上で使用すればいいのか、実際の使用するイメージがつかない人も多いのではないのでしょうか?

本日は、
Amazonのスマートスピーカー Echoシリーズを使ってできる基本的なこと10個を紹介します。

スマートフォンを操作することなく、話しかけるだけで操作できる事がたくさんあり、
実際に使用してみると、『生活が変わった』『より便利になった』っと感じる事がたくさん出てきます。より快適な生活になること間違いありません。

 

Amazon Echoでできる10のこと

Amazonのスマートスピーカー『Echo』シリーズでできる10のことをまとめました。
基本的な操作は、もちろんAmazonプライム会員になることや他のAmazonのサービスと連携することで、できる事が最大限に広がります。

Amazon『Echo』シリーズでできる10のことは以下の通り、

  • 音楽をかける
  • 外部スピーカーとして使用
  • 本を読む
  • リスト作成(買い物リストやToDoリスト)
  • ニュースの再生
    スポーツニュース
  • アラーム・タイマーの設定
  • スマートホーム化
  • Amazonで買い物
  • スキルを使用する
  • 通話

音楽をかける

Echoに話しかけるだけで音楽を再生する事ができます。
Amazonプライム会員なら、Amazon Musicの曲が再生されます。またSpotifyやdヒッツ、うたパスも利用する事ができます。

呼びかけは、シンプルに音楽をかけてというと、ランダムにアレクサが曲をかけてくれます。

アレクサ、音楽をかけて。

Amazon Musicよりオススメのプレイリスト〇〇を再生します。

この方法以外にも特定のアーティストや特定の曲を言ってその曲を再生する事ができます。
Amazon Musicでプレイリストを自分で作成している場合、そのプレイリストを再生することも可能です。その際には、わかりやすいプレイリストの名前をつけると認識されやすいです。

そして、音声操作するときには、必ず『プレイリストの〇〇を再生/かけて』っと『プレイリストの』という必要があります。ただ、〇〇を再生してっと言ってもそのプレイリストを再生してくれません。

 

プレイリストのフィットネスをかけて

プレイリスト、フィットネスを再生します。

Amazon Musicに無い曲は再生できませんが、Amazon Music Unlimitedに曲がある場合があります。

Amazon Music Unlimitedに申し込む場合の料金は、
最初の3か月99円で、4か月目以降は月額980円プライム会員の方は780円になります。(金額は税込です。)
Echoのみで利用の場合、380円で使用できます。
Echoに『Amazon Music Unlimitedに登録して』というだけで登録ができます。

音量の調整は本体からでも操作できます、また音声操作でも調整が可能です。
次の曲に行くも、音楽を止めることも音声での操作が可能です。

オーディオコントロールで、イコライザーを操作することもできます。
イコライザーの操作は、『デバイス』→『Echo・Alexa』→『自身のEcho』→『オーディオコントロール』

外部スピーカーとして使用

スマートフォンの外部スピーカーとしても、このEchoは使用する事ができます。
スピーカーとしても十分に使用が可能です。

接続は、Bluetoothで接続します。
最初はアプリから接続する必要がありますが、一度接続すると、次からは、音声操作でペアリングが可能となります。

最初のBluetoothの接続は、
スマートフォンのAmazon Alexaアプリを開き、
『デバイス』→『Echo・Alexa』→『自身のEcho』→『Bluetoothデバイス』→『新しいデバイスをペアリング』

ここで、ペアリングしたい端末のBluetooth設定画面でEcho-〇〇を選択肢して設定します。
アプリを操作している端末を接続したい場合は、『新しいデバイスをペアリング』の画面から、
端末にある設定を開き、Bluetoothの設定画面に移りEcho-〇〇を選択肢して設定します。
この設定ができたら、以降は、『アレクサ、ペアリングして』と話しかけるだけで、端末との接続ができます。

ペアリングの解除も音声操作でできます。その際には、呼びやすい端末名に変えておくと認識されやすいです。ペアリングしたときにアレクサが『〇〇に接続しました』と言った〇〇がBluetooth接続に表示される端末名です。スマートフォンの設定にあるBluetooth設定画面で変更できるのでわかりやすいものに変えておくと便利です。
iPhoneやiPadの場合は、『設定』→『一般』→『情報』→『名前』から変更ができます。
ちなみに、私は『スマートフォン』っと名前を変更しています。

 

アレクサ、ペアリングして/
アレクサ、スマートフォンとそ接続を解除して

スマートフォンを接続しました/
スマートフォンとの接続を解除しました

 

本を読む

Kindleの本を読み上げてくれます。

Echo Alexaがは対応するのは、Kindleストアから購入した本やKindle UnlimitedまたはPrime Readingの本を読み上げてくれます。
Amazon オーディブルの使用も可能です。30日間無料体験があります。

マンガの読み上げや読み上げスピードの操作はできないようです。

アレクサ、Kindleの『〇〇』を読んで

『〇〇』を再生します

何かの作業をしながら、ラジオのように聞くこともできます。

リスト作成(買い物リスト・やることリスト)

買い物リストややることリストを管理することができます。
ふと思いついた必要なものやもう直ぐなくなりそうなもの(ティッシュや水)などを、音声操作で買い物リストに追加することができます。

また、やることリストにも音声操作でやること(todo)を追加できます。
スマートフォンで文字をタイプすることなく、音声でリストに情報を追加できるのはとても便利です。
リストの確認は、音声操作で確認でき、Amazon Alexaのアプリからも確認することができます。

 

アレクサ、〇〇を買い物リストに入れて

アレクサ、〇〇をやることリストに入れて

〇〇を買い物リストに追加しました

丸々をやることリストに追加しました

 

ニュースを再生

ニュースを読み上げてくれる機能があります。
ニュースに関しては、設定することで自分に必要なニュースを設定することができます。

設定は、Amazon Alexaのアプリから、
『設定』→『フラッシュニュース』から設定することができます。
スキルを追加することによって、様々なニュースを追加することができます。
あわせて、天気予報も聞くことができます。

 

アレクサ、今日のニュースは?/ニュース読んで

フラッシュニュースです。…………

スポーツニュースも聞くことができます。
スポーツニュースも自分の好きなチームの情報を中心に設定することが可能です。

設定は、Amazon Alexaのアプリから、
『設定』→『スポーツ』から設定することができます。

アラーム・タイマーの設定

アラームやタイマーも音声操作で簡単に設定することができます。
キッチンで手の離せないときに、音声操作でタイマー機能が使えるのはとても便利です。
また、朝起きるアラームの設定も簡単にできます。

スマートフォンで操作するよりもはるかに簡単にアラーム・タイマーを設定することができます。

 

10時にアラーム設定して

10時ですね、午後または午前どちらですか?

午後

午後10時にアラームを設定しました。

スマートホーム化

他のスマート家電をEchoを通して、操作することが可能です。
今まで、手でリモコンを持ち家電を操作していましたが、Echoやスマート家電に対応する端末を使用することで、音声で操作することはもちろん、遠隔でも操作することが可能になります。

設定は、Amazon Alexaのアプリから、デバイスを追加することで登録することができます。
対応するスキルを選択し、設定を行えば操作が可能になります。

すでに家にある家電に、後付けすることでスマート化することができるものが多くあります。

コンセントに差し込んで、コンセントでオンオフを管理することができるスマートプラグ・コンセントがあります。

スマートホーム化にスマートコンセントがオススメ!使い方とレビュー

テレビやエアコンなどのリモコンを学習する端末があり、その端末とEchoを繋ぐことで、音声操作でリモコンを操作できる環境を作ることができます。

Amazon EchoとeRemote miniを連携させて家電を音声操作する設定方法

これらを設定することで、
Echoに話しかけるだけでリモコンを触らずに家電を操作することができます。
実際にハッキリと『生活が変わった!』っと感じることのできるアイテムなのでぜひ試して欲しい。

Amazonで買い物

Echoに話しかけることでAmazonで買い物をすることができます。

Amazonの商品を検索し、最初に出てきたものの商品名と金額を言ってくれます。
そここで、購入するかどうか確認されます。買い物にかかる時間は1分もかからずにできます。

Echoを通じて購入が、感覚的に慣れない方はカートに追加をしてもらうと便利に使用できます。
Amazonでの買い物でもEchoはうまく連携しており、ますますAmazonとの生活が密接になります。

 

アレクサ、水が欲しい

 

水では、〇〇がAmazon’s choiceで選ばれています、Amazonでは〇〇円です、購入しますか?

 

スキルを使用する

スキルで、Alexaとできることをカスタマイズすることができます。
Alexaにやって欲しいことを追加することができるイメージです。

このスキルを使用して、自分の好みのニュースやスポーツニュースをカスタマイズしたり、
乗車案内の乗り換えを調べたり、料理の作り方を聞いたりすることができます。

スキルは、ホームの左上の『≡』マークをタップし、『スキル・ゲーム』をタップすると、
カテゴリーや検索から、カスタマイズしたいスキルを探すことができます。

スキルを追加することで、自分の生活や使用シーンにあったAlexaになってくれます。

通話

Echoに話しかけて、通話することも可能です。
スクリーン付きのEcho Spot、Echo Showならビデオ通話が可能となります。

通話機能を使用する場合は、EchoやAlexaアプリ間で、通話の発信、着信になります。
なので、スマートフォンや固定の電話との通話には対応していません。

この辺りはまだ今後スキル等で便利になっていきそうです。

まとめ

以上がAmazon Echo シリーズでできる基本的な10のことです。

実際使用して見てわかる一番使えることは?
最小限のアクション(音声)で、コンテンツを楽しむ、情報を知れる、モノを操作する事ができます。

設定に関しては、アプリを使用して行います。
アプリの内部はとてもシンプルなので、どこに何があるか感覚的にわかりやすいです。
設定自体も簡単にできます。

今後はスキルが増えて、できることが増えていくように感じます。
音声操作だけでできることが増えるとより生活が変わっていきそうです。

これだけの機能があって、値段も安いので
ぜひ一度生活が変わるという感覚を味わってみてはどうでしょうか?

Amazonプライム会員なら、Echoの機能を十分に使用することができます。
まだ、Amazonプライム会員を試したことない方は是非体験してみてください。

 

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

ガジェットレビュー
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント